写真左上から時計回りに、小林 瞳(Dr)、中尾憲太郎(Ba)、浅井健一(Vo&Gu)

写真左上から時計回りに、小林 瞳(Dr)、中尾憲太郎(Ba)、浅井健一(Vo&Gu)

【浅井健一
&THE INTERCHANGE KILLS
インタビュー】
出し惜しみなくというか、
選りすぐりの3曲を出した

俺と瞳ちゃんがギターで合わせると
科学反応が激しかった

「送る歌」は瞳さんとの間で“これでやろう!”という楽曲の欠片はあったんですか?

だいたいひとりで作って、メンバー3人で作り上げるパターンだったんだけど、瞳ちゃんがメロディメイカーであることが発覚したのと、プラスで俺と瞳ちゃんがギターで合わせると化学反応が激しかったので、そのスタンスで作ろうという話になったんだよね。それで、作り上げていった曲が何曲かあるんだけど、その中の一個だわ。

そうなんですね。ちなみにこの曲ではバイオリンが入っていますか?

バイオリンというか、シンセサイザーでメロトロンかなんかのストリングスが入ってるんだよ。あれは俺が弾いてますね。あと、瞳ちゃんがピアノを弾いてますけど。

そう。ピアノと弦の音が入っていて。このようなパターンは面白いですよね。

SHERBETSの時はよくやってたけど、KILLSでは初めてだね。

比べるわけではないですけど、福士久美子さんとはプレイヤーとしてのキャラクターが全然違いますよね。

全然違うね。両方とも好きだな。福士さんのものは、それはそれで大好きなんだけどね。

では、このKILLSでやれることは3、4年でどんどん増えてきているって感じなんですか?

今年になって一気に増えてるかも。瞳ちゃんがコーラスで参加する率が3年くらい前から徐々に増えてきて、今回は本腰入れて作り上げてみようということになったんだ。

その間、中尾憲太郎さんは何をしていたんですか?

憲太郎はしばらく会ってなかったりしたけど、やっぱり憲太郎のベースはすごいと思ってて、今まで通り3人で作り上げたのもあるし。彼は人気者だから忙しくしてたと思うよ。

面白いですね。そう言えば昨年、浅井健一名義で『BLOOD SHIFT』のアルバムがあったじゃないですか。あれも半分以上は浅井さんっぽいと言ってもいいと思いました。

そうだね。あのアルバムは「送る歌」みたいに作ってる曲はないな。

だから、浅井さんの中でソロやKILLSなど全部が混ざっていて、まとめていいと思っているのかなと、あのアルバムを聴いて思ったんですよ。

なんかね…混乱してきていますよ。

混乱ですか!? いいことだと思いますけど。

そうとらえてもらえるのが一番良くて。さっき、断捨離をしたって言ってたじゃん。長年生きてると部屋にいろんなものが増えてきてゴチャゴチャになるから、たまには整理してあげないとね。音楽活動もそうなんだよ。音楽活動というか、人生そのものが複雑になってくるから、ちゃんと頭を使って無駄のないように整理整頓しなくちゃいけないって思うんだけどね。難しんだよな、それは。しかも、こんなウイルスとかも出てきちゃうと、それは人類全体の問題だからね。…これから壮絶なストーリーが待っていたりして。

そうですよね。あと、インストアルバムでも瞳さんが一曲歌ってるじゃないですか。これはやってくれって言ったんですよね?

これは瞳ちゃんの声がすごくいいから、その才能を発揮しないともったいないでしょ? だから、なるべく早く発揮するべきだと言って。待つ必要はないからと説得して歌ってもらったんですよ。歌詞も自分で書いてもらったんで、頑張ったと思いますね。

英語がすごくハマっていて良かったです。

彼女はネイティブが英語だから、日本語のほうが分からないし。本当に頭がいいんだよね。一緒にいて分かる。なんか頭の作りが違うと思うんだな。

次のアルバムには瞳さんのヴォーカル曲が入る可能性もあるんですか?

今、そこを目指してるけどね。でも、まだそんな曲はできてないな。“やろうよ!”って言ってるんだけどね。

では、今のところで考えられるこれからの予定はいかがでしょうか?

世の中にワクチンができて、ライヴができるようになったらツアーを組めるので、そしたらアルバムを出す。それまではアルバムの曲のクオリティーを高めるために曲を作るか…今、絵を描いているので絵を描くか曲を作るかかな? あとは、グッズのデザインをしたりとか。やることはいっぱいありますね。

取材:宮本英夫

シングル「TOO BLUE」2020年9月16日発売 Ariola Japan/SEXY STONES RECORDS
    • 【初回生産限定盤】(CD+DVD)
    • BVCL-1066〜7
    • ¥2,500(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • BVCL 1068
    • ¥1,200(税込)
アルバム『SPINNING MARGARET』/SHALLOW WELL2020年9月8日発売 SEXY STONES RECORDS
ブック『神様はいつも両方を作る』2020年6月10日発売 SEXY STONES RECORDS
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS プロフィール

アサイケンイチアンドザインターチェンジキルズ:BLANKEY JET CITYのヴォーカル&ギターとして活躍していた浅井健一が2016年8月に始動させたソロプロジェクト。ベースに元NUMBER GIRL の中尾憲太郎、ドラムには海外のシーンでキャリアを積んできた小林 瞳と、腕の立つミュージシャンふたりを迎えた3ピースバンドである。同年10月にシングル「Messenger Boy」をリリース。その後、アルバム2作と配信シングル、ライヴDVD一作を発売。20年9月に約2年半振りとなるシングル「TOO BLUE」をリリースする。浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS オフィシャルHP

「TOO BLUE」MV

「Spinning Margaret」MV
/SHALLOW WELL

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着