L → R カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ

L → R カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ

【超特急 インタビュー】
今回の配信曲はセンターの
メンバーそれぞれの
新しい“らしさ”がある

自分たちがステージに立った時の
想いや野心が伝わってくる曲

(笑)。続いて第二弾の「Never Mine」は切ないR&Bラヴソングで、センターはカイさんという。

ユーキ
「Never Mine」はカッコ良いですよね。この曲は本当に浸れるので、カイにぴったり!
タカシ
もちろん曲調としてはカイのセンターに納得なんですけど、歌詞の内容的には「Body Rock」(2019年11月発表のシングル「Revival Love」収録曲)みたいな恋愛真っ最中の世界観ではなく、ふたりの関係が終わりを迎えるタイミングの話になっているのが、僕的には新しいかなぁって。
ユーキ
引きずらないからね、彼本人は。
カイ
僕のタイプとは真逆(笑)。

究極のポジティブ思考で、常日頃から“嫌なことがあってもすぐ忘れる”っておっしゃってますもんね。

タクヤ
だから、楽しみですね。《しがみついては 僕は壊れていくよ》と歌っているくらいなので、ズルズルに引きずってもらう姿が楽しみでしょうがない!
カイ
未練タラタラでね(笑)。しかも、サビが結構シンプルで、ひたすら“Never Mine”って切ないワードを繰り返しているだけっていう、その強調具合がすごい! 
タカシ
サビに歌詞がないタイプの楽曲で、まさに洋楽。
カイ
そう。ほぼ音だけで、あそこまで高いタカシのファルセットが続くのも珍しいし、パフォーマンスは結構エモーショナルになる気がするんですよ。シックに踊っていくというよりは曲が進むにつれて感情が爆発する系。
タクヤ
意外とセクシーじゃないのかもね。「Body Rock」とかとは違う。
タカシ
うん。質感で言うとわりとマットな感じで、艶感はそんなにないかも。

なるほど。そして、第三弾の「凱歌」。“こんな激しい曲のセンターをタクヤさんが務めるなんて!?”と、個人的に一番意外でした。こういうロック系の曲って従来なら…

タクヤ
ユーキですよね、絶対に。
ユーキ
“秘めたアツい気持ちをタクヤはどう表現するんだろう?”と思ったら、ちょっと楽しみではある。
リョウガ
日本語の歌詞にビックリマークついているのも珍しいよね。
カイ
そもそも漢字のタイトルが珍しい。
タカシ
音だけ聴いたら“海外のお金かなぁ?”って。
タクヤ
外貨?(笑) 歌詞はすごくシンプルなんだけど単語は意外と難しかったりして、なんか僕たちのことを歌っているような感じがするんですよ。8号車に向けてとかじゃなく、自分たちがステージに立った時の想いや野心っていうものがすごく伝わってくるのが気持ち良いですね。

超特急を意味する“bullet train”というワードが入っていたり、締め括りは“必要なのはライヴだけ”という意味の英語だったり、今の状況にもぴったりの歌詞ですよね。

タクヤ
曲はすごくロック調でハードな感じがあるんで、パフォーマンスが楽しみですよね。この一曲で疲れきって、ぶっ倒れちゃうかも。
カイ
この曲、スタジアムとか大きな会場でやる時に、ド頭でやったら超カッコ良いと思う。炎を出しながらとか。
ユーキ
第四弾の「So Crazy」も曲調はカッコ良い感じで、これまでリョウガがセンターをやっていた曲とはちょっと違うから、これも8号車も喜ぶと思います。
リョウガ
なので、ちょっとどうしていいか分からないところもあったりするんですけど、その分、楽しみでもあります。

とはいえ、デート中に自分の中の天使と悪魔が戦うという歌詞は、リョウガさんっぽくありません?

ユーキ
そうですね。でも、こんなデートプランとか考えたことないだろうし。
リョウガ
(ユーキに向かって)“So Crazy”ですね。いや、でも、ちょっと考えさせられますよ。本当の自分がどっちだか分かんなくなるっていう人間の二面性の話じゃないですか。僕も自分では陰キャの自覚があるし、そう公言しているけど、8号車の中には“本当は陽キャなんじゃない?”って言ってくる人もいたり。

メンバーから見るとどっちなんでしょう?

タカシ
なんだかんだ陽キャだと僕は思いますね。だって、コミュニケーション能力低くないですもん!
タクヤ
陰キャだって言って自分を守ってるだけなんですよね。本当はできるのに、こっちから見ているともったいないんですよ。思いきって「凱歌」みたいな曲をやってみれば? そろそろ生まれ変われよ!

「So Crazy」もエレクトロな曲調的には従来の枠を破った感もあるので、今後に期待ですね。

リョウガ
そうですね。いつの間にかセクシーキャラになっているかもしれないので、よろしくお願いします!
ユーキ
「So Crazy」も意外と化けそうだしね。
リョウガ
歌詞はコミカルなところもあるけど、そう意味では今回はおふざけ曲がない。
カイ
うん。それぞれ別方向のカッコ良さがある。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着