XTAL、最新アルバム『Aburelu』がア
ナログ化 新鋭レーベル〈813 Recor
ds〉より限定10インチとしてリリース

XTALが今年5月にリリースした最新アルバム『Aburelu』がアナログ化。11月にリリースされることが発表された。
K404とのユニット・TRAKS BOYSや(((さらうんど)))JINTANA&EMERALDSのメンバーとしての活動でも知られるDJ/プロデューサー、XTAL。今年6月にはTRAKS BOYSとしてレジデントDJを務めるインダストリアル・レイブ・パーティ『DK SOUND』がオンラインで復活開催、7月にはGonno、Inner Scienceとの共同名義EP『Green Days / Steps On The Wind』や、盟友・Jun Kamodaの主宰する〈(((JUN RECORDS)))〉から新曲「A Leap featuring Achico」を発表するなど、精力的な活動を展開している。

本作『Aburelu』は自身のレーベル〈Cizima〉よりリースされた実に4年ぶりとなる2ndアルバム。従来のバレアリックなハウス・ミュージックや シティ・ポップ・マナーの歌もの路線とも異なる、プログレッシヴかつローファイなIDMサウンドを展開し注目を集めた。初のフィジカル・リリースとなる本作は、UKの名門スタジオ「Curve Pusher」のカッティングを採用した限定10インチ・アナログ盤。「LADER PRODUCTION」が今年立ち上げた音楽レーベル〈813 Records〉からの第1弾作品となる。


【リリース情報】

XTAL 『Aburelu』

Release Date:2020年11月中旬
Label:813
Cat.No.:813R001
Tracklist:
A1. Hare
A2. Tasobi
A3. Kakela
A4. Yuran
A5. Hakumei
B1. Mashiro
B2. Ma-I-Ya
B3. Sei So
B4. Aburelu
B5. Yorube

※限定10インチ・アナログ盤

■ XTAL オフィシャル・サイト(https://www.xtal-jp.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着