Karin. アルバム『solitude ability
』リリースに先駆けた主演・伊藤万理
華、監督・枝優花によるショートフィ
ルムを公開

シンガーソングライターKarin.が、10代最後のアルバム『solitude ability』を3月10日にリリースする。アルバムの発売に先駆けて、今作をもとに着想されたショートフィルムが制作され、その予告編がYouTubeにて公開された。
ショートフィルムのタイトルはアルバムと同じく「solitude ability」。監督・脚本を務めるのは、映画『少女邂逅』のほか、ドラマ制作やアーティストのMV制作などを行う枝優花。主演を乃木坂46卒業生にして新たなカルチャーアイコンとしても注目を集める伊藤万理華が務める。
「孤独」や「普通」というテーマを、刹那的で美しい映像と、解釈の余白を残した脚本で表現したショートフィルムは、Karin.の透明感のある歌声とともに、心の奥にある形の定まらない感情を動かす。今作は2部作で、2月26日に1部「solitude ability -過去と未来の間-」、3月10日に2部「solitude ability -涙の賞味期限-」が公開される。
なお、劇中で流れるアルバム「solitude ability」収録曲「過去と未来の間」が本日・2月26日(金)から先行配信されている。
コメント
Karin.
「solitude ability」とは「孤独を知ったから強くなれた」ということを表しています。
このアルバムを通して「1 人で感じる孤独」と「誰かがいる孤独」を伝えたいと考えたときに、伊藤万理華さんと枝優花さんが頭に浮かびました。伊藤万理華さんの独特で素敵な世界観が前から好きだったので「solitude ability」を表現して欲しいと思いましたし、枝優花さんが監督をしている映画が好きだったので、今回この様な形で夢を 1 つ叶えることが出来て本当に嬉しかったです。
ショートフィルムが完成したときは「solitude ability」の意味がより確かになった気がしました。
私が作っている音楽は目に見えませんが、伊藤万理華さんと枝優花さんが、アルバムの世界観を映像作品として丁寧に表現してくださいました。是非観てもらえると嬉しいです。
枝優花
今回ご縁があり、Karin.さんと伊藤万理華さんとご一緒できとても良い時間でした。
生きていくなかで、気にかけていなかったことが段々とささくれのようになってしまったり、相手と自分を比べ平均点を
探るようなことが沢山あると思います。
ただ、本当は自分の人生と誰かの人生が、ただそこに共存しているだけ。そのなかで、どう歩み寄り、許し、受け入れていくかなのだと思います。この物語が、誰かに届くことを祈ります。
ショートフィルム「solitude ability -過去と未来の間-」

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着