Cocco、11枚目のオリジナルアルバム
『クチナシ』を発売 初回盤は1,111
セット限定のSPECIAL BOX仕様

Coccoが、11枚目となるオリジナルアルバム『クチナシ』のリリースを正式に発表した。
新型コロナウィルスによる外出自粛期間中にTwitterやYouTubeに公開された“おうちdemoトラック”シリーズの曲を含む、全15曲収録。サウンドプロデューサーは、14曲を盟友・根岸孝旨が、1曲を初のCocco作品参加となる河野 圭が担当。初回盤に付属されるDVDには、圧倒的なパフォーマンスと斬新なアレンジが話題となった『Cocco 生配信ライブ2020 みなみのしまのはなのいろ』にて演奏された全18曲を収録。そのうち、「take me home」「Hush-a-bye-the-world」「結い」「7th floor」の4曲はこのDVDにのみ収録される曲となり、貴重なライブ映像となる。初回盤AとBは、CD15曲に加えてDVDに18曲の計33曲収録という豪華な収録内容となっている。
さらに、11枚目のオリジナルアルバムということで、1,111セット限定の初回盤A・SPECIAL BOXの発売も発表となった。段ボールのSPECIAL BOXに、Tシャツと、7インチ紙ジャケットにCDとDVDがセットされた特別仕様で、完売必至のアイテムとなっている。初回盤BはCD+DVDで、こちらは段ボールのスリーブケース付き仕様となっている。ジャケットは、Coccoが自粛期間中に段ボールに描いたクチナシヴィーナスと名付けられた女性の画が用いられている。YouTubeに公開されている自粛デモトラック5にて登場するこのクチナシヴィーナスの空気感を再現すべく、今回の段ボール仕様となっている。
来年春から放送のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」ヒロイン出演を控える女優・清原果耶の1stシングル「今とあの頃の僕ら」の作詞・作曲・プロデュースを手がけ、地元琉球新報が行った取材「戦争の記憶、いかに次世代へ Coccoが教える『祖父母の教え』」が220万本超える記事の中から選ばれるLINE NEWSの「NEWS AWARD 2020」の「LINEジャーナリズム賞」を受賞。NHK Eテレで放送され9月度ギャラクシー賞を受賞した「ETV特集 基地の街にロックは流れて ~嘉手納とコザの戦後史~」ではナレーション務めるなど、多岐に渡る活動で注目を集めている。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着