上段左から高野 玲(Dr)、奥平隆之(Gu)野村良平(Gu&Cho)
/下段左から野村太一(Key&Vo)、植田大輔(Ba&Cho)

上段左から高野 玲(Dr)、奥平隆之(Gu)野村良平(Gu&Cho)
/下段左から野村太一(Key&Vo)、植田大輔(Ba&Cho)

【Yellow Studs インタビュー】
人知れず辿り着いた、ロックの極み

この2作品を以て、
自分のロックは完成した

『brand new old days』が“楽しさ”であったとすれば、『DRAFT』の制作は“苦しさ”でしたか?

「そうですね。当時は寝て起きることもできなかったです。1日のうちの8~9時間は“身体よ、動け!”と天井を見つめながら過ごして、少し起きることができたタイミングで作っていったんですけど…あの時はどんな気持ちだったんだろうな? でも、自分がいつ死んでもいいと思える作品を作りました。感覚的には全部出し切りましたし、普段は完成した作品は滅多に聴き返さないんですけど、『DRAFT』は聴いていますね」

今のお話を聞いて腑に落ちたことがあるんですが、先行配信リリースされた「汚れたピースサイン」と「直感のススメ」を聴いた時には、今作は時代性を受けた励ましの賛歌というか、ただただ真っ直ぐな想いが込められたアルバムになるんだろうなと思っていたんです。でも、他の収録曲を含めて聴いたら、その予想が一変して。例えば「SNS」や「脱線」、「人任せ」の時のように怒りの感情に吹っ切るのではなく、一回どん底を見て失望して、“それでもやっていくしかないんだ”という生々しさを感じましたし、それは太一さんの当時のリアルな生活に由来しているんでしょうね。

「バックボーンが見えると音楽の聴き方って変わりますよね。『ザ・ノンフィクション』という番組があるじゃないですか。あれも、見方をひとつ変えれば、“かわいそう”ではなく、“この人の人生って面白い”と思えると思うんですよ。人は自分より下の人を見ると元気が出るっていう話を聞いたことがありますが、自分もドン底まで行った感じはありますけど、悲劇のヒーローとして酔っていたくはないんです。とはいえ、病気をきっかけにいろいろ悪口を言われたこともありましたけど」

そういう時に、怒りは湧かなかったですか?

「最初はありましたね。SNSを見ていて“何も分かってない奴らに何でこんなこと言われなきゃなんねぇんだ”とは思っていました。最近、何もしてない人に対して攻撃する人が多いじゃないですか。例えば、偉そうに“選挙に行こう!”と言ったりね。自分が何者かであることを疑わないで、人にいろいろと言葉を投げつける様子が簡単に見えちゃうのが嫌で、僕はSNS全般を辞めたんです。自分が思ったことを言うことは良いとは思うけど、有名人が自殺してしまった話を聞いたりすると、やっぱり悪意ある言葉を摂取し続けるのは心身に悪いと思いました」

太一さんをそう思わせてしまったのは、時代ですか? 病気ですか?

「時代だと思いますけど、どっちもあるかもしれないですね。自分も周りの人も、勝手に苦しんで、勝手に敵を作って、自ら地獄に向かっているような感覚かもれないです。僕は近い将来、多重人格ってメジャーな病気になると思っているんです。この国って病人にやさしくしようという教育はされているけれど、精神病者にはそんなにやさしくないっていうのが正直な感想でして。うつ病の人に“頑張れ”と言わないことは、確かに責めているわけはでないけれど、やさしくもしていないと思うんです。だから、“頑張れ”とは言われなくても、僕自身は頑張り続けていましたね。まぁ、結局は他人の事情だし、しょうがないことだとは思いますけど」

でも、人間不信になっても仕方のないような状況にあったとしても、『DRAFT』の「誰がため」という曲がまさにそうですけど、一番大事なところは“誰かの存在”なんでしょうね。

「本当にそうですね。あの曲に僕が言いたいことが全部詰まっています。僕の中では『brand new old days』と『DRAFT』で、自分のロックは完成したと思っているんですよ。でも、今抱えているこの苦しみはまたいつか越えられると思っていますから、今はまだ闘おうと思っています」

取材:峯岸利恵

アルバム『brand new old days』2021年2月10日発売 DIG UP RECORDS
    • DGUP-1001
    • ¥1,980(税込)
アルバム『DRAFT』2021年3月17日発売 Yellow Studs
    • TOTS-0013
    • ¥2,750(税込)
Yellow Studs プロフィール

イエロースタッズ:2003年結成。ガレージ、ロカビリー、ジャズなどの要素を取り入れたサウンドと、野村のしゃがれた歌声が聴く者を魅了するピアノジャズロックバンド。21年2月に「DAYDREAM BELIEVER」(THE MONKEES)、「いい日旅立ち」(山口百恵)など、色褪せない数々の名曲を収録した、バンド初のカバーアルバム『brand new old days』を発表。同年3月には10枚目のオリジナルアルバム『DRAFT』をリリースした。Yellow Studs オフィシャルHP

「いい日旅立ち」cover MV

「Club Doctor」MV

「汚れたピースサイン」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着