水樹奈々

水樹奈々

【水樹奈々 インタビュー】
今の自分の気持ちを表せるように
歌詞を改めて読み直しながら選曲した

寝る前に観て癒やされて
明日のエネルギーに!

オンラインライヴの場合はお客さんはそれぞれの場所で聴いているわけですが、お客さんと1対1になれるような雰囲気も意識しましたか?

グッと入り込んでいただけるというか、ゆっくり着席してじっくり聴いていただけるようなステージを目指しました。いつものライヴはジャンプしてコールして、3時間立ちっぱなしの足がパンパンになる体育会系なので(笑)。最後まで座ってじっくり聴いてもらうスタイルのライヴはこれまでになかなかなかったので、音をより細かく聴いてもらえるものにしたいなと。 “ここでどんな息づかいをしているんだろう?”とか“どんなフレーズを弾いているんだろう?”といったことが、より際立って聴こえると思ったので、メリハリを効果的にアレンジの中に取り込んでいきました。ちなみに門脇さんが最初にあげてくださったアレンジが「COSMIC LOVE」で。門脇さん的には大変だったけど一番楽しかったとおっしゃっていました。

その「COSMIC LOVE」はボサノヴァのアレンジで、原曲からの変化が大きくて意外性もありました。

事前に「COSMIC LOVE」と「ドラマティックラブ」はがらりと印象を変えて遊びたいとお願いをしていたんです。打ち合わせの時に門脇さんから“「COSMIC LOVE」はボサノヴァでやってみませんか?”と提案があって、めちゃくちゃ良いですね!と即決まって。すごくキュートな曲なんですが、リズムの打ち方を半分にすることで大人っぽくて少し小悪魔チックな、またオリジナルとは違った大人のキュートさが出せるんじゃないかと思ったんです。途中から倍テン(一定のリズムで刻んでいるテンポを倍にすること)になり、ラテン系の暑い国のお祭りを巡るようなアレンジに変わるのもお気に入りです。コーラスもスキャットっぽく入れて…それも私だけじゃなく、格さんをはじめ歌えるバンドメンバーにも参加してもらったので、一番印象に残っていて、すごく楽しかった一曲ですね。

ゲストに上松美香さんが登場してコラボを繰り広げたのも観どころですね。

アコースティックというシチュエーション、季節的にも肌寒く人恋しくなる時期に、アルパの神話的で女神のようなキラキラした音が、きっとみなさんの中に滲み渡るのではないかと思って、“美香ちゃんに来てもらうしかない!”と即連絡しました。

滲みました。上松さんが登場した瞬間、水樹さんの表情がほころんで安心したように感じたのですが。

そうなんですよ(笑)。美香ちゃんは大親友なので! プライベートでも会えない日々が続いていたので、リハーサルの時からようやく会えた喜びとふたりで音楽を奏でられる喜びを噛みしめていました。本番は緊張もありましたけど、とても楽しくて幸せな時間でしたね。

そこで「愛の星-two hearts-」を選んだのは?

“-two hearts-”というバージョンはライヴで披露したことがなかったので、せっかく美香ちゃんが来てくれるならぜひやりたいと。それに「愛の星」はステイホーム中にアカペラバージョンで動画を公開させていただいていて、歌詞が今の自分たちの心境にシンクロする部分が多々あり選曲していたので、今回も歌いたいと思ったんです。

実際に歌ってどんな気持ちになりましたか?

私自身いろんな不安や緊張感と戦いながら日々過ごしていたので、全て解放されたような気持ちになりました。音楽の力はすごいと感動しましてし、改めて歌える喜び、こうしてライヴができている幸せを噛み締めました。そして、みんなに早く会いたい気持ちがまたより一層強くなりました。

水樹さんにとって特別なライヴだったと思いますが、それが映像作品として残ることも感慨深いですね。

公開期間も限られていたので、それをいつでも好きな時に観ていただけるし、しかも初めてのオンラインライヴという自分としても記念に残るステージだったので、それがこうして作品になるのはとても嬉しいです。発売時期も新生活が始まる頃だと思うので、新しい環境でストレスを感じて癒やしが欲しいと思った時は、この作品を手に取っていただいて、夜寝る前に観て癒され、“また明日から頑張ろう!”というエネルギーにしてもらえたら嬉しいですね。

特典映像には昨年のアーティストデビュー20周年当日に開催されたファンクラブイベント『S.C. NANA NETファンクラブイベントVIII』で披露されたデビュー曲「想い」のピアノ弾き語り映像と、物議を醸した『水樹奈々史 テルミドールの反動』の映像も収録されますね。

『水樹奈々史 テルミドールの反動』は、某番組のオマージュで、私の歌手デビューから20年の歩みと声優音楽史を一緒に紐解いていくという映像になっています。スタッフさんが気合いを入れて作ってくださったので、かなりボリューミー(笑)。angelaのKATSUさんが教授役で出演してくださっています。私や私に関わってくださっている方々を歴史上の人物に例えていて…例えば私はクレオパトラ七世で、三嶋さんはカエサル章夫(笑)。私の楽曲ではお馴染みの矢吹俊郎さんや上松範康さんといった作家のみなさんや関わりのある声優さんも歴史上の人物に例えられていて、とてもユーモア溢れる内容になっています(笑)。みなさんからとても反響があった爆笑必至の観応えある映像なので、こちらもぜひ楽しんでいただければと思います!

取材:榑林史章

Blu-ray&DVD『NANA ACOUSTIC ONLINE』2021年4月7日発売 KING RECORDS
    • 【Blu-ray】
    • KIXM-452
    • ¥4,500(税込)
    • 初回特典:スペシャルパッケージ仕様
    • 【DVD】
    • KIBM-868
    • ¥4,500(税込)
    • 初回特典:スペシャルパッケージ仕様
水樹奈々 プロフィール

ミズキナナ:声優、歌手として高い人気を誇る。声優としてのデビュー作は1997年のプレイステーション用ゲーム『NOёL〜La neige〜』門倉千紗都役。歌手としては2000年12月にシングル「想い」でデビュー。09年6月に発売された7枚目のオリジナルアルバム『ULTIMATE DIAMOND』で声優として初のオリコンチャート1位を獲得し、11年12月と16年4月には東京ドーム2デイズライヴも大成功に収めた。水樹奈々 オフィシャルHP

『NANA ACOUSTIC ONLINE』
ロングダイジェスト映像

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着