L→R 永瀬りか、菜月アイル、宇野みずき、なぎさりん、杉本莉愛、夏井さら、磯野未来

L→R 永瀬りか、菜月アイル、宇野みずき、なぎさりん、杉本莉愛、夏井さら、磯野未来

【CANDY GO!GO! インタビュー】
レベルが確実に
3段階くらい上がりました!

いろんな人間性が見える
一枚になりました

カップリングの「Love is self-restraint」は宇野さんが作詞を?

宇野
はい。作詞は初めてでしたし、期間が1週間もなかったので、いろんなアーティストさんの曲を聴きながら考えました。ない脳みそを絞って書いたのがこれです。

公式Twitterでは“問題作”って書いてありましたよね? 今、恋をしている女の子の気持ちを描いているから“問題作”とされたのかも。

杉本
重い恋愛を歌いがちなCANDY GO!GO!の中では、こういうザ・女の子な曲が珍しいのかもしれないですね。“CANDY GO!GO!にもついにこういう曲が!”って思いました。
宇野
片思い系ですからね。でも、内容は妄想です(笑)。
なぎさりん
私がラブソングの歌詞を書いたら“恨み”“嫉妬”の曲になるでしょうね…。
磯野
私が書いたら“早く気づけ!”って怒るタイプの歌詞になる(笑)。
菜月
みずきんぐ(宇野の愛称)らしくて可愛いらしい歌詞ですよね。ライヴでも可愛いらしさを感じていただけると思います。

同時に「Deep Surrender」みたいなパンチの利いた曲も収録されているのがCANDY GO!GO!らしいですね。

杉本
「Deep Surrender」では新しいテイストも感じていただけると思います。この曲が描いているのは恋だけじゃないんですよね。みなさんそれぞれが思い浮かべる諦めたくないものに当てはめて聴いていただきたいです。私はカッコ良い系の曲を歌っている自分の声を聴くと凹むことが多いんですけど、この曲はこの声だからこそできるカッコ良さを表現できました。《No no no no no no》のシャウト気味のところが楽しいなと思って歌っています。
なぎさりん
ロックスターみたいにマイクスタンドを傾けて歌うのが似合いそう。『オーダーセレクトライブ』で歌ったんですけど、私には似合わない感じもあって面白かったです。

なぎささんが作詞をした「ひあそび」は、かなり重い男女の姿を描いていますね。

なぎさりん
最初に曲を聴いた時にドロドロした昼ドラっぽいイメージが浮かんだので、それを歌詞にしてOKBさんに渡したら“重すぎる”と言われてバトりました(笑)。タイトルも最初は“火遊び”だったんですけど、“ポップに見えるように、せめてひらがなにしてくれ”と。男の浮気と女の浮気の価値観の違いをテーマにしている曲で、男は一線を引けるけど、女の人は会えば会うほどハマっていっちゃう人が多い…っていうことを表現しました。
夏井
この曲のBメロを歌わせていただいたんですけど、気持ちの部分が本当に分からなくて(笑)。困ったので、レコーディングまでにドロッドロの昼ドラや映画をたくさん観ました。とにかく病まなきゃって思って虫の画像を検索して気持ちを作ったりもして、この歌は難しかったです。

(笑)。「Love is self-restraint」と「ひあそび」が一緒に入っているシングルって、冷静に考えるとすごいです。

なぎさりん
落差が激しいですよね。メンバーのいろんな人間性が見える一枚になりました。

この作品を経て、2021年はどのように活動していきたいと思っていますか?

なぎさりん
“夢をかなえてゆくだけだよ”!
全員
“もう”!
なぎさりん
まさに「Since 2010~」の歌詞みたいな気持ちです(笑)。

取材:田中 大

シングル「Since 2010~」2020年12月9日発売 ONEtoONE RECORDS
    • 【TYPE A】(CD)
    • OTOR-20203
    • ¥1,200(税込)
    • 【TYPE B】(CD)
    • OTOR-20204
    • ¥1,200(税込)
CANDY GO!GO! プロフィール

キャンディーゴー!ゴー!:2010年より活動を開始した、渋谷系ガールズロックユニット。アイドルのかわいらしさとガールズロックのカッコ良さをミックスした“アイドロック”という音楽スタイルを形成し、渋谷エリアを中心に月間20本以上のライヴを行なう。都内だけでなく、全国に活動の幅を広げ、19年3月には初の名古屋でワンマンライヴを開催。20年は結成10周年を迎え、シングル「Since 2010~」をリリースした。CANDY GO!GO! オフィシャルHP

「Since 2010~」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着