花江夏樹《コメント到着》『恋あた』
オリジナルストーリーに“大福役”で
出演 番外編も急遽配信決定

花江夏樹が、Paraviオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』第5話(12月1日配信)にゲスト出演する。花江が演じるのは、主人公・スーのペットハリネズミ“大福”。花江のコメントとあわせて紹介する。
Paraviオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』は、TBSで現在放送中の火曜ドラマ『この恋あたためますか』の主人公・井上樹木(森七菜)の親友である、スーこと李思涵(古川琴音)を取り巻く”恋の四角関係“を描いている。コンビニ「ココエブリィ」を舞台に、スー、バイト仲間の碓井陸斗(一ノ瀬颯)、店長の上杉和也(飯塚悟志)、そして常連客の石原ゆり子( 佐野ひなこ )が繰り広げるラブコメディだ。
【コメント】花江夏樹「楽しんでやれた!」
Q.ハリネズミの“大福”を演じてみていかがでしたか?
ハリネズミ役は、おそらく初めてでした。“大福”は見た目が可愛いですが、喋り方や声のトーンはかっこよく、男前なところを出してくださいということだったので、ギャップを意識して演じさせていただいたんですけれども、すごく楽しかったですね。(登場人物たちの)恋を全部わかっていて、恋愛上級者のようで楽しかったです。
Q.主人公・スーの恋はどのように見えましたか?
ちょっともどかしく感じましたが、スーと陸斗がお互いに探りを入れている感じが、「そういう時間も楽しいのかな」と思いました。
Q.第5話の見どころをお願いします。
大福が家を飛び出してコンビニへ行ったりするのですが、大福のおかげで恋が進展する部分もあるので、そういう活躍を「実はこういうことをやっているんだ!」と見て楽しんでいただけたらいいなと思います。
花江が演じるハリネズミ“大福”は、可愛い見た目だが、声や口調は男前という設定。収録当日、制作陣からの「かっこよく、男前に」というオーダーに花江は見事に応え、男前な“大福”を演じきった。“大福”は、『この恋あたためますか』と『その恋もう少しあたためますか』に毎回登場しているが、声を聞けるのは今回が初めて。これまでは静かに恋の行方を見守っていた“大福”が、どんな声でどんな言葉を話すのか。
第5話は“大福”が大活躍
『その恋もう少しあたためますか』第5話は、12月1日(火)よる10時放送の『この恋あたためますか』放送終了後から独占配信。店長の上杉を好きだと思っていたスーは、自分の陸斗への気持ちに気づき始める…。そんな飼い主・スーの恋を応援するため、花江演じる“大福”がこっそり部屋を抜け出し、コンビニ「ココエブリィ」へ。
果たして「ココエブリィ」の恋に進展はあるのか!?スー&陸斗、上杉&石原のあたたまるまでもう少し時間のかかる恋を、“大福”と一緒に見守ろう。
さらに、12月8日(火)には、『その恋もう少しあたためますか』番外編「あの時、大福の本音!の巻」も急遽配信が決定。花江演じる“大福”目線のショートコンテンツとなっていので、こちらもお楽しみに!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着