2020年12月11日 at 配信ライヴ

2020年12月11日 at 配信ライヴ

【ザ・クロマニヨンズ
ライヴレポート】
『ザ・クロマニヨンズ
MUD SHAKES 全曲配信ライブ』
2020年12月11日 at 配信ライヴ

2020年12月11日 at 配信ライヴ
2020年12月11日 at 配信ライヴ
2020年12月11日 at 配信ライヴ
2020年12月11日 at 配信ライヴ
2020年12月11日 at 配信ライヴ
 12月2日に待望のニューアルバム『MUD SHAKES』をリリースしたザ・クロマニヨンズが配信ライヴを行なった。アルバムリリースに伴うツアーが今年はコロナ禍のせいで難しくなってしまったが、ニューアルバムの大きな手応えを生演奏でファンに届けるため、12月11日に全曲配信ライヴが実現した。

 21時過ぎ。画面に映し出された場所はどこかのスタジオらしく、アンプやドラムがライヴのポジションでセッティングされている。背後にはアルバムジャケットで使用されたヘビのイラストがイーゼルに架けてあり、他にもオブジェがいくつか見える。その無人の空間に彼らのマスコットキャラクターである“高橋ヨシオ”が登場すると、“10分前”“5分前”といったボードを持ってカメラにアピール。いよいよ“30秒前”になると、ザワザワとしたサウンドチェックが鳴り始め、画面の向こうに期待が高まる。

 “そろそろやるよ。オーライ、ロックンロール!”という甲本ヒロト(Vo)の熱気あふれるかけ声で1曲目の「VIVA! 自由‼」が始まった。真島昌利(Gu)のザクザクと切り裂くようなギターカッティングに導かれ、いきなりバンドの音が塊となって放たれる。潔いほどシンプルな照明に浮かび上がる4人の姿と精悍な顔つきからは、いつものライヴと変わらないストイックな佇まいが見て取れる。そして、「暴動チャイル(BO CHILE)」ではヒロトのハープのリフに寄り添うように、小林 勝(Ba)と桐田勝治(Dr)のリズム隊が揺るぎない安定感とスピード感で突き進んでいく。無観客ではあるけれど、人前で初披露する曲ばかりという緊張感と興奮が混ざり合った、メンバーの心地良さが画面越しに伝わってくるライヴが展開されていった。

 アナログ盤で言えばA面に収録されている曲たちが終わり、ライヴ後半であるB面へと突入すると、メンバーはジャケットを脱ぎ、さらに歌も演奏も熱量を上げていく。「妖怪山エレキ」「メタリックサマー」といった、リズムを細かく刻むパターンが印象的なナンバーを披露。さらに「新人」では、メンバーの厚みのあるコーラスが曲のメロディーに多彩な起伏を生んでいく。さらに、先ほども触れた「暴動チャイル(BO CHILE)」のボ・ディドリーのビートをはじめ、ブルースロックを聴かせる「空き家」、ミディアム調のロックンロール「ふみきりうどん」など、ルーツを感じさせる楽曲が輝いているのも今回のアルバムの特色だ。とはいえ、決して懐古調ではなく、4人がそれぞれ個性を研ぎ澄ませながら歌い奏でることで、ザ・クロマニヨンズにしか生み出せない最強のサウンドになっている。今回はそこにライヴならではの濃密な刺激が加わり、より活き活きした表情を見せる楽曲へと変貌を遂げていた。

 ライヴはアルバムの曲順通りに進み、ヒロトが“ありがとう。名残惜しいけど、これがアルバム最後の曲になります”と画面からこちらに話しかけ、ラストの「かまわないでくださいブルース」へ。真島がスライドギターソロを鮮やかに響かせて本編は終了。再度、メンバーが登場すると、ヒロトが“よく聞こえないけど、アンコールがかかっている気がします(笑)。では、シングルのカップリングになった曲、これを一発やって、みんな、良いお年を!”と、「暴動チャイル(BO CHILE)」のカップリング曲「東京ブキズキ」をピックアップ。スピーディーな演奏に乗せたポップなメロディーが風を切るように通りすぎていく。

 そして、“もう1曲やせてください”と、ライヴではお馴染みのアッパーな「クロマニヨン・ストンプ」でこの日のラストを飾り、“ありがとう、またやりたい。またやらせてください。ロックンロールだ!”と叫ぶヒロトの声とともにライヴは終了した。すると画面には、“ザ・クロマニヨンズ MUD SHAKES 2021 2月20日(土)東京ガーデンシアター ライヴ&生配信決定‼”という文字が! やっと開催されるライヴの朗報とともに、2021年が幕を開けそうだ。

撮影:柴田恵理/取材:岡本 明


セットリスト

  1. 1. VIVA! 自由!!
  2. 2. 暴動チャイル(BO CHILE)
  3. 3. 浅葱色
  4. 4. 新オオカミロック
  5. 5. カーセイダーZ
  6. 6. ドンパンロック
  7. 7. 妖怪山エレキ
  8. 8. メタリックサマー
  9. 9. 空き家
  10. 10. 新人
  11. 11. ふみきりうどん
  12. 12. かまわないでくださいブルース
  13. <ENCORE>
  14. 1. 東京ブキズキ
  15. 2. クロマニヨン・ストンプ
ザ・クロマニヨンズ プロフィール

ザ・クロマニヨンズ:2006年7月23日13時41分、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006』に出現。その後、数々の夏フェスにも出現し、デビュー前から話題を呼んだ。そして、同年9月に待望のシングル「タリホー」でデビュー。20年5月 新型コロナウィルス感染拡大の影響により「ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020」の中止を発表(12公演)。それに伴い、同ライブ音源を収録したライヴアルバム『ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020』を9月に、同年11月には19枚目のシングル「暴動チャイル(BO CHILE)」、12月には14枚目のアルバム『MUD SHAKES』をリリース。さらに、12月11日には初の配信ライヴ『ザ・クロマニヨンズ MUD SHAKES 全曲配信ライブ』を実施。ロックンロールをこよなく愛する4人が最強のロックンロールを響かせる!ザ・クロマニヨンズ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着