yukaDD(;´∀`)、関係者限定ライブ
で魅せたソウルフルなステージ

とにかく、圧倒された。「Bubble Up(Chinese Ver.)」の最初の発声を聴いた時、場の空気が変わるのを感じたのだ。グローバルなシーンを見据えたスケール感のある楽曲を、ソウルフルな声で歌い上げるyukaDD(;´∀`)(読み:ユカディーディー)。11月26日、Billboard Live TOKYOにて行われたコンベンションライブ(関係者限定ライブ)、そこでは僅か4曲の披露に止まったものの、彼女のアーティストとしての可能性を示すには十分な時間であった。

Photography_Nozomi Nakajyo
Text_Ryutaro Kuroda
Edit:Miwo Tsuji


EXILEJUJUのヒット曲を手掛けるなど、数多くの実績を誇る音楽プロデューサー・Jin Nakamura主催のオーディションで見出されたシンガー・yukaDD(;´∀`)。メジャー1st シングル『Carry On』は、ロサンゼルスでレコーディング。2020年1月にワーナーミュージックジャパンからデビューし、今年5枚のシングルを発表。「Carry On」が映画『シグナル100』の主題歌になったこともあり、既に耳にしているリスナーもいるだろう。来年以降、本格的に表舞台へと飛び出すことが期待される新鋭だ。

「Bubble Up(Chinese Ver.)」で始まったこの日の編成は、ドラム、キーボード、マニュピレーター、そしてふたりのダンサーの含めた計6名。鍵盤が軽やかにメロディを奏で、緩急自在のドラムがダイナミズムを生み出す中、ダンサーふたりが楽曲の景色を演出。その中央でyukaDD(;´∀`)が強烈な存在感を見せていく。ミステリアスかつ壮大な「Bubble Up(Chinese Ver.)」は、迫力のある歌唱力を持った彼女の真骨頂だろう。上昇志向と闘争心を歌うその曲は、将来への決意表明のようでもある。
「HIGH SCHOOL FUNK!!!」は腰を揺らすリズムと意気揚々としたサックスの音が気持ち良いファンクナンバー。もしこの場にファンが集っていたら、一層華やかな舞台になっていただろう。それにしても、独特のタイム感でグルーブを生み出すドラムもとびきりクールだ。

ここで一旦ダンサーふたりは舞台を後にし、ピアノの音だけでクリスティーナ・アギレラの「Beautiful」をカバー。静けさを際立たせる鍵盤の音色が、逆説的に彼女の声の持ち味を引き出していたように思う。アギレラの歌に心を打たれ、歌手の道を志したというyukaDD(;´∀`)。Jin Nakamuraも、オーディションで聴いたこの曲で衝撃を受けたという。まさに彼女の道しるべとなるような楽曲である。
さて、最後は先日リリースされた「Superhero(Japanese Ver.)」である。この日唯一の母国語での歌唱は、彼女の素の魅力を浮かび上がらせていたように思う。慣れ親しんだ言葉でのパフォーマンスは表情もどこか柔らかく、「もっと上を目指して頑張っていきます」というMCも、ストレートに響いてきた。
4曲を異なる言語と音楽性で聴かせたのも、ジャンルや国籍といったボーダーを超える存在になることを目指しているからに他ならないだろう。今年リリースされたすべての楽曲で、日本語、中国語、英語の3ヵ国語のバージョンを歌ったのも、ワールドワイドな活動を視野に入れているからこそ。歌唱力の鍛錬はもちろん、ダンスや語学の勉強にも余念がないというyukaDD(;´∀`)は、2021年から本格的にギアを上げていくはずだ。

「グラミー賞を獲れるポテンシャルを持ったアーティストを探していた」というJin Nakamuraが認めた原石、yukaDD(;´∀`)。彼女がこれからどんな活動を見せていくのか、是非注目していたい。

<セットリスト> M1. Bubble Up(Chinese Ver.) M2. HIGH SCHOOL FUNK!!! M3. Beautiful(クリスティーナ・アギレラ カバー) M4.Superhero(Japanese Ver.)

yukaDD(;´∀`)

公式サイト
https://yukadd.com/
Instagram
https://www.instagram.com/yukadd_official/
Twitter
https://twitter.com/yukadd_official
Youtube
https://www.youtube.com/yukadd

yukaDD(;´∀`)、関係者限定ライブで魅せたソウルフルなステージはミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着