キャッチコピーは「ゲイジュツはバクハツだ!」

キャッチコピーは「ゲイジュツはバクハツだ!」

押井守総監督「ぶらどらぶ」つげ義春
パロディも飛び出す本予告公開 12月
に1話を無料配信

キャッチコピーは「ゲイジュツはバクハツだ!」(c) 2020押井守/いちごアニメーション 押井守が原作・脚本・総監督を務めるオリジナルアニメ「ぶらどらぶ」のキービジュアルと本予告が公開された。あわせて、12月18日に第1話特別版が公式YouTubeチャンネルで無料配信されることも明らかとなった。
 同作は、献血マニアの女子高生・絆播貢(ばんば・みつぐ/CV:佐倉綾音)が、美少女吸血鬼のマイ(CV:日高里菜)に血液をあたえるため学内に献血部を設立する学園コメディ。押井総監督のほか、監督を西村純二、音楽を川井憲次が務める。
 キービジュアルは、これまでのシリアスなものから一転してメインキャラクターのコミカルな表情を映したドタバタ風のビジュアルに。3分弱の本予告では、キャスト陣の声をおさめながら、メインキャラクターを紹介。自主規制の文字で画面の一部を隠したりピー音を交えたりするなどなんでもありのテイストで、つげ義春の漫画「ねじ式」のパロディも交えられている。
 押井総監督から、作品の狙いについてコメントが寄せられた。コメント全文は以下の通り。
 ガール・ミーツ・ガールを真面目にやりたくて。人と人の繋がりの話。だから「血」なんです。「血縁」とか、「血で繋がった友達」という言葉もありますが、僕は真面目に「血」の話をやりたかった。
 だから「吸血鬼」。「血を吸う」とは象徴的な行為かもしれないけど、いろんな意味で象徴的に「血」の話にしようと考えたんです。そして吸血鬼を扱うということは、同時に異文化の話でもあって。異文化であり、いわゆる人外(じんがい)。人間なんだけど人間じゃないもの。ある種の宿命として誰かの供犠(くぎ)であり、誰かの犠牲の上でしか生きられない存在。そうした異質なものとの出会い、それが繋がっていく話。血の話となると、暗くて陰惨になりがちなんだけど、そうじゃなく割と軽やかにやってみたかったんですよ。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着