L→R 碧井湊都、翔咲 心、詩織叶逢、海憧乙綺

L→R 碧井湊都、翔咲 心、詩織叶逢、海憧乙綺

【EUPHORIA インタビュー】
今までとは違う大人の僕らを
見せることができる

“多幸感”をテーマにしたキラキラ輝く王子様系アイドルグループとして、2019年8月にデビューを果たしたEUPHORIA。これまでは聴けば元気になる楽曲が多かったが、「Be my lover」はwacciの橋口洋平を作詞に向かえ、切ないラブソングに挑戦。新たな魅力を引き出した新曲についてじっくりと話してもらった。

みんなと会えないからこそ、
心とは深い話をする機会が増えた

2020年はさまざまなことを考えた一年だったと思いますが、どんな心境の変化がありましたか?

翔咲
僕たちはショッピングモールなどでイベントをすることが多かったから、コロナ禍になる前はお客さんと常に会えていたんですよ。デビューして初めてみなさんに会えない時間を経験したので、すごく心配にもなりましたし、不安にもなりました。でも、今までにはなかった配信ライヴやテレビ電話などの新しいかたちでみなさんとコミュニケーションがとれて、どんなかたちでも会うことはできると思えたんです。
海憧
みんなと会えないからこそ、心とは深い話をする機会が増えたんですよ。“ライヴではこうしたい”や“特典会はもっと参加してもらえるようにこうしよう”とか、“翔咲 心としてこうありたい”という話をたくさん聞けた気がします。20歳になった心は変わりましたよ!
翔咲
えへへ。大人になりました!(笑) でも、より“気持ちを伝えなくちゃ”って思ったんです。
碧井
とはいえ、心の底抜けの明るさは変わらないし、もとから太陽みたいな人なので、そこはすごく助かりました。
翔咲
嬉しい! ありがとうございます! 太陽でい続けます!
海憧
俺はみんなと会えないと思ってからは焦りました。頑張っても会えないという現実がすごく重くのしかかってきて…。でも、だからこそ“今の状況でファンのみなさんが喜んでくれることは何だろう?”と考えた末、SNSの使い方をガラッと変えたんです。

どう変えたんですか?

海憧
まずはいろんなサイトを見て、Twitterだったらどの時間が一番見られるのか、リツイートが多いのかを調べてから、どうしたら目に入るか、画像はどういったものを求められているのかをちゃんと研究してアップするようになったんです。そしたら本当にグッと見てくれる人が増えたんですよ。それはすごく嬉しかったですね。あとは、思いついたことは全部ポストイットに書いて壁に貼って、それをTo Do リストとして頭に叩き込んでいます。
翔咲
僕たちはTikTokを始めたんですけど、いつも編集を乙綺さんがやってくださるんです。僕の中ではSNS担当だと思っているので、すごく勉強させてもらっています!
海憧
やれることからやっているだけなんですけどね。そこにお金はかからないし!(笑)

それを言わなければカッコ良いのに(笑)。

海憧
あははは。
碧井
僕もすごく不安な年でした。でも、世界的なことなので、自分が考えてもしょうがないんですよね。それは分かっているんですけど、やっぱりネガティブになってしまって…。そのループから抜けたのが夏くらいかな? それからはグループのために何ができるのかを考え、歌とダンスのスキルアップに力を入れたんです。あとは、僕ってひとつのことに夢中になったら人の話が聞けなくなっちゃうんです。それはすごくダメなことなので、いろんな人に今の状態をどうしたらいいかを相談し、まずはビジュアル面でインパクトを与えるために、自分のメンバーカラーである青をアイシャドーに入れるようにしたんです。“この人、魅力的だな”って思ってもらえるように、自分を磨いて、貢献できるようにならなくちゃいけないと思いました。

すごく考えたんですね。

碧井
はい。デビューした年は突っ走っていたので景色だけが流れていく感じだったんですが、昨年は一個一個向き合って決めたことが多かったですね。
詩織
湊都はその自主練の成果がちゃんとでていて、パフォーマンス面がかなり頼もしくなったんですよ。さらに、以前からMCの部分で助けられてはいたんですが、“僕も告知をやります”と声をかけてくれたりと、すごく成長したと思います。
碧井
そう思ってもらえたなら良かった!
詩織
僕はおうち時間をどう楽しく過ごすか、どうすればファンの方が飽きずに過ごせるかを考えていました。動画を編集してTwitterに流したり、最近ではオフショットをたくさん撮ってファンクラブ限定のブログにアップしてたんです。メンバーの素顔や普段は見られない姿を楽しんでもらいたいって思ったんですよね。

みなさん、アイドルとしてはもちろん、プロデュース力を磨いた一年だったんですね。

詩織
そうかもしれないですね(笑)。

ちなみに詩織さんのオフショットは誰が…

翔咲・海憧・碧井
…。

え!?

海憧
本当は撮りたいんですよ! でも、撮ろうとすると嫌がるんです!(笑)
翔咲
だから、鏡越しとかで撮っているよね。あとは、インカメと見せかけて外カメラにして撮影したり。
碧井
ほぼ隠し撮りしています(笑)。
詩織
僕のことはいいんですよ。みんなの可愛い姿をちゃんと撮るのが先決です(笑)。
L→R 碧井湊都、翔咲 心、詩織叶逢、海憧乙綺
シングル「Be my lover」【初回限定盤A】(CD+DVD)
シングル「Be my lover」【初回限定盤B】(CD+DVD)
シングル「Be my lover」【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着