44MAGNUMのギタリスト広瀬さとしJIMMYが10月6日に還暦を迎えた。
10月11日の日曜日には西心斎橋SHOVELで「JIMMY 60th Anniversary Live」
~ジミー生誕60周年記念ライブ~ 第1弾を開催する。会場入場チケットは完売。
リアルタイム配信チケットは絶賛発売中だ。
-ジミーさんが還暦を迎えた日に、エディ・ヴァン・ヘイレンがお亡くなりになりましたが。
「エディ・ヴァン・ヘイレンの存在はギタリストとして自分にとっても余りにも大きかった…。十代の頃、彼のスタイルを日夜コピーしたし、44MAGNUMのアマチュア時代もデビュー後もステージでカバーしていた。偉大なるギタリストを亡くして哀しすぎる。青春の素晴らしい経験を与えてくれて本当に感謝…。
R.I.P…」
-還暦を迎えた感想、今後の抱負を教えて下さい。
「『還暦』というより寧ろ『生誕60周年』というニュアンスでは節目を感じてしっくり来ます。デビューしてから約37年、自分なりに精進し続けているつもりだけど、この機会に一度振り返って、納得し切れないまでも今あるスキルを打ち出していかなきゃな、と思うようになりました。でないと一生が学びと吸収のみになってしまう(笑)」
-還暦とは思えない美貌を保っていらっしゃる秘訣(筋トレ、生活習慣)をお聞かせください。
「お世辞で『若い』と言われて、『何か身体に良いことやってるのか?』と聞かれる事もあるけど、何もやっていない。生活時間帯は昔から変わらず不規則で煙草とアルコールは毎日だし、ダメだとは思いながらも暴飲暴食が趣味みたいになっているし、ストレスで苛々も当然しょっちゅうです(笑)」
-最近、ジミーさんは、ソロライブで44MAGNUMの楽曲を歌ってもいらっしゃいますが、そのきっかけを教えて下さい。
「マグナム曲をレパートリーにするのは、線引きとして今までは敢えて避けて来たけど、ファンにも楽しんでもらえて、やはり自分にとってもオリジナル楽曲という意味では究極だしね(笑)」
-ジミーさんのボーカルスタイルは吉川晃司ISSAYを彷彿しますが、ご自身のボーカルスタイルで影響されたアーティスト、目指すアーティスト等、教えて下さい。
「目指すヴォーカリスト、アーティストを考えたことはありません(笑)経験上、ポールとKoJi吉川からの潜在的な刷り込みは多少はあるとも思うけど、特に意識はしていません。だいたいレベルが違うでしょ(笑)俺ギタリストなんで(笑)」
-コロナ禍での想い、配信ライフへの抱負を教えて下さい。
「こうなった以上、マイナスを出来るだけ逆手に取りましょう。危機が無いと進化も生まれない云われているようにね。」
-大阪府文化芸術活動支援事業補助金対応無観客ライブをなさっていらっしゃいますが、アーティストにはどのようなメリットがありますか。
「日頃、良くしてもらってお世話になっているライヴハウスには、やはりフォローはしたいですね。ライヴハウス経営もコロナ禍でなくとも日頃から余裕があるわけでは無いとは思うしね。」
-ジミーさんがかつて楽曲提供なさった三原じゅん子さんが厚生労働副大臣に就任したことについての感想を教えてください。
「’80年代前半に楽曲提供したアルバム『JUNKO』のそれまでのイメージと違った。パワフルで潔いヴォーカルスタイルがとても良かったし、気に入っていた。
彼女を政治家としてまだ未知数でしか知らないが、エネルギーを感じる。持ち前の高潔さと存在感で、清く斬新な政策を期待していきたいですね。世界情勢の急速な変化とコロナ禍もあって、ここからは日本の頑張り時だと思うしね。」
文章: 野島茂朗(音楽ジャーナリスト)

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着