菅田将暉のナレーションも一部公開
ドキュメンタリー映画『過去はいつも
新しく、未来はつねに懐かしい 写真
家 森山大道』予告編を解禁

2021年4月30日(金)より公開されるドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』から、予告編が解禁された。
『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』は、写真家・森山大道の素顔に迫るドキュメンタリー。森山は、菅田将暉宇多田ヒカル木村拓哉ONE OK ROCKなど多数の俳優・アーティストらを積極的に撮影し続け、2019年には“写真界のノーベル賞”ハッセルブラッド賞を受賞。80歳を超える現在も現役で活躍している。本作は、1968年に出版され、幻の作品集として半ば伝説となっていた森山のデビュー写真集『にっぽん劇場写真帖』を復刊するプロジェクトに密着し、森山の撮影する姿だけでなく、造本家や編集者とやりとりする様子なども収めているという。

予告編では、菅田将暉によるオープニングナレーション(冒頭映像コメント)の一部も公開。本編では、冒頭で4分間にわたって菅田が森山について語っているという。もともと森山氏の写真が好きで、高校時代からその写真集を見ていたという菅田。同じ大阪・池田の町に生まれ育ったという共通点も持つ二人は、2016年に新宿ゴールデン街で行われた映画『あゝ、荒野』のポスター撮影で初めて出会った。「大道さんに撮ってもらうことは、この上ない喜びだった」という菅田は、森山のドキュメンタリー映画が制作されると聞き、快くナレーションを引き受けたという。菅田の言葉から始まる予告編では、街角でスナップショットを撮る森山氏の姿のほか、「ピントが合わなかったら合わなかったでいいんじゃないの」などと、森山氏がくだけた言葉で語る様子も収められている。
(c)『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』フィルムパートナーズ
『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』は2021年4月30日(金)、新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着