ポルノグラフィティ「愛が呼ぶほうへ」は誰目線?歌詞の描き方に注目

ポルノグラフィティ「愛が呼ぶほうへ」は誰目線?歌詞の描き方に注目

ポルノグラフィティ「愛が呼ぶほうへ
」は誰目線?歌詞の描き方に注目

「愛」を擬人化した視点が斬新

ポルノグラフィティ 『愛が呼ぶほうへ(short ver.)』
『愛が呼ぶほうへ』は2003年11月6日に発売された、ポルノグラフィティ13枚目のシングルです。
ジャケットに映っている大きな矢印は「愛が呼ぶ」方向を指し示しているようで何か意味がありそうですよね。
新藤晴一が作詞を担当した『愛が呼ぶほうへ』における注目ポイントは「愛」という目に見えないものを擬人化したことにあります。
歌詞に登場する「僕」は「愛」であり、楽曲全体が「愛」の視点から描かれているように感じ取れます。
そんな視点も、新藤晴一らしさ。世界を常に人とは違う角度から切り取る、新藤晴一ワールド全開です。
ぜひ、歌詞だけでなく視点にも注目してみてください。
それでは、歌詞の内容に触れていきましょう。
「僕」の正体は?
愛が呼ぶほうへ 歌詞 「ポルノグラフィティ」
https://utaten.com/lyric/ja00011203
背中に突き刺さる冷たい雨。吹き付ける風。心が折れそうになった時、そっと差し伸べる手。
優しく導くように、包み込むように語りかける口調が印象的です。
愛が呼ぶほうへ 歌詞 「ポルノグラフィティ」
https://utaten.com/lyric/ja00011203
初めての失恋でしょうか。まだ幼さの残る心に負った傷を癒やしてくれるのは、一緒に泣いてくれた友達の存在です。
家を出て独り立ちをする日、何も言わずに見送った父が、背中に隠した涙。
それを人知れず受け止めるのは、一体誰でしょうか?

愛が呼ぶほうへ 歌詞 「ポルノグラフィティ」
https://utaten.com/lyric/ja00011203
愛が呼ぶほうへ 歌詞 「ポルノグラフィティ」
https://utaten.com/lyric/ja00011203
ここで初めて「僕」が登場します。
「My name is love」と名乗っている通り「僕=愛」なのでしょう。
失恋を一緒に泣いてくれる友達の隣で微笑むのも、背中で泣いた父親を見守っていたのも「僕」。
どこか不思議な距離感を持って描かれていたのは「僕」が誰の目にも見えない存在だったからなのです。
「遠くから近くから君のこと見ている」と歌詞にもあるように、「僕」は常に人々の心に寄り添い、大きな愛で見守っているのです。
「愛が呼ぶほう」には何がある?
愛が呼ぶほうへ 歌詞 「ポルノグラフィティ」
https://utaten.com/lyric/ja00011203
愛が呼ぶほうへ 歌詞 「ポルノグラフィティ」
https://utaten.com/lyric/ja00011203
「愛」は、目に見えないものの、常に側にいて見守ってくれている。
そんなメッセージの込められた『愛が呼ぶほうへ』は、まさしく愛に溢れた楽曲です。
どんなに孤独を感じても、世界に味方が1人もいないように思える時でも、「愛」だけは「遠くから近くから」見守ってくれている。
このことを忘れないでおけば、心のよりどころを見失わずにいられそうですね。

TEXT 岡野ケイ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着