L→R MARI(Dr)、EYE(Vo)、SAKI(Gu)、RIO(Ba)

L→R MARI(Dr)、EYE(Vo)、SAKI(Gu)、RIO(Ba)

【Mary's Blood インタビュー】
Mary's Bloodらしさは
ちゃんと残せた

仕上がったものを改めて聴いてて、
“うん、いいね”って思える

「ペガサス幻想」はオリジナルアーティストMAKE-UPのNoBさんとのツインヴォーカルですね。

EYE
そもそもMary's Bloodのデビュー前、私はNoBさんに歌を教わっていたんです。なので、NoBさんの歌がすごいことはもちろん知っていましたけど、生で聴くと圧倒的に違うんですよ。その尊敬する先生と肩を並べられるくらいのフィールドまで昇り詰めたいと思っていて…結果的に合わせてもらったとはいえ、一緒に歌う、肩を並べて歌うっていうのは夢が叶った感じがありますね。歌の割り振りやコーラスラインなど、歌関係のものは私が考えたんですよ。“ここはツインヴォーカルにしたいから、お互いがハモるようにしよう”って組んだり。NoBさんの発声方法や歌い回しをかなり研究してきた私としては、噛み合いのいいハモリとか、歌の馴染みの良さも聴いてみてほしいです。私のパートを先に入れておいた状態の音源をNoBさんに渡して、抜けている部分を歌っていただいたんですけど、NoBさんがレコーディングで歌っているのを聴いていたら、先に録ってあった自分の歌に納得がいかなくなってきて、“このままではいかん!”と歌い直したりもしたので、その熱意やエピソードも知ってもらった上で聴いてもらいたいですね。またひとつ勉強させられました、今回のレコーディングで。先生はさすがですよ。火をつけられちゃいました(笑)。

では、SAKIちゃんのギター演奏ポイントは?

SAKI
今回はバンドさんの曲が結構多くて。アレンジで変えてしまった部分もあるんですけど、原曲のまま弾けるところだったり、印象的なフレーズはちゃんと生かしたいと思ってましたね。「unravel」はイントロのギターが印象的だったりするので、どうやって弾いてるのかご本人の映像をいろいろ観させていただいたりして。「ペガサス幻想」で言うと、サビのキャーンっていうチョーキングは最初は入ってなかったんですけど、これがないと寂しいかなって。「INVOKE」や「Exterminate」は打ち込みモノなので、シンセのサウンドをどこまでギターで再現したらいいのか苦労したところではあるし、楽しかったところでもありますね。あと、「Forever Love」はとにかく気は使いました。ギターに関して言えば、HIDEさんの演奏をカバーするわけですからね。変えるか忠実にやるかどっちかだと思ってたので。
EYE
「Forever Love」はカバーのOKをもらえたっていうのが、まずびっくりでしたね。使用許諾をいただく時って作曲者にうかがうらしいので、“作曲された方からOKをいただきましたよ”って聞かされた時は、“ええっ! ってことはYOSHIKIさんが? マジで!?”みたいな。同じく「Driver's High」も、私はラルクが大好きなので“今、なんて言った!?”って(笑)。自分の耳で直接ご本人のお返事を聞いたわけではないので、この解釈が合っているかは分かりませんが。他の曲もそうですけど、こんなに有名どころというか、誰もが知ってる名曲ばかりの選曲だから、承諾してもらえるのかっていうので最初はすごくハラハラしてて。でも、ほぼすんなりOKいただけたので良かったです。ただ、いざカバーしようとしたら「Forever Love」は歌も大変でしたね。7分くらいあるんですけど、スタミナが持たなくて…。Toshlさんが歌われてる原曲のキーでやってるんですけど、最後のほうは喉がプルプルしてくるくらい高くて。バックのアプローチも変わったし、歌もガラッと変えるかオリジナルに忠実にやるかどっちかだっていうので、歌い方は細かく構成を考え直してみました。X JAPANのパワーは圧倒的だし、みんなそのイメージで耳馴染みがあると思いますけど、最大限に頑張った結果がこれなので、気に入ってもらえたらいいなと思います。

作品が完成した手応えはどうですか?

EYE
達成感はすごくありますね。自分たちが好きで聴いていた曲を入れてるので、今回は自分でもリピートして結構聴いてます。仕上がったものを改めて聴いてて、“うん、いいね”って思える…自画自賛な感じですけど、満足な仕上がりですね。
SAKI
カバーだからMary's Bloodの作品として異質っていうこともなく、Mary's Bloodらしさはちゃんと残せたと思いますね。あと、NoBさんやLynne Hobdayさんにご参加いただけたのも嬉しかったです。「ペガサス幻想」は原曲キーより1音上げでやらせていただいてるのに、パワフルに歌いこなしてるNoBさんは本当に素晴らしいなと。オリジナルのアーティストさんと一緒にやらせていただけることってなかなかないと思うんですよ。「魂のルフラン」のコーラスで参加していただいたLynneさんも英語版の「ルフラン」で訳詞をやられてたり、歌われてたりしていたそうなので。
EYE
あとから知ったんですけどね。Lynneさんに今回オファーしたら“昔やってましたよ”って(笑)。本物だったんです。公式でお仕事されてたらしいです。

Lynneさんもオリジナルアーティストのひとりだったんですね。

EYE
そうなんですよ。今作には新しめの曲も入ってはいますけど、うちのファン…メアリストのみなさんも知ってそうな曲を選んでいたりするんですね。聴いたことある曲のほうがテンション上がるのは私も同じだし、その辺も加味しつつ曲も選んでいて、音像もMary's Bloodらしさを忘れずにというか、違和感なく聴いてもらえるところにちゃんと着地できてるから。きっと楽しんでもらえると思います。

取材:舟見佳子

アルバム『Re>Animator』2020年8月26日発売 徳間ジャパンコミュニケーションズ
    • 【限定盤】(CD)
    • TKCA-74894
    • ¥3,364(税抜)
    • ※PHOTOBOOK付
    • 【通常盤】(CD)
    • TKCA-74895
    • ¥2,818(税抜)
Mary's Blood プロフィール

メアリーズ・ブラッド:2012年より現メンバーで活動を開始。13年春にアメリカ・テキサスで開催された大規模コンベンション『ANIMEMATSURI』にヘッドライナーとして招聘され3,000人の観衆を集めた。14年8月にアルバム『Countdown to Evolution』でメジャーデビュー。キャッチーでポップなメロディーと、激しくヘヴィな演奏を持ち味とする本格派ガールズメタルバンド。Mary's Blood オフィシャルHP

「ペガサス幻想」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着