大沢伸一とのユニット・RHYME SOとし
ても活動するRHYME、「Not The Type
feat. NINOCENCE」MV公開

RHYMEが昨年10月にリリースした最新曲「Not The Type feat. NINOCENCE」のMVを公開した。
RHYMEは大沢伸一とのユニット、RHYME SOとしても活動するオーストラリア出身のミュージシャン/DJ/プロデューサー。「#meburn」に続く本作は、LAを拠点とするアーティスト、NINOCENCEをフィーチャーした1曲。これまで男性中心で回ってきた音楽や政治などの業界でもジェンダー平等が大きな課題となってきている中、今作はRHYMEが女性の音楽プロデューサーとしての目線で、女性の地位向上や強さを表現した作品となっている。
MCではCGIでレンダリングされたRHYMEとNINOCENCEのアバターがNUSI QUEROによってデザインされたコスチュームで妖艶なダンスを繰り広げ、彼女の性別を象徴するかのように脚を大きく開いたRHYMEのアバターによるビジュアルが、女性アーティストがこれまで以上によりセクシーでオープンになったことを表しているという。

また、ラストシーンにはロープで縛られたアバターが振り回されバラバラにされた姿は、遊ばれた人形のように見える無防備な女の子を表現。客演にも参加しているNINOCENCEによって制作された未来的なシーンをはじめ、セクシャル文化の影響を受け制作されたRHYMEのこれまでにないクリエイティブが詰まった作品となっている。


【リリース情報】

RHYME 『Not The Type feat. NINOCENCE』

Release Date:2020.10.31 (Fri.)
Label:bpm plus asia
Tracklist:
1. Not The Type feat. NINOCENCE

■ RHYME オフィシャル・サイト(https://www.rhyme-records.com)

■ bpm plus asia オフィシャル・サイト(https://www.bpmplusasia.com)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着