SUGIZO Photo by Tatsuo HATA

SUGIZO Photo by Tatsuo HATA

SUGIZO、12年振りに
KenKen等が参加する
サイケデリック・ジャムバンド
SHAGの再始動を発表

ソロワーク、LUNA SEAX JAPANをはじめ、様々なプロデュース、セッション、コラボレーション等、八面六臂の活動を続けるSUGIZOが、2000年代初頭にクラブ&レイヴシーンを中心に推進したジャムバンド「SHAG」のメンバーを再編成し新たなコンセプトを基に12年ぶりに再始動することを発表した。

再始動初公演となる『SUGIZO's SHAG』を12月6日(日)、7日(月)に東京・BLUE NOTE TOKYOにて、2DAYS公演として開催。7日(月)の公演は、PIA LIVE STREAM、e-plus streaming+、ZAIKOにてライヴ配信される。

様々な強者奏者達が往来した’00年代当初は、ターンテーブリストが繰り出すビートを軸にダブ、ヒップホップ、ファンク、アンビエント、ノイズ等をサイケデリックに融合した即興演奏を主体としていたSHAG。2020年、リリース半世紀記念となるマイルス・デイヴィスの金字塔「Bitches Brew」リスペクトをコンセプトに、よりドープで過激なインタープレイを展開するべく息を吹き返す。

その布陣は初期SHAGのメンバーでもあったトップベーシストKenKen(Ba)、当代きっての実力派インプロヴァイザー類家心平(Tp)、元Yasei Collectiveの才人 別所和洋(key)、SUGIZOの長年のバンドメイトである鬼才パーカッショニストよしうらけんじ(Per)、そして驚異の新世代超絶技巧派 松浦千昇(Dr)。「最もエクストリームな2020年代のジャズ」になるという新生SHAG。6人の奇才によって織りなされる、予想不可能なスリル、美しき恍惚のジャムを是非体験してほしい。

◎SUGIZO’s SHAG 2020 編成
SUGIZO (Guitar, Violin)
KenKen (Bass)
類家心平 (Trumpet)
別所和洋 (Keyboard)
よしうらけんじ (Precession)
松浦千昇 (Drums)
・過去参加メンバー
Mick Karn (Bass)
松田“FIRE”卓己 (Bass)
TOKIE (Bass)
かわいしのぶ (Bass)
BAKU (Turntable)
SAK (Turntable)
K-Ta (Vibraphone)
田中邦和 (T.Sax)
たどころ~る (Kalimba)
Greg Ellis (Drums)
山根麻以 (Vocal)
etc…

※SUGIZO アーティスト写真
Photo by Tatsuo HATA

『SUGIZO's SHAG』
公演情報

開催日&場所:12月6日(日)、7日(月) 東京・BLUE NOTE TOKYO
開場/開演:
12月6日(日)
[1st] Open 4:00pm Start 5:00pm
[2nd] Open 7:00pm Start 8:00pm
12月7日(月)
[1st] Open 5:30pm Start 6:30pm
[2nd] Open 8:30pm Start 9:15pm

<チケット>
料金:
◎会場でのご観覧
¥9,000(税込)
※12月7日(月)2nd Show は、配信用のライヴ撮影を予定しています。
サイドエリア L(1~2名様)1名様 ¥9,000(税込)
サイドエリア R [1~3名様)1名様 ¥9,000(税込)
カウンター[1名様)¥9,000(税込)
ボックスシート センター(6名様)1名様 ¥12,300(税込)
ボックスシート センター(4名様)1名様 ¥12,300(税込)
ボックスシート ペア(2名様)1名様 ¥12,300(税込)
ペアシート センター(2名様)1名様 ¥11,750(税込)
ペアシート L/R(2名様)1名様 ¥11,750(税込)
サイドボックス(2名様)1名様 ¥11,200(税込)
サイドソファー(1名様)1名様 ¥10,100(税込)
アリーナシート(1~2名様)1名様 ¥10,100(税込)
◎配信でのご観覧
・一般:¥3,000(税込)
Jam Session会員:¥2,000(税込)
※アーカイブ配信視聴期間:12月10日23:59まで
・先行予約
【Jam session会員先行】11月11日(水) 12:00~
・一般予約
【ブルーノート東京 INET】11月14日(土) 12:00~
【ブルーノート東京 電話】11月16日(月) 12:00~

配信プラットフォーム:ぴあ PIA LIVE STREAM、e-plus streaming+、ZAIKO
主催:株式会社ブルーノート・ジャパン
問い合わせ:BLUE NOTE TOKYO
SUGIZO Photo by Tatsuo HATA

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着