佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)がド
ラマ『恐怖新聞』に出演へ 主題歌は
THE RAMPAGEの「FEARS」に決定

8月29日(土)に放送がスタートするドラマ『恐怖新聞』(東海テレビ・フジテレビ系)に佐藤大樹(EXILEFANTASTICS from EXILE TRIBE)が出演していることがわかった。
(c)東海テレビ
『恐怖新聞』は、『オトナの土ドラ』シリーズ第29弾となるドラマ。つのだじろう氏の同名オカルトマンガを、『リング』などの中田秀夫監督演出のもとでリブートした作品で、シリーズ構成を小説家の乙一氏が手がけている。本作では、一人暮らしをはじめた大学2年生の小野田詩弦が、未来を予見する“恐怖新聞”と出会い、不条理な災厄に立ち向かおうとする姿が描かれる。詩弦役で連続ドラマ初主演を果たす白石聖のほか、母・歌子を黒木瞳が演じることがわかっている。
(c)東海テレビ
追加キャストとして発表された佐藤大樹は、詩弦の恋人である松田勇介役で出演。勇介はバイトを3つ掛け持ちしているフリーターで、恐怖新聞と関わるようになったことで、人生を大きく変えられてしまうという。
佐藤のコメントは以下のとおり。
佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE
佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)
まさに“奇跡のタイミング”でした。久々の連ドラ出演で、初のホラー作品。何より素晴らしい共演者の方々と一緒にお芝居が出来る事が、率直に嬉しかったです。また後輩グループの THE RAMPAGE が、ドラマの主題歌を担当し、普段から仲の良いメンバー達もドラマ出演を喜んでくれました。
僕自身、ホラー作品を見るのは好きなのですが、根っからのビビりで…でも、お化け屋敷は怖いけど入りたがるタイプ。そんな自分が「恐怖新聞」に挑戦することで、また一つ役者としてもステップアップできそうです。演じるのは、白石聖さん扮する主人公・詩弦の恋人でフリーターの勇介。色んな恐怖や試練に立ち向かう詩弦を側で支えようとする、真っ直ぐで、爽やかで憎めないキャラクターになればなと。
中田監督が過去に撮られた作品も拝見していますし、今回の出演が決まりホラー作品を沢山見て勉強しました。人間離れした物の怖さはもちろん、"人間のもつ本来の怖さ"みたいものを演出するのが上手い方だなと思いました。現場ではよく「今の○倍オーバーに!」や「ふたりの距離を今より○m 縮めて!」などよく数字を用いてアドバイスを下さいます!僕はダメ出しとかをドンドン言ってもらいたい“M役者”なので(笑)、指導してもらって嬉しかったです。
また台詞をさらっと言うのではなく、ひとつひとつ立てて、わかりやすく、聞き取りやすく、ということを意識しています。次から次へと恐怖や不幸が続くなかでも、詩弦と勇介のシーンでは、ニコって笑えるような穏やかなシーンやキュンとするようなシーンになればいいなと思っています。
「恐怖新聞」ほど、展開の読めないドラマは初めてです。設定もぶっ飛んでいて、挑戦的で、最後は「お見事!」という感じになっています。土曜の深夜、「そろそろ寝ようかな?」と思いながらふとテレビをつけた人が、「ちょっと待てよ!?」と眠気が覚めてしまうようなドラマだと思います。予想もできないような展開が次々とやってきます。ぜひ、楽しみに待っていて下さい!
また、ドラマの主題歌は、LDHに所属する佐藤の後輩・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの「FEARS」に決定している。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着