MORISAKI WIN

MORISAKI WIN

【MORISAKI WIN インタビュー】
無邪気に音楽がやれているし、
純粋に楽しい

この作品を通して言いたいのは、
“僕と一緒に踊ろうよ”ってこと

では、曲に触れていきましょう。ファンキーなアップチューン「WonderLand」が1曲目というのは?

やったことがないジャンルだし、自分の喉の筋肉との戦いもあった曲で、結果的に1曲目になったんですけど、“ようこそMORISAKI WINのワンダーランドへ”って意味の曲になりました。

歌詞は作家さんと話したりしたんですか?

作家さんといろいろ話して、僕を代弁してくれる歌詞を書いてくれたんです。好きなフレーズがあって…2番の《いつかのままのPrizm ココロに抱いてTonight あの日夢見たSky》ってところです。

意味深ですね。次のリード曲「パレード – PARADE」は先行配信シングルにもなった曲ですね。

実は最初、リード曲は「WonderLand」だったんです。でも、コロナで世の中の状況がいろいろ変わってしまったし、MORISAKI WINが今のタイミングでデビューする意味を考えた時に、僕自身も“前に進んで行く”という想いが強いので、この曲に変えました。歌詞もレコーディング直前まで全然違ったんですよ。夏を感じさせるようなさわやかな歌詞だったけど、ガラッと変えました。女性を誘うようなフレーズもあるけど、“新世界の幕開けで俺もみんなも不安と恐怖があるだろうけど、それでも一緒に突き進んで行かないか?”って誘いなんです。今の世の中の情勢と僕のデビューもかけて、この曲がリードになりました。

「d.s.t.m.」はカッティングギターのディスコグルーブチューンですね。

今ってイヤホンミュージックの時代だから、イヤホンでどう聴かせるかを考えてレコーディングしないといけないって言われたんです。そこを結構意識して歌った曲でもありますね。この曲に関しては、ほとんどヴォーカル1本なんですよ。

確かに。歌を重ねない生っぽさがあります。

はい。生々しいグルーブ感で歌っていく挑戦的な楽曲でした。

切なく熱いメロディーが響くミッドチューン「Blind Mind」に関しては?

これは逆に歌を6本重ねて、声の立体感を表現しました。ほんと歌うのが苦しくて…ライヴで一番難しいと思います。“Blind Mind”は“盲目”って意味で、“君にハマりすぎて他が見えなくなってしまう。この状況から出たい”って曲なんです。でも、それは過去の自分だったり、“自粛期間でどうすればいいんだ?”ってことからも抜け出したい、そういう気持ちの葛藤を歌ってます。

なるほど。そして、最後のナンバーは明るさを感じる「What U Wanna Do?」。

これもすごい曲で、J-POPと思いきやR&Bが来て急にミュージカル調になるっていう(笑)。作りながらそうなったんですよ。これ、フェイドアウトで終わるんですけど、ループして聴いてほしいって意味でそうしました。結果的にこの作品を通して言いたいのは、“僕と一緒に踊ろうよ”ってことですね。

ソロとして1歩目となる作品を作っての今の感想はいかがですか?

めちゃめちゃ自信があります。“僕、音楽をやってます! これを聴いてください!”って超言える作品です。自分でも何度も聴いてますもん。無邪気に音楽がやれているし、純粋に楽しい。ずっと音楽に対してガチでぶつかってきたから、それが今につながってるんだなって思いますね。真面目にやるのが僕の強みなんで、これからも勘違いすることなく、ちゃんと作品を作り続けていきたいって改めて思ってます。あとは…やっぱりライヴがしたいですね。

ライヴスタイルを確立するのは、これからの大きな課題ですね。

はい。今はまだ生でひとりで歌うってことが掴めてないけど、掴んだらクソ強いってマジで思ってるんですよ。僕がライヴでどれだけ強いか、今までどんだけ乗り越えてきたかっていうのは胸を張って言えるんで。何を言われても、ライヴを観てくれたら全ての人を納得させるってくらいになりたいですね。

8月29日には配信ライヴが控えてますね。

もちろん成功できるように頑張りますけど、無難なことはしないです。ひとりでできることをギリギリまで詰め込みたい。“うわっ、ヤバい!”ってなった時に力を発揮するタイプなんで、マジで自分を追い込みますよ。

取材:土屋恵介

EP『PARADE』2020年8月19日発売 コロムビアインターナショナル
    • COCB-54305
    • ¥3,000(税抜)

『MORISAKI WIN SCREEN LIVE 〜Parade to the WonderLand〜@PIA LIVE STREAM&uP!!!』

MORISAKI WIN プロフィール

モリサキウィン:1990年8月20日生。ミャンマーで生まれ育ち、小学校4年生の時に来日、その後中学2年生の時にスカウトされ、芸能活動を開始。08年にダンスボーカルユニット“ PRIZMAX ”(現、解散)に加入し、メインヴォーカルを担当。俳優としても様々な役を演じ活躍する中で、18年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』で主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビューを果たす。その後も数多くの映画やドラマに出演。20年にアーティストとしても世界進出を掲げ“MORISAKI WIN”としてメジャーデビュー。18年よりミャンマー観光大使を務め、母国ミャンマーでもドラマの主演やCMに数多く出演し国民的スターとして活躍中。MORISAKI WIN オフィシャルHP

「パレード - PARADE」MV

「WonderLand」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着