ブリティッシュ・スワンプの
草分け的存在として知られる
デイヴ・メイスンの
『アローン・トゥゲザー』

『Alone Together』(’70)/Dave Mason

『Alone Together』(’70)/Dave Mason

デイヴ・メイスンの才能が開花するのは、コロンビアレコードに移籍して初のリリースとなる4thソロアルバム『忘れ得ぬ人(原題:It’s Like You Never Left)』(’73)からである。ブリティッシュロッカーならではの陰影のある曲想とアメリカ西海岸の明るいサウンドが同居したサウンドが独壇場で、特に、ジム・クルーガー、マイク・フィニガン、リック・イエーガーといった馴染みの顔ぶれが揃った5thアルバム『デイヴ・メイスン』(’74)からライヴ盤の7thアルバム『情念(原題:Certified Live)』(’76)までが全盛期と言えるのではないか。今回取り上げる『アローン・トゥゲザー』(’70)は、当時は新興レーベルのブルーサムレコードからリリースされた彼のデビューソロアルバム。コロンビアレコードではポップロックのアーティストとして成功したわけだが、その前に在籍していたブルーサムレコード時代はスワンプロックのテイストにあふれたサウンドで勝負していたのである。リリースされた当時、アメリカのアーティストたちをバックに迎えてスワンプロックをやること自体が珍しかったが、本作を皮切りにエリック・クラプトンの『エリック・クラプトン』(’70)やジョージ・ハリスンの『オール・シングス・マスト・パス』(’70)など、ブリティッシュ・スワンプのアルバムが次々にリリースされ、後のブリティッシュロックシーンに大きな影響を与えることになる。

スティーブ・ウィンウッドとの確執

デイヴ・メイスンはブリティッシュロック界に大きな足跡を残したトラフィックの創設メンバーのひとりである。ヴォーカルだけでなく、ギターやソングライティングに自信を持っている上、自己顕示欲の強いメイスンはウィンウッドと事あるごとに衝突し、デビューアルバムをリリース後に脱退するのだが、しばらくすると舞い戻り、現在はロッククラシックにもなっている名曲「フィーリン・オールライト」を提供する。当時のことをウィンウッドは「メイスンはトラフィックを自分のバックバンドだと思っていたようだ」と回想している。

デラニー&ボニー&フレンズへの参加

トラフィックを飛び出したメイスンは69年に渡米し、デラニー・ブラムレット(デラニー&ボニー)とレオン・ラッセルに面倒を見てもらいながら、本場のスワンプロックの洗礼を受けている。そして、クリーム〜ブラインド・フェイスを脱退したクラプトンとともに、デラニー&ボニー&フレンズのメンバーとしてツアーに参加し、強力なライヴアルバム『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』(’70)をリリースする。このアルバムにはメイスンの代表曲のひとつである「オンリー・ユー・ノウ・アンド・アイ・ノウ」が収められている。

余談だが、この時のツアーメンバーにはカール・レイドル(Ba)、ボビー・ホイットロック(Key)、ジム・ゴードン(Dr)らが参加しており、このあとクラプトンは彼らとデレク&ザ・ドミノスを結成するわけだが、最初の頃のリハにはデュアン・オールマンではなくデイヴ・メイスンが呼ばれていた。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着