『21th CALDERA SONIC』

『21th CALDERA SONIC』

FLOW、SEX MACHINEGUNSらが出演する
『21th CALDERA SONIC』開催!
各種チケット発売中!!

3月20日(土・祝)に第21回目となる音楽イベント『CALDERA SONIC(カルデラソニック)』が立川ステージガーデンで開催! 新型コロナウイルス感染拡大の影響により2020年度の公演は全て中止となり、2019年11月以来の有観客ライブの開催となる。

『21th CALDERA SONIC』には全4組の豪華アーティストが出演。1組目は男性ツインヴォーカルが人気の5人組バンド、FLOW。多くのアニメ主題歌がヒットを飛ばし、“アニソン界の帝王“とも呼ばれる彼らの届ける音は多くの若者の心を魅了する。2組目はヘヴィメタルの世界では知らない人いないSEX MACHINEGUNS、3組目は大型フェスへの連続出演や大人気アニメの主題歌に抜擢されるなど今注目を集めるLenny code fiction、4組目は新体制でメジャーデビューを果たした、CALDERA SONIC常連の3人組ガールズバンド、TRiDENTだ。

開催第1回目から、若手アーティストからビッグアーティストまで、幅広い音楽人たちの表現の場として毎年開催し続けてきた『CALDERA SONIC』。『CALDERA SONIC』が大事にしているアイデンティティは、アーティスト、そして、参加するオーディエンス自身が“アーティスト(=キャスト)である”と考え、全員で一つのアートを作り上げるという文化。その文化は、音楽を心から楽しみ、讃えあい、アーティストからオーディエンスへ、オーディエンスからアーティストへ、“エール”という一つの大きなキーワードで繋がっている。

会場内ではTシャツやラバーバンドといったオリジナルグッズを販売。オリジナルグッズをまとって観覧する来場者が多く、アーティストのファンはもちろん、イベントそのもののファンが多いのも特徴だ。

今回はこれまでで最大の収容人数となる3,000人キャパの立川ステージガーデンでの開催となり、新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策を運営本部・会場施設共に協力し、万全な体制で行なわれる。

また、今回初の試みとして『Thumva』を使ったオンライン配信も実施! オンライン配信の視聴チケットは、イベント公式サイトやThumvaの公式サイトにて3月21日(日)21:00まで販売中。自宅にいながらでも『CALDERA SONIC』の盛り上がりをぜひ体感してほしい。

『21th CALDERA SONIC』

日時:3⽉20⽇(土)15:00開場/16:00開演
会場:TACHIKAWA STAGE GARDEN(立川ステージガーデン)
住所:〒190-0014 東京都立川市緑町3-3 N1

<出演>
FLOW、SEX MACHINEGUNS、Lenny code fiction、TRiDENT

<チケット>
■会場
VIP席:¥20,000
S席:¥14,500
A席:¥13,000
B席:¥11,000
C席:¥9,000
D席:¥7,000
■Thumva配信
¥2,000(税込)
チケデリ販売期間:3月9日(火)12:00〜3月21日(日)21:00
主催:株式会社オーナーメーカー
企画/制作:CALDERA SONIC実行委員会
お問合せ:CALDERA SONIC実行委員会
TEL:03-5213-4402(平日10:00~17:00)

■お問い合わせフォーム
https://www.calderasonic.com/contact

【『CALDERA SONIC』とは】

20回と開催を重ねてきた本イベントは、のべ約80組以上のアーティストが出演。過去には「川畑要(CHEMISTRY)」「MONKEY MAJIK」「若旦那(湘南乃風)」「D-51」「鈴木亜美」「森友嵐士(T-BOLAN)」「SEAMO」「浅岡雄也(ex FIELD OF VIEW)」「misono」「サスケ」「マーク・パンサー」「アンダーグラフ」「NICOTINE」など、数々の人気アーティストが出演。

またビックアーティストだけでなく、メジャーデビューを目指す若手アーティストやインディーズバンドなど多くの若手バンドの表現の場となっている。これまでの会場は川崎クラブチッタ、横浜ベイホール、恵比寿リキッドルーム、渋谷WOMBなど300人ほどから始まったイベントは規模を拡大し、今では1,000人~で開催するイベントとなった。

『CALDERA SONIC』の“カルデラ”とは“火山噴火した後にできる火口”を指す言葉。その名前には、火山のように昂る情熱とエネルギーを音の力に乗せてみんなで体感し共感し共有するメッセージが込められている。“どこにもない全員で盛り上がる音の祭”をテーマに2014年8月からスタートした本イベント。2018年からは“多くのバンドを世に輩出する音楽フェス”へと進化し、これから世に出て行くアーティストを応援するイベントとなった。

2019年は“Break The Limit”をテーマに新規、中堅のバンドをメインに有名アーティストも出演し、幅広いファンを取り込んだイベントとなっている。過去20回の開催の動員人数はのべ約18,700人。参加者の約90%が20代~30代で、うち男性が70%、女性が30%となっている。

FLOW
SEX MACHINEGUNS
Lenny code fiction
TRiDENT
『21th CALDERA SONIC』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着