これであなたも眠れる!?極上の快眠音
楽登場♬Nekocha the sleepy cat~v
ol.III~ Mannars Sound Mix

最近、ニュースの主な話題はコロナです。毎日のように感染者数を気にしたり、自粛を迫られたりと、どうしてもネガティブ思考になってしまいます。いつしかフラストレーションは溜まりストレスがピークに。そのような状況で眠れない夜を過ごし悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

とにかく、ぐっすり眠りたい方にオススメなのはYouTubeチャンネル「Nekocha the sleepy cat」(ネコチャ ザ スリーピィー キャット。以下ネコチャ)。
当チャンネルは田舎で猫の「Nekocha」(ネコチャ)と都会から離れて暮らしている飼い主の女の子との生活風景をアニメーションで描き、快眠音楽と共に24時間365日グローバルに生配信。
チャンネルコンセプトは「Nekochaはあなたが眠りにつくまで音楽を流し続けます… Nekochaと一緒に深くリラックス&ぐっすり眠れますように」
このネコチャは快眠音楽を定期的にオムニバスアルバムにし楽曲配信していますが、このシリーズ第三弾で最強のコラボ作品が登場しました。
タイトルは「Nekocha the sleepy cat~vol.III~Mannars Sound Mix」。
周波数をもとに製作された快眠音楽に世界保健機構(WHO)が認めた「マナーズサウンド」の【スリーピング】を融合した最高レベルの快眠音楽が完成。夜、ストレスでなかなか寝付けない方、日中少しお昼寝したい方にはうってつけの音楽です。
マナーズサウンドはピアノの調律のように体の乱れたトーンを正しいトーンに調律する役割があります。
このコラボ楽曲はHolosMusicより11月27日配信リリースされ、YouTubeチャンネルでも視聴可能です。
また、お昼寝については以前から注目されており、NASAの宇宙飛行士の実験で昼に26分間の仮眠をとった結果、認知能力が34%上昇、注意力が54%上がったことを発表。さらに世界の一流企業も仮眠スペースや快眠マシンを導入し、仮眠を推奨しています。アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズはかつて「仮眠ができないような会社には来たくない」という名言を残しました。また、発明王のトーマス・エジソンも、夜の睡眠こそ4時間程度でしたが、その代わり昼寝を1~2回とっていたそうです。
しかし、この「Nekocha the sleepy cat~vol.III~Mannars Sound Mix」をお昼寝時に聴き気持ち良くなりすぎて、寝過ごしてしまわないように要注意!!!
コロナ禍で何かと気疲れをしてしまう世の中ですが、「Nekocha the sleepy cat」を観ているとポジティブに前を向いて歩きたくなる、そんな気分にさせてくれる癒しコンテンツです。
【マナーズサウンドとは】
私たちの身体の中の細胞が協力し合って活動して生命機能を守っている様子、それは様々な楽器音が調和してひとつの美しい旋律を奏でるオーケストラの楽曲に似ています。ですが、各楽器の調律が狂っていてアンバランスな音になっていたらオーケストラは成立しません。
英国のマナーズ博士(医学博士ドクター・サー・マナーズ。人類に貢献した功績から”サー=Sir”の称号を受けています)は、半世紀以上にわたる研究で「人体の器官や臓器の細胞が健康なときに発信している音(振動)」を分析・解明。その音を乱れた細胞を持つ身体に聞かせることによって、細胞が共鳴して健康な状態に戻るということを発見しました。
その原理を応用して作られた音が『マナーズサウンド』なのです。
この理論はマナーズ博士の「サイマティクス音響振動療法」に基づくもので、代替治療の一つとして国連や世界保健機構(WHO)にも認められています。
「Nekocha the sleepy cat~vol.III~Mannars Sound Mix」YouTubeチャンネル
(7) Nekocha the sleepy cat ~vol.III~ Mannars Sound Mix- – YouTube
「Nekocha the sleepy cat~vol.III~Mannars Sound Mix」各配信サイトへリンクURL
https://linkco.re/q14gHV8c
「Nekocha the sleepy cat 」Twitter
http://worldcore.jp/holosmusic/about
HolosMusic YouTubeチャンネル
マナーズインターナショナル株式会社 (manners-inc.jp)
ワールドコア株式会社HP

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着