「ネオネオアコバンド」を掲げるニュ
ーカマー・Nagakumo。関西発の4人が
鳴らすポップスを紐解く

ノスタルジーと新鮮さが同居している。「ネオネオアコ」を自称するニューカマー・Nagakumoの音楽には、90年代以降の国産ポップスの美味しい蜜が、芳ばしく濃縮されているように思う。メンバーはコモノサヤ(Vo&G)、ホオニシレイジ(Cho&G)、ホウダソウ(Dr)、オオムラテッペイ(B)の4人。ホオニシの呼びかけで集まったという彼らは、昨年の夏頃から制作を始め、年が明けた1月に結成を発表。初のep『PLAN ep』を2/17に自主制作CD発売、3/10にサブスク配信開始している。フリッパーズ・ギターCymbals、津野米咲や清竜人からの影響を公言する音楽性に、コモノの颯爽とした歌声が乗る良作で、今後の活動に期待が募る作品になっている。関西で産声を上げたばかりの原石に、ZOOMでのインタビューを試みた。

バンドのありがたみを感じた

ーNagakumoの音楽を紐解く前に、皆さんのルーツを伺っていきたいと思います。人生で最ものめり込んだアルバムってなんですか?

インタビュイー画像

ホオニシレイジ(Cho&G):

アルバムで衝撃を受けたのは、the band apartの『K.AND HIS BIKE』です。高校生の時にYouTubeの関連動画を見ていく内に出会って、それまで聴いてきた音楽とは全く違う響きに衝撃を受けました。今になって考えると、コードやキメの複雑さに惹かれていたんだと思うんですけど、当時は何もわからないままとにかくカッコいいと思って聴いていました。それをきっかけに今度は彼らと対バンしてるアーティストの音源を聴いていったので、自分の音楽趣味を広げた作品になりましたね。

ーコモノさんはどうですか?

インタビュイー画像

コモノサヤ(Vo&G):

去年大阪に来てからインディーズの音楽をよく聴くようになって、そこで出会った音楽に自分のやりたいことを明確にしてもらった感じがあるんですけど、EasycomeとDENIMSは特に影響受けました。

ーなるほど。

インタビュイー画像

コモノサヤ(Vo&G):

それから、歌に関してはAimerのアルバムを聴いた時に、その声に感動して自分の歌い方も変えたんですよね。それまではいきものががりの吉岡さんのような真っ直ぐで正統派の歌唱力に惹かれていたんですけど、Aimerの空気を含んだような声に心を動かされました。
インタビュイー画像

オオムラテッペイ(B):

僕は一番好きな音楽がMr.Childrenで、小学三年生の時に母親が買ってきた『SUPERMARKET FANTASY』を擦り切れるほど聴いていました。シングルが5曲くらい入っているアルバムなんですけど、それ以外の曲がめちゃくちゃカッコ良くて、彼らが作るアルバム曲の自由さにミスチルの良さがあるのかなって思います。それからそれ以前の作品も聴くようになって、今は渋谷系の流れも感じる『Kind of Love』辺りの作品も好きです。
ーホウダさんは?
ホウダソウ(Dr):
僕はジャズからメタルまで聴くんですけど、影響を受けたアルバムを挙げるとしたらふたつあって。ひとつはくるりのベストアルバム『TOWER OF MUSIC LOVER』。もうひとつが上原ひろみのカバーアルバム『ビヨンド・スタンダード』です。くるりは音楽をやっている親の影響で聴き始めたんですけど、90年代後半から2000年代初期の音楽を聴くことが多くて、『TOWER OF MUSIC LOVER』は車で流れてきたのを聴いて以来ずっと好きなアルバムです。僕の周りでは「琥珀色の街、上海蟹の朝 」で知れ渡った感じがあったんですけど、僕はロックを奏でていた頃のくるりが好きで、特に「街」は大好きですね。
ー『ビヨンド・スタンダード』の方は?
ホウダソウ(Dr):
 サイモン・フィリップス(Simon Phillips)など海外のジャズドラマーが好きで、そこから上原ひろみを聴くようになりました。『ビヨンド・スタンダード』は彼女がバークリーのメンバーとバンドを組んだ初期の頃の作品で、変拍子のフレーズが本当に凄い。ジャズなのにプログレっていうところに凄く衝撃を受けました。
ーこの4人はどういうふうに出会いNagakumoを結成したんですか?
ホオニシレイジ(Cho&G):
僕とオオムラがやっていたバンドが2020年に活動を休止して、僕は暇になったので友達の紹介から、当時シンガーソングライターをやっていたコモノの曲のアレンジを担当するようになったんですけど。その流れでバンドをやりたいってなって話になって、オオムラを入れた3人と、僕の大学でセッション仲間だったホウダを入れてこの4人が揃いました。それが去年の秋頃で、そこからレコーディングをして結成を発表したのが2021年の1月です。
ーホオニシさんとオオムラさんはそれまでも一緒にやられていたんですね。
オオムラテッペイ(B):
ホオニシとは高校の頃からずっと仲の良い友達で、前のバンドをやっていた時から彼の曲が好きでした。活動休止とコロナ禍が重なったこともあり、去年は楽しくない日々を過ごしていて、僕も何か新しいことを始めたいなって思っていましたね。ちょうどそう思っていた矢先だったので、以前のバンドではギターを弾いていたんですけど、ベースでやれへん?って言われてすぐにベースを買って練習を始めました(笑)。
ーホオニシさんも他の形で活動するよりも、バンドへの情熱があったんでしょうか?
ホオニシレイジ(Cho&G):
そうですね。休止してから割りとすぐにソロ名義での活動を始めて、SoundCloudとかに自分の曲を上げていたんですけど、いまいち広がっていく気がしなかったというか、ひとりでやるのが性に合っていなかったんですよね。そこでバンドのありがたみというか、僕が作る曲は自分だけではどうにもならんのやってことに気づいて、また新しいバンドを結成しようと思いました。
ー一方コモノさんはシンガーソングライターで活動されてた中、何故新しくバンド活動を始めようと思ったんですか。
コモノサヤ(Vo&G):
元々バンドが自分のやりたい音楽で、大阪に来たらすぐにそれができるだろうと思っていたんですけど、1年くらい軽音部にいても全然メンバーに出会えなくて。それでぬるっと弾き語りを始めちゃったんですよね。ソロでやっていた時も、バンドの音が好きだからホオニシさんに頼んでいたとことがあったので、自然とNagakumoの結成の話になっていきました。
ーなるほど。
ホウダソウ(Dr):
僕は高校の頃は三重県でmishmashというバンドをやっていて、大学からはRudoっていう正統派邦ロックのバンドを続けているんですけど、一方でフリッパーズ・ギターのような渋谷系も好きで。レイジさんのギターもセッションしている時から好きだったので、バンドに誘われた時は二つ返事でオーケーしました。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着