L→R ササキジュン(Gu)、きみコ(Vo&Gu)

L→R ササキジュン(Gu)、きみコ(Vo&Gu)

【nano.RIPE インタビュー】
みんなの中にnano.RIPEが
住んでいるって思えていることが宝物

月と地球のように
お互いを干渉し合える距離感にいる

また、もう一曲の「イトシキヒビ」は伊藤かな恵さんをイメージして作ったものとのことですが。

きみコ
はい。かな恵ちゃんと出会ったのは10年くらい前になるんですけど、TVアニメ『花咲くいろは』で主人公の松前緒花ちゃんを演じていたのがかな恵ちゃんなんです。『花咲くいろは』にはメジャーデビュー曲「パトリシア」をはじめ、「ハナノイロ」や「面影ワープ」などたくさんの曲を書いてて、“nano.RIPEと言えば『花咲くいろは』だ”と思ってくださる人も多いんですね。きっとかな恵ちゃんにとっても『花咲くいろは』は大事な存在だと思うんですよ。なので、愛美ちゃんにとってのジュリアを書いたように、かな恵ちゃんにとっての緒花ちゃんをイメージして書きました。

温かくてほっこりする曲で、伊藤さんとの約10年の交流の日々を思い出しているような印象もありました。

きみコ
“思い出している”という意味では、「ハナノイロ」をもう一度書こうみたいな気持ちでした。でも、あのままの青臭さではなく、もう少し大人になった10年後の「ハナノイロ」というか。登場人物たちも同じように10年の歳を重ねたイメージで書いたので、少しノスタルジックな雰囲気はあるかと思います。

“イトシキヒビ”というタイトルは?

きみコ
「ハナノイロ」の歌詞に出てくるワードで、他にも“面影”とか“花の色”とか、『花咲くいろは』に書いてきた曲から印象的なワードを散りばめています。結構たくさんあるので、どのワードがどの曲からなのか考察して楽しんでほしいですね。
ササキ
「ハナノイロ」の現代版を作りたいというきみコの想いに応えて、なるべく若い頃の気持ちを忘れないようにというか…バンドサウンドで、難しいことをしないアレンジを意識しました。
きみコ
「アザレア」以降、「ヨルガオ」「エンブレム」「ラストチャプター」といったシングル表題曲はがっつり系のバンドサウンドというものがなくて。最近ファンになってくれた方で、シングルの表題曲だけで知ってくださった方も多くいるので、そういう人たちに“nano.RIPEにはこういう面もあるんだよ”と知ってほしかったのもあります。それで「スピカ」と「イトシキヒビ」はがっつりとバンドサウンドのみで作りました。

店舗購入特典のCDには「イトシキヒビ」と「スピカ」を、それぞれ伊藤さんと愛美さんと歌ったデュエットバージョンが収録されたものとおふたりのソロバージョンが収録されたものがあるそうですね。

きみコ
豪華ですよね! イベントで誰かとデュエットする機会はあったけど、ちゃんとレコーディングしてCDに収録したのはほとんどなくて。改めて自分の声や歌というものを客観的に聴くいい機会になりました。“かな恵ちゃんとあたしの声ってこんなに近いところにいるんだ!?”とか“愛美ちゃんの声とは真逆なんだな”とか。それがデュエットになるとこういう感じで融合するんだって発見がたくさんありました。愛美ちゃん、かな恵ちゃんをきっかけに、初めましての方ともたくさん出会いたいですね。

そして、ベスト盤のタイトルの“月に棲む星のうた”ですが、どういうイメージでつけたんですか?

きみコ
まず月の誕生についてお話をしないといけないんですけど…月というのは星が地球に衝突して砕けた時の破片が集まってできたもので、その時に飛び散った地球の破片も中に取り込まれているんですよ。つまり、月の中には地球の成分も含まれていて、地球のすぐ側に浮かんでいるという説があるんです。仮にnano.RIPEが地球だとしたら、nano.RIPEと出会った人にはきっとnano.RIPEの成分が取り込まれていて、月と地球のようにお互いを干渉し合える距離感にいると言えるんじゃないかと。

みんなの中にnano.RIPEの歌があると?

きみコ
そうです。説明しないと絶対に伝わらないタイトルですけど(笑)。10年やってきて、みんなの中にnano.RIPEが住んでいるって思えていることが宝物だと思っています。

そんなメジャーデビュー10年、ツアーが中止になるなど激動の年になりましたが、自粛期間を経た今、活動に対して思うことは?

きみコ
結成から22年、ライヴができて当たり前の状態でやってきたので、ライヴをこんなに長い期間やっていないのは、それこそ結成以来初めてで。ライヴの空間から生まれた曲もたくさんありましたけど、今のこの状況だからこそできる曲もきっとあると思っています。もちろんライヴをやりたいし、みんなにも会いたいけど、そこまで悲観的には考えていません。“今、何をやるか?”で、この先の10年が変わってくる。今は勉強、成長するチャンスだと考えています。
ササキ
今はライヴをやる日が楽しみでもあるけど、逆に少し不安もあります。でも、不安を感じるということは、まだ成長できる伸びしろがあるということだと思うんですね。結成から22年やってきて、まだそう思えている…やっぱり音楽って面白いですね。

ライヴをやってなさすぎて怖い?

ササキ
それはすごくあります(笑)。
きみコ
ライヴのやり方を忘れちゃってそう(笑)。

取材:榑林史章

アルバム『月に棲む星のうた ~nano.RIPE 10th Anniversary Best~』2020年9月23日発売 Lantis
    • LACA-9778~9
    • ¥3,600(税抜)
    • ※2CD
nano.RIPE プロフィール

ナノライプ:前身バンドを経て2004年にnano.RIPEとなり、地元である千葉・東京を中心に本格的な活動を開始。08年、インディーズレーベルよりミニアルバム『空飛ぶクツ』を発売。草野マサムネ(スピッツ)など多くのアーティストから推薦コメントが寄せられ、話題となる。10年、Lantisよりメジャーデビュー。その後、メンバーチェンジを経て、現在はきみコとササキジュンのふたりで活動を続けている。nano.RIPE オフィシャルHP

「イトシキヒビ」
(伊藤かな恵&きみコ Duet Version)
MV

「スピカ」
(愛美&きみコ Duet Version)
MV

『月に棲む星のうた
~nano.RIPE 10th
Anniversary Best~』
店舗別特典CD試聴動画

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着