AKB48チーム8 離れていても8月8日
はエイトの日2020『歌って踊って笑顔
の輪!わっしょいエイトちゃん祭り』

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

結成6周年を迎えたAKB48チーム8の毎年恒例のお祭りイベント「8⽉8⽇はエイトの⽇」︕今年は「離れていても 8⽉8⽇はエイトの⽇ 2020」と題して、昼の部・夜の部の2部構成でイベントを開催し、全国の皆様に配信でチーム8パワーをお届け。

「離れていても 8⽉8⽇はエイトの⽇ 2020」昼の部は、坂⼝渚沙・岡部 麟・髙橋彩⾳・⼩栗有以・⼩⽥えりな・濵 咲友菜・下尾みう・倉野尾成美のメンバー8 名でソーシャルディスタンス公演を⾏った。

「ジタバタ」「重⼒シンパシー」の2曲連続披露で幕を開けた昼の部・ソーシャルディスタンス公演。倉野尾が「こうして(今年も)皆さんと⼀緒にエイトの⽇を 楽しむことができて嬉しく思います︕いつもは(⼤⼈数のメンバーと)わちゃわちゃなエイトの⽇を迎えているんですが、今回の昼公演はこの8⼈ということで、パワフルに全⼒で他のメンバーの分も⼒を出せたらと思います」と挨拶。

⼩栗は「チーム8らしさがすごくつまったセットリストになっているので、元気よく頑張ります」と意気込みを語った。ユニット曲コーナーでは、濵・下尾・倉野尾の3⼈で「Mystery Line」を。坂⼝・髙橋彩⾳・⼩栗は「逆転王⼦様」をキュートに披露。岡部・⼩⽥は「てもでもの涙」をシリアスな表情で歌い上げた。

続いて、チーム8パワー全開で「汚れている真実」「近いのに離れてる」「蜂の巣ダンス」とダンサブルな楽曲を、息のあったパフォーマンスで魅せつけた。

MCでは、おうち時間の過ごし⽅をテーマにトーク。下尾は「会えない時間が⻑すぎて、寂しくなって急遽メンバーに電話をしたけど、タイミングが悪くて誰も出なかった…」と寂しさを募らせたエピソードを語り、⼩⽥は「えりななせ(⼩⽥と吉川七瀬)で動画を作ったり、濵とこれまでの⼈⽣感やこれからのことなど真⾯⽬な話をするようになった」と、おうち時間でメンバーとの仲をさらに深めたことを話した。

終盤は、「思春期のアドレナリン」「好きだ 好きだ 好きだ」「離れていても」を披露し、最後はチーム8の代表曲「47の素敵な街へ」を披露して、昼の部・ソーシャルディスタンス公演を終了した。

また昼の部のソーシャルディスタンス公演では、SHOWROOM配信で清水⿇璃亜、橋本陽菜、宮里莉羅、行天優莉奈、左伴彩佳、横山結衣、永野芹佳、高岡薫、服部有菜の9人が実況中継。ファンとともにリモートで劇場のメンバーを見守りながらトークを展開。
昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

昼の部・ソーシャルディスタンス公演

夜の部 “離れていても” 熱気に包まれ
たエイトの⽇︕

夜の部は、「歌って踊って笑顔の輪︕わっしょいエイトちゃん祭り」。AKB48 劇場から坂⼝渚沙、岡部麟、吉川七瀬、⼩栗有以、鈴⽊優⾹、⼤⻄桃⾹、下尾みう、倉野尾成美の 8 名と、全国のチーム8メンバーがリモート配信で参加し、チーム8ならではの元気いっぱいのお祭り企画をお届け。

劇場出演メンバー8名全員がステージに登場し下尾みうをセンターにして「蜂の巣ダンス」をパフォーマンス。⼩栗の「みんなでお祭りをわっしょい!わっしょい!」という開会宣⾔でエイトの⽇・夜の部がスタート。

自己紹介MCのテーマは「最近、思わずわっしょい!したこと」。大西は「エイトの日があることが、わっしょい!したことです」、岡部「冷凍庫の掃除をしていたら、2年前に北海道で買ったケーキが発掘されました(笑)それがわっしょい!大丈夫かな?」と語ると北海道出身の坂口は笑顔で「大丈夫!」と太鼓判を押していた。

小栗は「少年サンデーの表紙をさせて頂いてます。近所のコンビニでも売っていて、それが嬉しくて、思わずわっしょい!と前に持ってきてしまいます(笑)」、下尾は「アイスのあたり棒が当たった時、わっしょい!ってなりました!」と笑顔で語り、倉野尾は「日焼けしたくないので、長袖長ズボンですが、首に3カ所も蚊に刺されました!」、坂口は「世界で一番好きな動物がナマケモノなんですが、先日触ることができました!わっしょい!になりました」と自身のYouTubeチャンネルでも披露していたナマケモノとの話を披露。

吉川は「7月21日に誕生日で22歳になりました。今までにないくらいメンバーからメッセージが来てわっしょい!になりました」、最後に鈴木は「昨日、なんとりんりんさん(岡部)からたくさんのお洋服を頂きました!わっしょい!(笑)」とそれぞれのメンバーがわっしょい!トークを披露。

ユニット曲では、各地のメンバーがモニターを使って、劇場出演メンバーと共にステージを飾りった。⼩栗と、モニター出演の永野芹佳と宮⾥莉羅の3⼈で「制服レジスタンス」を披露。小栗が「3人の共通点は、急に身長が高くなったメンバーです!」と紹介していた。

また、⼤⻄・岡部は、モニターの服部有菜・橋本陽菜と「記憶のジレンマ」を披露。服部は「好きな曲なので、リモートで歌えて嬉しかったです!」、橋本は「会いたいという気持ちを強く出して歌いました!」とモニター越しにコメントを寄せていた。

下尾・倉野尾・⾏天(モニター)・⾼岡(モニター)は「向⽇葵」、坂⼝・鈴⽊・吉川・歌⽥(モニター)・髙橋彩⾹(モニター)は「7時12分の初恋」 、倉野尾・⼤⻄・下尾・岡部は、モニターでセンターの横⼭結⾐を囲んで「Dear J」をパフォーマンス。離れている各地メンバーと共に新しいスタイルでのステージ共演を果たした。

またMCでは、和賀っしょい勇介(和賀勇介)がゲストで登場。各エリア選抜を決める際には、劇場にいる各地方のメンバーが射的ゲームでモニターのメンバーに当たったら当選。中国四国メンバーは劇場の下尾が、「下尾のことが大好きです!」とアピールしていた蒲地志奈に射的を当て、中部メンバーは劇場の鈴木が歌田初夏を当て、九州メンバーは劇場の倉野尾が山田杏華を当てた。続けて「あっちむいてほい」ゲームで劇場のメンバーに勝ったら当選するというルールで北海道東北メンバーは劇場の坂口と対戦して井上美優が残り、関西メンバーは劇場の大西と対戦して永野芹佳が残り、関東メンバーは劇場の小栗と対戦して清水⿇璃亜が残った。モニター越しで小田が「首が長いのがチャームポイントなので、それを活かして頑張りたいです!」と意気込んでいたが一発で負けてしまうなどエリアごとに見どころ満載だった。

各エリア選抜で、6⼈⽤に歌割りした楽曲「好きだ 好きだ 好きだ」を、事前の打ち合わせなしで、誰ともかぶる事なく1⼈ずつ歌っていくという企画で、チーム8の絆を検証。歌い出しから被ってしまったり、誰も歌い出さなかったりと、なかなかハードルの⾼いお題でしたが、3回⽬で⾒事にクリア。「離れていてもチーム8は1つ」というチーム8の絆を証明した。
制服レジスタンス ⼩栗・永野(モニター)・宮⾥(モニター)

制服レジスタンス ⼩栗・永野(モニター)・宮⾥(モニター)

向⽇葵 下尾・倉野尾・⾏天(モニター)・⾼岡(モニター)

向⽇葵 下尾・倉野尾・⾏天(モニター)・⾼岡(モニター)

Dear J 横⼭(モニター)・倉野尾・⼤⻄・下尾・岡部

Dear J 横⼭(モニター)・倉野尾・⼤⻄・下尾・岡部

「離れていても、チーム8はみなさんの
ところに会いに⾏きます︕」

さらに、AKB48/OUC48 公式チャンネルで3ヶ⽉に渡り配信した チーム8の⼈気企画「チーム8のかくし芸やっちゃうんです︕」も、8月8日のエイトの⽇で完結編を迎えた。

⻑⾕川百々花は⼤技を取り⼊れた「シガーボックス」を、⽴仙愛理はパワーアップした「イリュージョン」を披露。松村美紅は、今⽇のために3⽇前に編み始めたというエイトくん⼈形を完成させた。また上⾒天乃はスポーツスタッキングに挑戦。尾上美⽉は6歳からサッカーを始めたサッカー⼥⼦で、座ったままでのリフティングに挑戦。緊張の中、30回という記録を残した。

終盤は、配信メンバーが使⽤しているZoomを解放し、視聴者も参加して、AKB48唯⼀の⾳頭「⼀歩⽬⾳頭」で盆踊り⼤会も⾏った。続いてチーム8の国歌「47の素敵な街へ」を歌うと、Zoom内で掛け声や歓声が⾶び交い、さらに、IZ*ONE専任活動中の本⽥仁美も特別参加して、代表メンバー不在県を除くチーム8メンバー45名が⼤集結。お祭り感満載の盛り上がりをみせた。

鈴⽊は「チーム8に加⼊して、初めて8⽉8⽇を迎えたんですけど、こうしてエイトの⽇が無事に開催できて本当に嬉しいです。みなさんと⼀緒にお祭りができて楽しかったです。⼀⽣忘れません。ありがとうございます」と感想を語った。

最後は⼩栗が「離れていても、私たちはいつだってここにいます︕離れていても、チーム8はみなさんのところに会いに⾏きます︕」と挨拶し、AKB48 最新のメッセージソング「離れていても」を全員で歌い上げ、⼤盛況のうちに幕を閉じた。
7時12分の初恋 坂⼝・鈴⽊・吉川・歌⽥(モニター)・髙橋彩⾹(モニター)

7時12分の初恋 坂⼝・鈴⽊・吉川・歌⽥(モニター)・髙橋彩⾹(モニター)

本田仁美

本田仁美

公演概要

公演名︓ 「離れていても 8⽉8⽇はエイトの⽇ 2020」
昼の部・ソーシャルディスタンス公演
夜の部・「歌って踊って笑顔の輪︕わっしょいエイトちゃん祭り」

⽇時: 2020 年 8 ⽉ 8 ⽇(⼟) [開演]昼の部 12:00 / 夜の部 18:00
会場: AKB48 劇場(東京都千代⽥区外神⽥ 4-3-3 ドン・キホーテ秋葉原 8F)
出演メンバー︓
★昼の部
坂⼝渚沙(北海道)・岡部 麟(茨城県)・髙橋彩⾳(埼⽟県)・⼩栗有以(東京都)・
⼩⽥えりな(神奈川県)・濵 咲友菜(滋賀県)・下尾みう(⼭⼝県)・
倉野尾成美(熊本県)

★夜の部
劇場出演メンバー
坂⼝渚沙(北海道)・岡部 麟(茨城県)・吉川七瀬(千葉県)・⼩栗有以(東京都)・
鈴⽊優⾹(静岡県)・⼤⻄桃⾹(奈良県)・下尾みう(⼭⼝県)・倉野尾成美(熊本県)

リモート出演メンバー
横⼭結⾐(⻘森県)・布⾕梨琉(秋⽥県)・井上美優(岩⼿県)・御供茉⽩(⼭形県)・佐藤 朱(宮城県)・⻑⾕川百々花(福島県)・本⽥仁美(栃⽊県/IZ*ONE専任活動中)・清⽔⿇璃亜(群⾺県)・髙橋彩⾳(埼⽟県)・⼩⽥えりな(神奈川県)・塩原⾹凜(新潟県)・左伴彩佳(⼭梨県)・歌⽥初夏(愛知県)・服部有菜(岐⾩県)・松村美紅(三重県)・橋本陽菜(富⼭県)・平野ひかる(⽯川県)・坂川陽⾹(福井県)・髙橋彩⾹(⻑野県)・永野芹佳(⼤阪府)・福留光帆(兵庫県)・濵 咲友菜(滋賀県)・徳永羚海(⿃取県)・奥原妃奈⼦(島根県)・蒲地志奈(岡⼭県)・奥本陽菜(広島県)・春本ゆき(徳島県)・⾏天優莉奈(⾹川県)・⾼岡 薫(愛媛県)・⽴仙愛理(⾼知県)・吉⽥華恋(福岡県)・川原美咲(佐賀県)・尾上美⽉(⻑崎県)・⼭⽥杏華(⼤分県)・上⾒天乃(宮崎県)・藤園 麗(⿅児島県)・宮⾥莉羅(沖縄県)

●セットリスト(昼の部)
No. タイトル メンバー
overture ̶
1 ジタバタ 坂⼝・岡部・⼩栗・⼩⽥・下尾・倉野尾
2 重⼒シンパシー ALL
3 Mystery Line 濱・下尾・倉野尾
4 逆転王⼦様 坂⼝・髙橋彩⾳・⼩栗
5 てもでもの涙 岡部・⼩⽥
6 汚れている真実 ALL
7 近いのに離れてる ALL
8 蜂の巣ダンス ALL
9 思春期のアドレナリン ALL
10 好きだ 好きだ 好きだ ALL
11 離れていても ALL
12 47の素敵な街へ ALL

●セットリスト(夜の部)
No. タイトル メンバー
overture ̶
1 蜂の巣ダンス ALL
2 制服レジスタンス ⼩栗・永野(モニター)・宮⾥(モニター)
3 記憶のジレンマ 岡部・⼤⻄・服部(モニター)・橋本(モニター)
4 向⽇葵 下尾・倉野尾・⾏天(モニター)・⾼岡(モニター)
5 7時12分の初恋 坂⼝・鈴⽊・吉川・歌⽥(モニター)・髙橋彩⾹(モニター)
6 Dear J 横⼭(モニター)・倉野尾・⼤⻄・下尾・岡部
7 47の素敵な街へ ALL
~アンコール~
8 離れていても ALL
「歌って踊って笑顔の輪︕わっしょいエイトちゃん祭り」

「歌って踊って笑顔の輪︕わっしょいエイトちゃん祭り」

「歌って踊って笑顔の輪︕わっしょいエイトちゃん祭り」 (C)AKB48

「歌って踊って笑顔の輪︕わっしょいエイトちゃん祭り」 (C)AKB48

下尾みうがセンターを務めた「蜂の巣ダンス」 (C)AKB48

下尾みうがセンターを務めた「蜂の巣ダンス」 (C)AKB48

▼ 第18回「集まれエイトちゃん!G8首脳かいぎっ」エイトの日の生配信を実況するエイトちゃん
横山結衣、左伴彩佳、服部有菜、橋本陽菜、永野芹佳、行天優莉奈、高岡薫、宮里莉羅、清水麻璃亜が昼の部を観ながら生実況

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着