浪漫舞台『走れメロス』開幕! 文豪
役が続く内博貴に「次は夏目漱石役?
」となべおさみが妄想を膨らます

2020年9月5日(土)から東京・ヒューリックホール東京にて、浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~が開幕した。初日直前には会場でマスコミ向けの取材会が行われ、主演を務める内博貴、そして谷村美月、室龍太(関西ジャニーズJr.)、千原せいじ、山口真帆、湖月わたる、なべおさみが出席して、今の心境や稽古中の思い出などを語った。
本作は、小説家・太宰治が若き頃、多くの作家たちとの友情や、彼が愛する女性たちとの愛や苦悩に満ちた波乱の人生を題材として、太宰と共に当時を駆け抜けた親友で作家の檀一雄が書き上げた回想録「小説 太宰治」をベースに、舞台作品として書き下ろされたもの。脚本・演出はモトイキシゲキが担当している。
会見が始まる前のフォトセッションでは、内が室や千原に話しかけたり、時に大笑いしている様子が見られ、座組みのチームワークの良さが垣間見えるようだった。
内博貴(右)と室龍太
単独主演は2年ぶりという内は「稽古場では2回PCR検査を受けるなど、新型コロナウイルス対策を十分にしつつ、皆無事でようやく初日を迎える事ができて本当によかった」と嬉しそう。稽古はマスクにフェイスシールドをする「不思議な感覚」の中で行われたそうで、「コロナ(ウイルス)が最近すごく身近になってきた。いつ自分が感染してもおかしくないという危機感を常に持ちながら稽古をやっていた」と振り返る。
かつて内は太宰と同時代の作家・織田作之助(オダサク)を演じたことに触れ、「オダサクのセリフの中で『太宰治が~』という話が何度か出たが、その太宰治さんを演じるとは思っていなかった。何か縁があるのかなと勝手に思っている」としみじみ。その上で「自分の中で一度経験した事があったので、苦しまずすんなり役に入り込めました」と笑顔を見せた。また今回、目を引くのが内のヘアスタイル。「地毛でです。天然パーマでもなく、パーマもあてていません。なぜかこうなりました。自分からこんな『プードルみたいな髪型にして!』と言ったわけではないですから」と笑いを誘っていた。
檀一雄役を務める室は、今回はストーリーテラー的立ち位置も務める。この芝居を回していく役割について「しっかり務められたら」と気合いを見せる室。そんな室について内は「室は別の舞台があって、こっちの稽古は後半になって合流したんです。大変だったでしょうが一人で台本を読み込んで来てくれたので、僕らには大変さを見せなかった。さすがジャニーズだなと!」と褒めると、「内くんもジャニーズですから! 先輩ですから!」と照れ隠し気味につっこみ返していた。
千原せいじ

浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~舞台写真 (左から)山崎富栄(山口真帆)、井伏鱒二(千原せいじ) (c)曳野若菜
会見に登場したキャストの中で、誰がいちばん役に似合っているか? という質問が振られると、井伏鱒二役の千原が「自分は今回“文豪寄り”ですから! 文豪芸人としてやっていましたから。史実に基づいて井伏が“おなら”をする場面がありますが、この時代や人物に詳しい方も楽しめるようになってます」と笑いと共に見どころにも触れていた。

谷村美月

浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~舞台写真 太田静子(谷村美月) (c)曳野若菜

谷村は太宰の内縁の妻・小山初代と後の愛人・太田静子の2役を演じる。「お稽古の時は自分的にも落ち着かなかったのですが、太田静子さんの「斜陽日記」を読んで役作りをしました」と語る。
山口真帆
浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~舞台写真 山崎富栄(山口真帆) (c)曳野若菜
2019年5月にNGT48を卒業後、女優に転身した山口は本作で太宰の最後の愛人・山崎富栄役を演じる。これが舞台初挑戦となる山口は、「慣れない現場でしたが、皆さんのお力添えとアドバイスがあって今日を迎えられた。皆さん優しかったです」と笑顔で話すと、話を聴いていた室が「その言い方だと全員優しいことになっちゃいますよ!」と突っ込むとすかさず千原が「厳しい環境で育ったんだから皆が優しくみえるねん。厳しい環境で育ったきたから!」と山口のこれまでを踏まえてさらにつっこみ、山口が慌てる一幕となった。
座長・内の目から見た山口は「肝が座っています。初舞台の方が演出家さんの意見に対して『はい! わかりました』という感じですし僕も昔はそうでしたが、山口さんの返す言葉が『なるほど~』『了解!』で(笑)。それで『この子はスターになるな』って思いました」とリスペクト。すると再び千原が「根性が座ってるから! バッチバチやで!」と千原流のリスペクトで応酬し、また笑いが巻き起こっていた。
湖月わたる

浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~舞台写真 (中央)マダム雪子(湖月わたる) (c)曳野若菜
湖月は太宰たちが足しげく通うバーのマダム雪子役を演じる。湖月は「太宰さんが愛された『ゴンドラの歌』と『きらめく星座』を歌わせていただきます。この時代、凛としたたたずまいや、相手によりそうしたたかなところも表現できたら」と色気たっぷりに微笑む。内のたたずまいについては「凄く素敵。いろいろな女性との絡みもあるんですが、一方で室さんが演じる檀一雄と男同士の友情が……時には甘えたり、先輩・後輩感を見せたり……私は宝塚で男役だったのでそういうやり取りを見るとキュンキュンきますね」と笑顔を見せていた。

なべおさみ

浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~舞台写真 (左から)マダム雪子(湖月わたる)、山崎晴弘(なべおさみ) (c)曳野若菜
山口演じる山崎富栄の父役を演じるなべは「我が子ながら素晴らしい娘でしたよ、という台詞をかみしめながら演じています」と話す一方で「内くんは次の舞台ではきっと夏目漱石役を演じるでしょう。で、室さんが(漱石の代表作)坊ちゃん役をやる時は僕は赤シャツ役をやりたいと願っています」と妄想トークに。すると「なべさん。まだこの舞台、始まってないですから」と内が笑いながら話を遮っていた。

この笑い顔!仲の良さが伝わるような会見でした!
取材・文・撮影=こむらさき

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着