欅坂46「二人セゾン」は自分の存在価値を教えてくれた「君」へ贈る歌

欅坂46「二人セゾン」は自分の存在価値を教えてくれた「君」へ贈る歌

欅坂46「二人セゾン」は自分の存在価
値を教えてくれた「君」へ贈る歌

耳に残る印象的なサビから始まる

欅坂46 『二人セゾン』
欅坂46は2015年に結成されたアイドルグループ。
1stシングル『サイレントマジョリティー』を発売し、「笑わないアイドル」として有名になりました。
不動のセンター・平手友梨奈が2020年の1月に脱退し、10月14日に「櫻坂46」として再始動。
秋元康作詞の『二人セゾン』は、2016年11月30日にリリースされた欅坂46の代表曲で、タイトルの「セゾン」はフランス語で「季節」という意味を持ちます。
洗練されたメロディに、垢抜けていない可愛らしい歌声が特徴的な『二人セゾン』にはどのような意味があるのか、歌詞から読み解きます。
二人セゾン 歌詞 「欅坂46」
https://utaten.com/lyric/to16112912
冒頭は耳に残るメロディから始まります。
「春夏」「秋冬」といった歌詞から、一年の思い出を振り返っている姿が想像できるのではないでしょうか。
この一部分で2人の「出会い」と「別れ」が伺えます。
本当の「僕」に出会うきっかけをくれた「君」
二人セゾン 歌詞 「欅坂46」
https://utaten.com/lyric/to16112912
この歌詞の主人公は「僕」。『二人セゾン』のMVを見ると、年齢は高校生くらいだと推定できます。
「僕」は道端の雑草を自分自身に例えているのでしょう。
クラスでも友達を作らず、常に音楽を聴いていて過ごしている姿が想像できます。
自分から行動するのが怖かったのかもしれませんね。
そこに突然現れた「君」は、「そのままだともったいない。自分から愛を受け入れて」と「僕」に伝えます。
正反対の性格である「君」と「僕」の出会いが描かれています。
「モノクロ」の世界で生きていた「僕」に「君」が教えてくれた
二人セゾン 歌詞 「欅坂46」
https://utaten.com/lyric/to16112912
ここの歌詞では「僕」が「君」に向けて歌っていると同時に「君」の人物像も見えてきます。
明るく天真爛漫な「君」。
「君」は狭い世界で生きていた「僕」の見ている景色を変えてくれました。
「春」「夏」「秋」「冬」それぞれの季節にイメージカラーがありますよね。
「僕」はきっと全部同じ色に見えていたのでしょう。そこに色を差してくれたのは「君」だったのです。
「四季」のように人も日々生まれ変われる
二人セゾン 歌詞 「欅坂46」
https://utaten.com/lyric/to16112912
ここの歌詞では「僕」に「君」が教えてくれたメッセージが並べられています。
「別れ際」という歌詞から「僕」と「君」は別れた様子が伺えます。
ところが「僕」は別れに対して後ろ向きでなく、前に向かって歩き出している姿が想像できるのではないでしょうか。
「世界はカラフルで素晴らしい」と教えてくれた「君」に感謝している「僕」。
『二人セゾン』は、「出会い」や「別れ」を恐れる人たちに向けた「自ら行動していこう。別れは決してマイナスではなく、自分が前に進んでいる証拠」といったメッセージが込められた応援ソングなのです。

TEXT Risaco

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着