GiraffageとAnton Kruegerによる新プ
ロジェクト=Singularity Boys、〈T
REKKIE TRAX〉より1st EPリリース

GiraffageとAnton Kruegerによるニュー・プロジェクト、Singularity Boysが始動。1st EP『Flutter』を〈TREKKIE TRAX〉より本日10月2日(金)にリリースした。
〈Kitsune〉や〈Ninja Tune〉のサブ・レーベル〈Counter Records〉、〈Fool’s Gold〉など名だたるレーベルからリリースを行うだけでなく、〈Mad Decent〉が主宰する『Block Party』やPorter RobinsonやFlumeのツアーにも帯同するプロデューサー・GiraffageことCharlie Yin。Singularity Boysは、そのGiraffageと彼の専属ヴィジュアル・アーティストとして活躍するAnton Kruegerによるマルチ・メディア・プロジェクト。

新型コロナウイルス感染拡大が続く中、テキサス州とコロラド州に住む両名はその距離をテレワークを活用し縮め、ともにセッションを繰り返し楽曲制作を行ったという。本作はテキサス州とコロラド州に跨るサンルイス渓谷の自然とテクノロジーからインスパイアされたという繊細ながらも壮大なブレイクビーツに加え、食品まつり a.k.a foodmanによるリミックスも収録されている。

Flutter by Singularity Boys(https://bandcamp.trekkie-trax.com/album/flutter)


【リリース情報】

Singularity Boys 『Flutter』

Release Date:2020.10.02 (Fri.)
Label:TREKKIE TRAX
Tracklist:
1. Flutter
2. Zero Sweetener
3. UNO
4. UNO (食品まつりa.k.a foodman Remix)

■Singularity Boys: Instagram(https://www.instagram.com/singularityboys/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着