ポップスとして聴かせる、PJ Callow
ayの“ルーツ系音楽”

親しみやすく昇華して

コロナは悉く、目の前の当たり前を変えていった。三密になるようなライブは当たり前じゃなくなり、多くの人は働き方も刷新。いいことのほうが少ないかもしれないが、この自粛によって自身の活動や音楽と向き合ったアーティストがいたのも事実だろう。PJ Callowayが本格始動したのも、そんな背景があるような気がしてならないのだ。

彼らは、2015年に東京で結成した“ルーツ系音楽ユニット”だ。数々のライブやレコーディングを重ね、2020年8月に1st シングルをリリースした。
PJ Callowayの魅力は、ボサノヴァやブルースの文脈を引く楽曲を展開しながらも、しっかりとポップスに着地しているところだ。リズムやソロではオーソドックスに沿ったアプローチをとりながらも、フィルや歌詞ではPJ Callowayらしさを出していく。だからこそ、本格的な音楽をやっているにも関わらず、彼らの作品はとても親しみやすいのだ。

先日配信が開始された「Hotrod」は、記念すべき1stシングル。ロマンティックなギターが浮遊感あるボーカルをより引き立てる1曲だ。3ヶ月に1曲のペースでリリースを計画中だそうなので、追ってチェックしていきたい。

こんなアーティストが好きな人におすす

・岡田拓郎・ゆうらん船・ラッキーオールドサン

PJ Calloway アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着