玉置成実

玉置成実

【玉置成実 インタビュー】
悩んでいた時の自分に
この曲を聴かせてあげたい

約5年振りとなるシングル「Connect the Truth」は『ウルトラマンZ』のエンディングテーマ。兄がいる彼女にとってウルトラマンは小さい頃から身近な存在だったそうで、オファーに“私でいいんですか!?”と思うぐらい驚いたという。自身にとっても新たなスタートとなる今作が生まれた背景について訊いた。

“正義って何だろう?”っていう
テーマについて考えた

まずは『ウルトラマンZ』のテーマ曲を歌うことが決まった時の心境から教えていただけますか?

私には7歳年上の兄がいるので、ウルトラマンは物心がついた時から身近にある存在だったんです。まさか自分が『ウルトラマン』シリーズの曲を歌うようになるなんて夢にも思っていなかったので、“えっ、私でいいんですか!?”とびっくりしたし、嬉しかったし、プレッシャーもありましたね。

国民的ヒーローなだけに?

そうですね。日本人なら誰もが知っていて、子供たちから大人の方まで観られている作品なので。今、自分は32歳なんですけど、同世代で『ウルトラマンZ』を観ていらっしゃる方が多く、“楽しみにしています”という声をたくさんいただいたので、今回のシングルで新しい玉置成実に触れてもらいつつ、ちょっと懐かしさも感じていただけたらと思っています。

「Connect the Truth」は疾走感があり、パワーと憂いを兼ね備えた曲になっていますが、この曲をどう受け止めて歌われたんですか?

作詞作曲してくださった尾澤拓実さんといろいろなお話をして歌わせていただいたんですが、“正義って何だろう?”っていうテーマについて考えましたね。ウルトラマンは正義のもとに戦っているけど、敵も信じるものがあって戦っている。どっちが正しいのかを考えていくと難しくて、『ウルトラマン』ってそういう深いテーマがある作品なんだと改めて思いました。主人公のナツカワ ハルキも“何が正しいんだ?”って葛藤しながら、どんどん成長していくので、そういう力強さと切なさを出したいと思って歌いました。

悩みながらも立ち向かっていくハルキの生き方を重ね合わせて?

はい。現実の中でも“これってほんとに正しいのかな?”と思うことが絶対にあると思うんですよね。そういう時の自分の心境や、これまでの人生を振り返ったりしました。

歌詞の中に《何を背負い歩いて 涙を流すの》と問いかけが含まれていますが、印象的なフレーズはありましたか?

まさにおっしゃってくださった歌詞がそうです。自分自身、中学生の時にこの世界に飛び込んで活動してきた中、最初は“楽しい世界だぁ!”ってウキウキしていたけど、5年目の壁や10年目の壁とかに、毎回ぶつかるんですよね。

周年を迎えて?

そうなんです。“5年で何ができたかな?”、“10年で何か残せてるかな?”、15年では“今の自分はこれでいいんだろうか?”と不安になるんですよ。「Connect the Truth」の歌詞にも通じるんですが、信じてやってきたことをふと疑問に思って立ち止まったりするんです。なので、悩んでいた時の自分にこの曲を聴かせてあげたいですね。ソロとしては5年振りのシングルなので、レコーディングも久しぶりだから“大丈夫かな?”って思いながら挑んだんですけど、歌っているうちに強くなれるというか、元気をもらえるんですよ。聴く人にも伝わったらいいなと思います。

悩んでいた時の自分に聴いてほしかったということですが、そういう意味で玉置さんの背中を押した言葉は?

最後の《僕らはもっともっと輝くよ》という箇所はメロディーも強めなんですが、歌っていても気持ちが入って“私ももっと頑張る!”という想いで歌いました。少年っぽく歌いたいと思ったので、声も含めて全体的に力強さを意識しています。これまで可愛い歌い方をする曲が多かったんですが、カッコ良い声、歌い方をイメージしました。

また、この曲は『ウルトラマンZ』の物語がプレイバックされるエンディングにぴったりの温度感ですよね。

デビューして17年が経つのに未だにドラマやアニメのテーマ曲で自分の名前のクレジットが出てくると不思議な気持ちになるんですよ。“これ、自分の家のテレビにだけ流れてるんじゃないかな?”って(笑)。

あははは。

毎回、信じられないんです。それぐらいすごいことだと思っていますし、今回は『ウルトラマン』シリーズということもあって、“久しぶりに声が聴けて嬉しいです”など反響が大きくて心から感動しました。

さっき、おっしゃっていた同世代のお友達からも反応がありました?

そうなんです。年齢的にも友達がどんどん子供を産んでいるので息子さんがいる友達から“観たよ〜”っていっぱい言ってもらえたり、ダンサーとして参加してくれた女性も息子さんがいるので“一緒に曲を覚えられるように頑張るね”って言ってくれたり。

Twitterで“ウルトラダンスを考案したい”ってつぶやかれていましたよね。

はい。今はSNSの動画でダンスチャレンジされている方が多いので、勝手にそんなこと言ったら怒られるかなと思いながらもつぶやいちゃいました(笑)。ハッシュタグを付けてみんなに投稿してもらったら、楽しんでもらえるかなって。まだ外に出かけるのをためらう状況なので、“お家での運動も兼ねてやってもらえたらいいかな”って考えていたんですよ。私自身、いろんな方が踊っているのを観たいですし。

玉置さんはアーティスト写真のセクシーな赤の新衣装で踊ってくれるんですよね?

そうですね(笑)。

楽しみです(笑)。オープニングテーマは遠藤正明さんの「ご唱和ください 我の名を!」ですが、この曲を聴かれた時の印象は?

第1話の放送を観た時は目が覚めました(笑)。朝の9時は私にとって早起きの時間なんですけど、曲が流れてきて“遠藤さん、おはようございます!”ってピリッとしました(笑)。一回聴いたら一緒に歌いたくなるフレーズで、“声が通るな〜”と感動しながら聴いていましたね。“これぞ主題歌!”と思える楽曲ですし、気持ち良くシャウトされていて“素晴らしい! 清々しい!”と思いました。

玉置さんのダンステイストの曲とのバランスが絶妙ですね。

ありがとうございます。私自身、最初から最後まで番組を普通に楽しんでいます。変身シーンもキュートだし。
玉置成実
シングル「Connect the Truth」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着