ミオヤマザキと生憎の雨。(R指定 vo.マモ)のコラボ曲「トラウマ彼女」MVに夜宵やむが出演!

ミオヤマザキと生憎の雨。(R指定 vo.マモ)のコラボ曲「トラウマ彼女」MVに夜宵やむが出演!

ミオヤマザキと生憎の雨。(R指定 vo
.マモ)のコラボ曲「トラウマ彼女」M
Vに夜宵やむが出演!

コラボ楽曲のMV公開

ミオヤマザキが、1月20日発売のニューアルバム「Alive」より、生憎の雨。(R指定 vo.マモ)とコラボした楽曲「トラウマ彼女 feat.生憎の雨。(R指定 vo.マモ)」のミュージックビデオを公開した。
付き合うならバンドマンはやめとけ?「ミオヤマザキ/バンドマン」の本当のメッセージとは?
https://utaten.com/specialArticle/index/2077
夜宵やむがGPSで…
MVは狂気をはらんだ楽曲の世界観を表すかのように、赤一色でライトアップされた空間でミオヤマザキと生憎の雨。(R指定 vo.マモ)が演奏を繰り広げ、mioと生憎の雨。(R指定 vo.マモ)が向かい合って歌い合う姿が印象的である。
そして、夜宵やむ(悲撃のヒロイン症候群)演じる女の子がGPS機能で男の居場所を突き止める姿は、作品の狂気的な雰囲気をさらに助長させている。
楽曲、色彩、世界観すべての中毒性が高く、奥に秘める“トラウマ”を呼び起こすような作品に仕上がっている。
クラウドファンディングでCD制作
コラボ楽曲が収録されているアルバムCDは、ミオヤマザキのニューアルバム制作のために実施されたクラウドファンディングで支援を募り、目標金額700万円を即日突破し、最終的に2,668万円の支援金額を達成し、CAMPFIREの『CD制作プロジェクト』で過去1位の快挙となった。
この楽曲が収録されているアルバムは、各種サブスクリプションサービスでも1月27日(水)より配信が開始される。

コメント
【ミオヤマザキ vo.mio】
今回のアルバム「Alive」のコンセプトカラーでもある“赤”をテーマにしたMVを撮りました。
かっこよくて、激情的で、ヒヤヒヤする魅力的な赤色で包まれた映像はすごく「トラウマ彼女」の曲調とマッチしていると思います。
生憎の雨。(R指定 vo.マモ)さんとコラボしてできあがった渾身の作品がこんな風に映像作品として残ること嬉しく思います。
そして、何度か対バンさせて頂いていて、楽曲提供もさせて頂いた、悲撃のヒロイン症候群のメンバー、夜宵やむさんもMV中に出演してくれました。
こうやって大好きなアーティストのみなさんと作品を生み出すことができて本当に嬉しいです。
是非見てくださいね。
【生憎の雨。(R指定 vo.マモ)】
ミオヤマザキとのコラボ楽曲「トラウマ彼女」のMusic Videoがついに公開されます。
この楽曲に相応しい毒々しい映像に仕上がったと思います。
自分にとっては久しぶりのバンド形態での楽曲と映像になっており、少し懐かしさすら感じました。
決して絵空事ではない、日常にもあり得る猟奇的な世界に酔いしれてください。
「お前の遺伝子はお前で終わりにしてくれ」
【夜宵やむ(悲撃のヒロイン症候群)】
この度は素敵な作品に出演させていただき、有難うございます。
豪華なメンバーさんとご一緒することができて私自身とても光栄です。
狂気じみたMVの世界観と楽曲の雰囲気に合うよう演じるのは新鮮で楽しかったです。是非隅々までご覧下さい!
▲ミオヤマザキ「トラウマ彼女feat.生憎の雨。(R指定 vo.マモ)」Official Music VIdeo
「ミオヤマザキ」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/10297
リリース情報
●2021年1月27日(水)
サブスクリプション解禁
Newアルバム「Alive」
【曲順】
M1.Alive-where-
M2.生きてるだけじゃダメですか
M3.男捨離POIPOI
M4.DIY
M5.トラウマ彼女 feat.生憎の雨。(R指定 vo.マモ)
M6.『0428』
M7.AI HACK
M8.ぴえん
M9.いまどうしてる?
M10.セフレ以上恋人未満
M11.メンヘラ幸福論
M12.Alive-here-
「生憎の雨。」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/39841

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着