京都にて『京都市交響楽団×石橋義正
パフォーマティブコンサート「火の
鳥」』開催決定、さまざまな演出が凝
らされた新しいオーケストラコンサー

2021年1月17日(日)、ロームシアター京都 メインホールにて『ロームシアター京都開館5周年記念事業 京都市交響楽団✕石橋義正 パフォーマティブコンサート「火の鳥」』が開催される。
本コンサートは、作曲家イーゴリー・ストラヴィンスキーの没後50年となる2021年に開催されるもの。20世紀初頭のロシアで誕生し、当時最先端の才能とコラボレーションを行なってきた、バレエ団「バレエ・リュス」のスピリットにインスパイアされた、音楽・舞踊・美術が融合した、通常のシンフォニー・オーケストラとは異なるスタイルによる“パフォーマティブコンサート”。
演奏は、通常のコンサートやオペラ、バレエの演奏にとどまらず、ポップスアーティストとのコラボレ ーションなど幅広い顔を持つ京都市交響楽団。演出を手がけるのは、『オー!マイキー』 などの映像作品でも知られ、京都を拠点に活動する映像作家の石橋義正が担当し、舞台美術や映像などを用いた、これまでにない新しいオーケストラコンサートとなる。
また、「火の鳥」を中心とした5つの名曲に、テーマに沿ったさまざまな演出が凝らされ、「花火」は、男子新体操部による、華やかな打ち上げ花火をイメージさせるようなパフォーマンス。「牧神の午後への前奏曲」は、オーディションで選抜された6名の女性ダンサーと、特異な身体の柔軟 性を持つコントーショニストの茉莉花が共演。「ボレロ」は、ダンサーのアオイヤマダを迎え、ヘアメイクショーのようなステージが展開する。
さらに、歌曲集「シェエラザード」は、ソプラノ歌手として世界で活躍する森谷真理による歌唱に加え、舞台美術としての個性的な衣装が効果的に作用するステージになり、公演タイトルでもある「火の鳥」では、ダンスや照明が交じり合い、壮大なコンサートのフィナーレを飾る。
なお、生演奏のオーケストラコンサートでは初となる、深層振動(超低周波)が使用され、通常の聴覚・視覚以外の新しい体験ができる実験的な試みも行われる。その他詳細は、ロームシアター京都の公演ページをチェックしよう。
チケットは現在、ロームシアター京都と京都コンサートホールのオンラインチケットページや、チケットカウンター、またはチケットぴあとイープラスでも一般発売中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。