天月-あまつき-

天月-あまつき-

天月-あまつき-、
初の無観客配信ライブを
2デイズで開催!

天月-あまつき-が8月29日(土)、30日(日)の2日間にわたって、自身初の無観客ライブ『天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!~Love&Pop~』『天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!~Rock&Cool~』を開催することが決定した。

Youtube登録者数150万人を超え、歌唱動画累計再生回数が4億回を超える天月-あまつき-。4月に初の幕張メッセでの2デイズライブが決定していた中、新型コロナウィルスの影響で開催延期を余儀なくされ、延期日程であった8月29日と30日も観客を入れてのライブが難しいことからライブの中止を発表していた。そんな中“活動10年の節目”として行う予定だったこのライブを、“ここまで応援してくれたみんなにどうしても届けたい”という強い想いから、予定していたライブの規模感、演出をほぼそのままに幕張メッセより配信されることが決定した。

“僕の歌や存在を楽しんでくれたり活力としてくれたりする一人一人に僕は感謝してもしきれない”と言う天月-あまつき-の想いを胸に、2日間とも違ったコンセプトで内容を変えてお届けする渾身の配信ライブ。2公演のチケットは現在販売中なのでお早めにチェックを!

【ライブ概要】

■『天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!~Love&Pop~』
8月29日(土)OPEN19:30/START20:00/CLOSE22:00(予定)

■『天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!~Rock&Cool~』
8月30日(日)OPEN19:30/START20:00/CLOSE22:00(予定)

料金:FC会員2,500円/一般3,000円 ※税込み
会場:幕張メッセ イベントホール

チケット販売期間:
8/29公演 8月11日(火)18:00~9月1日(火)20:00
8/30公演 8月11日(火)18:00~9月2日(水)20:00

チケット購入方法:
◆FC会員⇒FC会員視聴券をご購入の際は、必ずFCサイトにログインのうえ、
ご購入へお進みください。
※FC会員の方で一般視聴券をお買い求めの場合、
差額返金ならびに払い戻しはできませんので、あらかじめご注意ください。
◆一般⇒下記にアクセス頂き、ご購入下さい。
https://eplus.jp/amatsuki10th/

※ご購入は、お一人様1公演につき1枚、1回のお申込みとなります。
※お支払いは、クレジットカード・コンビニ・ネットバンキングが可能です。
但し、配信日2日前の0時からはクレジットカード決済のみでの販売となります。

視聴可能期間:
8/29公演 9月01日(火)23:59まで
8/30公演 9月02日(水)23:59まで
※ライブ配信開始後、途中から視聴した場合の巻き戻しはできません。
アーカイブ視聴期間中は、巻き戻し可能となりますので、最初からご覧いただきたい場合はアーカイブ視聴期間にあらためてお試しください。
※ライブ配信終了後、アーカイブ再配信処理を行いますのでご覧いただけない時間がございます。

配信メディア: streaming+
チケット購入方法・視聴方法などは、streaming+のユーザーガイドをご確認下さい。
https://eplus.jp/streamingplus-userguide/
天月-あまつき-

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着