鈴木このみ

鈴木このみ

【鈴木このみ インタビュー】
「Realize」は今の自分が歌うに
ぴったりな曲だと思う

「Live it up!」は歌ってみて
自分でも新しい発見だった

タイトル曲「Realize」、カップリング曲「A Beautiful Mistake」併せて、鈴木このみというアーティストの前向きさが表現されたシングルと言ってもいいんでしょうね。そして、「Realize」に引き続き、ニューシングル「舞い降りてきた雪(恋とプロデューサー featuring Konomi Suzuki)」も発売となりました。こちらはハードなアプローチとはまた違ったサウンドになりましたね。

続けて聴くと戸惑いますね。“あれ?”みたいな(笑)。「舞い降りてきた雪」は思いのほかシンプルな楽曲で、メロディーもきれいだし、“これはめちゃめちゃ歌力にかかってるぞ”と思いました。これこそソロヴォーカリストの曲だと個人的には思うし、楽器陣もぶつかり合うのでなく、そっと支えてくれている感じだから、ヴォーカルがしっかりとしていないと全部倒れてしまうというプレッシャーを最初は感じましたね。だから、練習用のデモレコーディングをさせてもらったりもして。

そうでしたか。派手さはないものの、しっかりとロックを感じさせるナンバーだと思います。作詞作曲の中島卓偉さんとはどんなお話をされましたか?

ディレクションもしていただいたんですけど、最初に“ヴォーカリストの思うようにするのが一番だから、思うようにやってくれていいから”って言っていただき、こちらに任せてくださったのが嬉しかったですね。個人的にはすごく楽しいレコーディングでした。

サウンドも徐々に盛り上がっていきますが、ドラマチックに展開していくメロディーラインが楽曲の中心でしょうから、歌が重要であることには間違いないですよね。

耳に残って、ついつい口ずさんじゃいますよね(笑)。シンプルなメロディーですけど、シンプルだからこそ胸の中にストレートに入るんじゃないかと思います。

歌詞も注目で。「Realize」から地続きと言いますか、「舞い降りてきた雪」で歌われているのもまた前向きですね。

こっちのほうがより日常に馴染む前向きさというイメージはありますね。この曲は“featuring Konomi Suzuki”になっていて、“TVアニメ『恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~』にどっぷり浸かった鈴木このみ”ということで、私は自分から何も伝えてなくて、ただただ『恋プロ』の世界観を落とし込んでもらって、そこに自分を重ねていくという作業でした。

でも、この歌詞は先ほどおっしゃられた、“事務所を移転して新たなチャレンジ”ともシンクロしていますよね。

あっ、そういうところは卓偉さんにお伝えした気がします。あと、アニメ自体も主人公が社会で頑張っている女性で、しかもわりと若めの女性なのでリンクしやすいというか。聴いてくれる人の中にもリンクする人はいっぱいいるんじゃないかと思います。

カップリング「Live it up!」でも“社会で頑張っている女性”が描かれていますね。

シングル一枚のテーマとして“社会で働きながら頑張っている女性”というものがあったので、表題曲は平日はお仕事で荒波に飲まれながらも“強くなっていきたい”“変わっていきたい”と一歩前に踏み出す女性で、カップリングは働いている女性の休日というイメージですね。

「Live it up!」のサウンドはソウル系で、これはディスコですよね。

それはイメージしました(笑)。作品自体もトレンディドラマな雰囲気を感じるアニメでもあるので、そういうところも落とし込みつつ、“休日となるとディスコじゃない?”って(笑)。ビールとおつまみを買い込んで家の中をディスコにしちゃうという…そういう女性像が広がってくるイメージですね。最初、歌うのが難しかったです。「Realize」が鈴木このみらしい曲であるとすれば、イケイケで突っ込んで歌うことが多かったので、「Live it up!」のようにもったり歌うというか、重心後ろめでグルーブを感じながら歌うっていうのはあんまりなかったので、歌ってみて自分でも新しい発見でした。レコーディン中は“なんちゃって”にならないようにしようって、“どうせなるならとことんやろうよ”って意識していましたね。

こうして矢継ぎ早にリリースしてきた一連のシングルで、鈴木このみらしい面と、今までになかった面を見せることができたと思いますから、これからの活動も視界良好といった感じではないかと思いうのですが。

ありがとうございます。この先…やっぱり10周年に武道館をやりたいですね。一回も武道館に立ったことがないんです。

イベントでも?

ないんですよ。日本武道館のステージに立たれたアーティストさんがよく言うじゃないですか、“広い会場なのにお客さんが近くに感じる”って。自分もそれを武道館で言ってみたいんですよね(笑)。なので、そこに辿り着けるように、ひとつひとつを頑張りたいと思っています。あとは、コロナ禍になってて、ライヴも頻繁にできなくなったりしていて、自分は歌っていても聴いていても音楽が支えになることがたくさんあると思っているので、こういう時こそ歌や音楽でみんなの活力になったり、生活の支えになってくれるといいなと思いますね。そうなれるように、今後も頑張っていきたいと思います!

取材:帆苅智之

シングル「Realize」2020年8月26日発売 株式会社KADOKAWA
    • ZMCZ-14011
    • ¥1,200(税抜)
シングル「舞い降りてきた雪(恋とプロデューサー featuring Konomi Suzuki)」2020年9月2日発売 Digital Double
    • DDCD-0001
    • ¥1,500(税抜)
鈴木このみ プロフィール

スズキコノミ:1996年11月5日生まれ、大阪府出身。11年に『第5回全日本アニソングランプリ』決勝大会でグランプリを獲得し、翌12年に「CHOIR JAIL」で15歳でデ ビュー。TVアニメ『ノーゲーム・ノーライフ』オープニングテーマ 「This game」、TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オープニングテーマ「Redo」など多くのTVアニメ主題歌を担当。TVアニメ『LOST SONG』では田村ゆかりとW主演声優を務め、オー プニング主題歌「歌えばそこに君がいるから」も歌唱。16年より4年連続でアジアツアーを行なっており、上海、シンセン、香港、台湾、フィリピンにてワンマンライヴを開催した。鈴木このみ オフィシャルHP

「Realize」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着