蒼井翔太 日野聡 豊永利行が参戦 劇
場版『美少女戦士セーラームーンEte
rnal』敵キャラ声優陣一挙解禁

2021年に劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』が前編1月8日(金)、後編2月11日(木・祝)で二部作連続公開されるが、本日、日野聡豊永利行蒼井翔太の出演が決定したことが発表された。
同作では皆既日食の最中入り込んできたデッド・ムーンが、地球の征服をもくろみセーラー戦士たちの前に立ちはだかるという、原作の4期にあたるデッド・ムーン編を描く。
特報映像
決定したのは、セーラー戦士たちの敵のデッド・ムーンサーカス団の動物で、人間に姿を変えられたアマゾン・トリオのキャスト。アマゾン・トリオはセーラー戦士たちの敵ではあるものの、自身の“叶えたい夢”を持っているという純粋さと全員が濃いキャラクターで、多くのセーラームーンファンからも愛されてる。
虎から姿を変えたタイガーズ・アイを演じるのは、「鬼滅の刃」の煉獄杏寿郎役や「NARUTO–ナルト-」のサイ役など、数多くの人気キャラクターを演じている日野聡。
鷹から姿を変えたホークス・アイを演じるのは、「ユーリ!!! on ICE」の勝生勇利役や「ダイの大冒険」のポップ役などの人気キャラクターを演じているだけでなく、舞台や音楽活動など幅広く活躍する豊永利行。
魚から姿を変えたフィッシュ・アイを演じるのは、「うたの☆プリンスさまっ」美風藍役や「KING OFPRISM」如月ルヰ役、さらには日本武道館や1万人規模のホールでの単独ライブなどアーティストとしての活躍も目覚ましい蒼井翔太。
キャストからのコメントも到着している。
キャストコメント到着
・タイガーズ・アイ役 日野聡コメント
女の子たちの憧れである「美少女戦士セーラームーン」に出演出来ること、そしてタイガーズ・アイを演じられることにとても喜びを感じると同時に、責任感も強く感じました。オーディションの結果を聞いた時は、本当に嬉しかったです。放送当時は中学生で、妹と共に食事の時間帯によく見ていました。男の自分から見てもタキシード仮面の格好良さに心を持っていかれました。
タイガーズ・アイは、アマゾン・トリオの中でもワイルドさと妖艶さのバランスが魅力的なキャラクター。そのバランスに気をつけながら演じました。音響監督さんからの演出で、オーバーリアクションも求められたポイントもあるので、そういうところも楽しんでいただけたら嬉しいです。
原作の4期にあたるデッド・ ムーン編が、25年ぶりに劇場版として公開されます。たいへん人気のあるエピソードですので、みんな気合いを入れて挑んでおります。沢山のファンの皆様にスクリーンで楽しんで頂けたらと思います!是非ご期待下さい!
・ホークス・アイ役 豊永利行コメント
自分が幼少の時に見ていたセーラームーン。まさか自分が出演させていただける日が来るとは思ってもいなかったので、とにかく驚きました。セーラージュピターが好き!と同級生に言ってた記憶があります。多分ポニーテールが好きなんです、はい。
最初のディレクションの時に「オネエです」と言われたのですが、ただのオネエにならないように気を付けました。ホークス・アイには叶えたい夢があったので、純粋な気持ちも忘れずにいよう、と思って演じさせていただきました。
あの頃を知っている方は「あの頃の記憶がよみがえるよう」初めてご覧になられる方は「新鮮な気持ちが味わえるよう」楽しんで、全力で演じさせていただきました。是非、何度もご覧いただけますと幸いです。
・フィッシュ・アイ役 蒼井翔太コメント
保育園でごっこ遊びをしたり、ミュージカルを見に行ったりするほど大好きで、僕のthe青春であるこの作品に出演できて本当に嬉しいです。
もちろん全てのキャラクターが好きですが、中でも一人を選ぶとしたらフィッシュ・アイだといろんなところでお話ししてきたので、フィッシュ・アイ役での出演が決まって、僕の夢がまた一つ叶ったと同時に、この作品を愛してやまない皆様の期待を裏切らないようにと気を引き締めました。
フィッシュ・アイを改めて見てみて、相変わらずかっわいいなと思いました・・・。可愛くて泣けます。精一杯の好きな気持ちを演技に込めて全力投球しました。
この作品の1ファンとして、携わらせていただけることが本当に幸せです。タイガース・アイ、ホークス・アイと共に、精一杯頑張っていますので、是非楽しみにしていてください!
僕のレムレスちゃんに・・・勝てるかしら?
劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』は、2021年に前編1月8日(金)、後編2月11日(木・祝)で二部作連続公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着