東京スカパラダイスオーケストラ

東京スカパラダイスオーケストラ

東京スカパラダイスオーケストラ、
最新曲がムロツヨシ演出の
舞台『muro式.がくげいかい』の
テーマ曲に決定!

東京スカパラダイスオーケストラが、ムロツヨシ演出の舞台『muro式.がくげいかい』のテーマ曲を手掛けることが発表された。スカパラは3月3日(水)にニューアルバ『SKA=ALMIGHTY』(スカ・オールマイティ)をリリースしたばかりだが、早くも最新曲が届けられることとなる。

『muro式』とは俳優ムロツヨシが自身のライフワークとして2008年からスタートした舞台。
ムロツヨシの演出で「やりたいことをやりたい脚本家・役者とやる」をコンセプトに行われてきた大人気舞台だ。スカパラとムロツヨシ。接点がないように思える両者だが、2012年にムロツヨシがパーソナリティを務めていたラジオ番組にムロツヨシの大ファンであったメンバーのNARGO(Trumpet)と大森はじめ(Percussion)がゲスト出演したことがきっかけとなっている。

その後も番組にゲスト出演したり『muro式.7』にスカパラメンバーが観劇に行くなど交流がつづくなか、スカパラが2013年に開催した『STAND OUT!』ツアーの初日公演に来場したムロツヨシが、終演後、スカパラメンバー全員の前で「いつか自分の舞台のテーマ曲をスカパラさんに手掛けてもらうのが夢です!」と“夢”を投げかけた。

それから7年後の2020年。報道番組のインタビューでトラック公演を開催することを突如発表したムロツヨシの言葉を耳にしたスカパラメンバー。7年前にムロツヨシから投げかけられた“夢”に対して「ムロさんがライブに来てくれたとき『いつか舞台のテーマ曲を手掛けてもらうのが夢です!』って言ってくれたけど、スカパラでよかったら作るよ!」と逆提案。こうして7年越しの“夢”が実現することとなった。

テーマ曲の制作は、スカパラとムロツヨシが綿密な打ち合わせを行い、何度となく意見を交わしながら完成に向かって進んでいるという。スカパラとムロツヨシ、両者の“夢”の結実がいったいどんなテーマ曲となって『muro式.がくげいかい』を輝かせるのか楽しみにしていよう。

なお『muro式.がくげいかい』は4月6日(火)の東京・よみうりランド内特設会場(野外)を皮切りに、東京・大阪・福岡の3都市で開催される。詳しくは『muro式.がくげいかい』の公式サイトをチェックしよう。

【コメント】

■ムロツヨシ
「舞台をつくってます。なにが正解かなんて分からず、つくってます。どの舞台にも必ずある音楽。20年ほど、舞台をつくって、後悔したり喜んだり。そこに憧れの人、グループ、誰か。参加してもらえるような舞台人になりたいと思って、思って今、45歳。東京スカパラダイスオーケストラさんにお願いしたのが数年前。それはハッタリでした。ヘラヘラ笑って叶わなくても言う人間でした。覚えてくれていたスカパラさんから、そんなハッタリ、面白いよね、と。飛びついた今、必ずや、新しいmuro式、新しい今やれる演劇と音楽。やってみせたい、と言いきってみせます。ハッタリかどうか、舞台を観に、音楽を聞きに、確かめに、来てください」

■谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
「ムロツヨシさんの大ファンである我々スカパラのメンバーは何年か前にムロさんがスカパラのライブに来てくれた時、それはそれは大喜びだった。その時、終演後にムロさんが『いつか自分のお芝居の音楽をつくって頂くのが夢です。』と言ってくださいました。32年前、デビュー当時の我々の中での流行語は、「カマシ」と「キテる」という言葉でした。驚かせるほど「カマシ」が効いているか「キテる」と言えるほど気が利いてるかどうか、というのを大切にしていた憶えがあります。だから、ムロさん言うところの「ハッタリ」は大好きです。それは我々にとっての「カマシ」と同じ意味を持つからです(笑)。 要は嬉しかったのです。そして、ここにその夢が結実しました。お互いの夢の実現です。我々の夢満載の楽曲がムロツヨシさんのお芝居を彩ることが出来たなら、それはそれは大変に幸せなことです。(いつか舞台に生演奏しに行きたいくらい)楽しみにしています」

『muro式.がくげいかい』

■東京公演
日程:4月6日(火)~4月26日(月)
会場:よみうりランド内特設会場(野外)
■大阪公演
日程:5月2日(日)~5月9日(日)
会場:花博記念公園鶴見緑地パーゴラ広場 特設会場(野外)
■福岡公演
日程:5月13日(木)~5月16日(日)
会場:太宰府天満宮 天神広場 特設会場(野外)

※詳しくは『muro式.がくげいかい』公式サイトまで
http://murotsuyoshi.net/muro2021/muroshiki2021
東京スカパラダイスオーケストラ
『muro式.がくげいかい』
ムロツヨシ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着