香取慎吾が真剣なまなざしで“釣り雑
誌”に目を通す 主演ドラマ『アノニ
マス』から意味深な本編カットを公開

1月25日よりスタートするドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)から、本編カットの一部がオフィシャルブログにて公開された。
『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』は、日本のSNSでの誹謗中傷をテーマに、インターネット上の殺人=指殺人事件の解決に挑む警視庁“指殺人対策室”の活躍を描くサスペンス。主演の香取慎吾は、本作で5年ぶりの民放ドラマ出演を果たす。テレビ東京のドラマ出演は1988年の『あぶない少年III』以来33年ぶりとのこと(※2021年1月時点)。香取演じる主人公・万丞 渉は、ある事件をきっかけに捜査一課の第一線から外され、警視庁に新設された“指殺人対策室”に配属。クセの強いメンバーとともに、指顔の見えない犯罪者=アノニマスを捜査し、殺人に苦しむ人々の事件を解決に導こうとする。主演の香取のほか、関水渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信らが指殺人対策室のメンバーを演じる。また、山本耕史が万丞のライバルで、捜査一課の刑事・羽鳥賢三役でレギュラー出演。さらに、シム・ウンギョンが万丞のかつての相棒・倉木セナ役で特別出演する。

初回放送まで3日となった1月22日、『アノニマス』アメーバオフィシャルブログのエントリーで、「万丞の愛読書“釣り雑誌”事件と関係はあるのでしょうか...?」との言葉とともに公開されたのは、香取演じる万丞が真剣に“釣り雑誌”を読む意味深な姿だ。続けて更新された「仕事中も堂々と雑誌読んでマス」とのエントリーでも、振り向く万丞とともに“釣り雑誌”が登場。果たして、何を意味するシーンなのか。
『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』オフィシャルブログより (c)「アノニマス」製作委員会
ドラマ『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』は、1月25日(月)22時よりテレビ東京系にて放送開始。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着