YOSHIKI、音楽チャリティ団体「Musi
Cares」へ10万ドル寄付 新型コロナ
ウイルスの影響でメンタルヘルス問題
を抱える音楽関係者を継続的に支援

YOSHIKIが、自身の運営する米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて、うつ病、不安、自殺などのメンタルヘルス問題を抱える音楽クリエイターや業界関係者を支援するため、米グラミー賞を主催するRecording Academy(R)のパートナーである音楽チャリティ団体「MusiCares(R)」へ10万ドルの寄付をしたことが、『Variety』誌をはじめ米国メディアで報道されている。
新型コロナウイルスによるパンデミック発生後、世界中の音楽業界ではライブなどが中止・延期となり、それらに関係する多くの人々が仕事を失い、失業へと追い込まれる人々が続出。そして、うつ病の患者や自殺者が急増している。健康問題以外にも、メンタルヘルスに関しては、YOSHIKI自身も幼少期に父親を自殺で亡くし、またメンバーの死も経験しているため、身近なものとして捉えている。
YOSHIKIは、「音楽の存在やファンの皆さんの応援がなければ、父や仲間など身近な人たちのように、自分も今生きていなかったかもしれません。自分の経験を語るだけでなく、実際に助けを必要としている人たちをサポートできればと思っています。このような問題に関してMusiCares(R)に協力できることをとても光栄に思います。」とコメントしている。
YOSHIKI FOUNDATION AMERICAからMusiCares(R)へは年間10万ドルが継続的に寄付され、それは音楽業界で支援を必要としている人々のために、以下のような形で活用されるという。
・音楽業界で働く人々が、 個人心理療法、 精神科治療、 入院・外来サービス、 グループセラピーを受ける際の支援
・年間を通じて開催されるワークショップやパネルディスカッションを通じて、 メンタルヘルスに関する教育コンテンツを拡充
・自殺予防と教育に関するパネルディスカッションを毎年開催
なお、パネルディスカッションにはYOSHIKI自身も参加し、セラピスト、教育者、アーティスト、専門家と自殺予防、 教育について論議する。この模様は、MusiCares(R)、YOSHIKI FOUNDATION AMERICAの両サイトで配信される予定とのこと。

■MusiCares常任理事・Laura Seguraコメント
「MusiCaresを継続的にサポートしてくださっているYOSHIKIとYOSHIKI FOUNDATION AMERICAには、 大変感謝しております。 この支援金は、 私たちが音楽関係者へメンタルヘルスケアを提供し続けるために活用いたします。 アーティスト、 スタッフなど音楽業界の多くの人々がパンデミックの影響を受けています。 この困難な時期を乗り越えるために、 必要なサービスを提供してサポートするのが私たちの役目です。 」

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着