門脇更紗

門脇更紗

【門脇更紗 インタビュー】
私が作った主人公が
誰かの中で動いてくれたら嬉しい

楽曲の欠片がいっぱいあるので
いろんな曲に挑戦できる

確かにギターをはじめ、めちゃくちゃ難しいサウンドになっていますからね(笑)。『雨の跡』も聴かせていただいた上で、2020年の配信楽曲についてもうかがっていきたいと思います。3月に配信された「東京は」ですが、セルフライナーノーツを確認する前の感想を伝えたいです。

嬉しい! ありがとうございます。

初めて聴いた時に、私も大阪からの上京組で夢を持って地元を出てきたのから何年も東京で過ごしていると、不安になって帰りたい気持ちが出たりして、でも東京にいないと頑張れないと思ったこともあったからこそ、《どんなに傷ついても/この場所は平等な気がして》《この場所は夢で溢れてる気もして/素敵だ東京は素敵だ》という歌詞が印象深かったです。東京を題材にする曲は多いですが、“東京は冷たい”や“東京は理想とは違っていた”など、どこか難しい場所のように表現される曲もあって。でも、門脇さんの「東京は」は東京を“素敵”と表現している。素直な気持ちと身近な経験が歌詞に入っているからこそ、上京している人だけでなく、これから東京に行きたい人にも寄り添える楽曲になっていると思いました。この曲はどんなふうに作っていったんですか?

うんうん。そうですね…ずっと憧れの場所であって、夢への通過点が東京だと思っていたので。確かに東京に来るといい刺激も受けるけど、ネガティブな気持ちになるし、どんよりしながら新幹線で地元に帰ることも多かったです。だけど、私は性格的にポジティブに考えようとするので、そういう気持ちは変換したいなと。“憧れ”という部分は残しておきたくて、この曲を作りました。東京が“素敵だ”というのは誰にでも思ってほしいなって。私が地方から上京した人だからこそ言える言葉だと思ったので、書けた歌詞ですね。

メロディーも含めてどんな流れで作っていったのですか?

この曲は歌詞から作っていきましたね。作り方は時と場合によるんですけど、サビの最初の《どんなに傷ついても》というフレーズから作り始めたので、歌詞から展開していきました。めちゃくちゃ練りましたよ。何度も何度も書き直して。前の歌詞もたまに間違えて歌っちゃいそうになったりします(笑)。

何回くらい直したんですか?

Aメロを直したりとか…“全部直したけどやっぱり最初のほうが良かったー!”となって戻したりもしたので、何回か分からないですね(笑)。

「東京は」をリリースされてから、周りの感想で印象に残っている言葉などありますか?

東京の人でも大阪の梅田駅で迷ったことを思い出したとか。

あははは。

すごく歳が離れている方が“若い時を思い出した”と言ってくれたりもいるので、私のように若い人が作った曲で昔を思い出してくれるのがすごく嬉しかったですね。

そんな「東京は」を聴いてから、配信三部作の第一弾「さよならトワイライト」を聴いたのですが、“あれ? 急に方向性が変わった!”というのが第一印象でした(笑)。

そうですよね(笑)。そうなんですよ! MVとかもカッコ良く仕上げてもらって。

もともとダンサブルなテイストも好きというところからこの曲ができたんですか?

たぶん。いろんな曲が好きだってこともあると思いますけど。「東京は」っぽい曲がみんなから“合ってる”と思われても歌いたい曲は歌っていきたいと思っているので、そこにとらわれずにいろんな自分を自分らしく表現できたらいいなと。こういうカッコ良い感じの曲を作るのは好きですね。

この曲はどんな流れで作っていったんですか?

この曲はギターから作っていきました。今まで作ってきた楽曲の欠片を置いているので、周りの方と相談しながら“次はこれをやっていこう”と決めたものをフルサイズで作って、それをアレンジャーさんに編曲をお願いする流れでしたね。

なるほど。アレンジ前とアレンジ後で変化はありましたか?

“こんなになったか!”と思いました(笑)。カッコ良い仕上がりでしたね。アレンジでガッと変わるからマジックみたいで。

私は『雨の跡』も聴いてから「さよならトワイライト」を聴いたので驚きが少ないほうかもしれませんが、「東京は」から門脇さんの曲を聴き始めた人はかなり驚くでしょうね(笑)。それくらい衝撃がありました。歌詞に関しても“トワイライト=微光”にさよならなので、希望の光に対する“諦め”を表すかと思えば、そうではなく“負けたくない”という気持ちが表れていますね。

生ぬるい感じの空気感とか“前にも進めないし後戻りもできない”という中間地点にいるのが“微光”というか“トワイライト”だと思ってて。そこから“さよならしたい”という想いを込めました。

希望を掴み取るというよりは、今いる現状から離れたいと。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』