go!go!vanillas『START UP!!-ロック
の春2021-』ライブレポートーー大阪
への愛をアグレッシブに歌い上げオー
ラスを完遂

『START UP‼️-ロックの春2021-』初日もいよいよラスト1組! 堂々としたステージングで締めくくってくれたマカロニえんぴつからのバトンを受け、WEST UP!! STAGEにはオーラス・go!go!vanillasの4人が姿を現す。
go!go!vanillas
ド頭「アメイジングレース」では<大阪の未来に賭けてみよう>と歌い変え、一気にオーディエンスの心をさらっていく牧達弥(Vo.Gt)。柳沢進太郎(Gt)はステージ最前線まで一気に駆け抜け弾き倒す一方、ジェットセイヤ(Dr)はこぼれる笑みを抑えることなく、タフなビートを刻む。「エマ」では「この喜びを全身で表現させて!」と、長谷川プリティ敬祐(Ba)による「EMA」ポーズも飛び出し、客席と渾然一体に!
go!go!vanillas
「みんな元気にしてた? (コロナ禍でも)僕たちは常に音楽を、ロックを届けてきました。その中でもずっと止まらずにロックンロールを転がし続けてくれたFM802。そして何よりも今日ここに集まってきてくれたみんなが最高! 声も出せず、マスクで表情もなかなか見えないけど、俺らに任せておいてください」(牧、以下同)
go!go!vanillas
続く「アダムとイヴ」ではハンドマイクでじっくり言葉を紡ぎ、シリアスな表情でも魅了する牧。さらに「鏡」では鼓動のようなドラミングに合わせ、たくさんの拳が天へと突き上がる! すっかり新たなアンセムとしての存在感を光らせる同曲を経て、「ここからは俺たちと一緒に、まだまだ心と心でぶつかり合おう!」と一層ギアを上げる4人。今宵イチのアグレッシブさで攻め立てる圧巻の「No.999」を奏で、いよいよ終わりの時が近づいてきた。
go!go!vanillas
「アマチュアの時から曲をかけてくれたFM802、僕たちの曲を知ってどこよりもライブに来てくれた人がいたのは大阪でした。そこからgo!go!vanillasは始まったと思ってます。昔、バンドを始めたときと同じ気持ちで、どんな状況でも好きなことをやって最強でいれば、また必ずたくさんの熱狂が渦巻く場所になると思います。だからこれは大事な一歩。こうやって一人一人が音楽を止めないという気持ちを持つことが次につながると思います。大阪、愛してるよ!!」
go!go!vanillas
『START UP‼️』の仕掛け人であるFM802、そして大阪の地への惜しみない愛を乗せ、ラスト「ロールプレイ」をぶっ放す4人。アンカーという重責を見事に務め上げたgo!go!vanillasの表情は、何とも誇らしげだ。彼らが音を鳴らし続ける限り、ライブやフェスは存在し続ける……そんな頼もしさを感じた一幕となった。
go!go!vanillas
終演後には、FM802のDJ・板東さえかがステージに登場。「今日からまた、ライブハウス・シーン、ライブ・エンターテインメントの現場の再開をつなげていきたいと思います。皆さんも一緒に!」と力強く言葉にしてくれた彼女。さまざまなルール下においても、その約束を守り続け、全力で楽しんだオーディエンスは大きな拍手で応えていた。
取材・文=後藤愛 撮影=渡邉一生

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着