あーりん、配信ライブでも楽しめる無観客ライブをセルフプロデュース!

あーりん、配信ライブでも楽しめる無観客ライブをセルフプロデュース!

あーりん、配信ライブでも楽しめる無
観客ライブをセルフプロデュース!

カメラ:上飯坂一

自身5度目のソロライブ開催
ももいろクローバーZ佐々木彩夏が7月13日、自身5度目の開催となるセルフプロデュースソロライブ『A-CHANNEL』を無観客でライブを実施し、その模様がGYAO!にて生配信された。
今回の無観客ライブは、当初横浜アリーナで開催される予定だった佐々木彩夏のソロライブが、新型コロナウイルスの影響により中止となったことを受け、「新たな構成」のもとに無観客ライブとして行われた。
ももいろクローバーZの新型コロナウイルスの感染拡大防止のための運営ガイドラインを徹底し、当日は問診票の記入や検温、アルコール消毒など、感染拡大防止のための対策が講じられ、演者、スタッフへの最大限の配慮を行って実施された。
「あーりんの成長」がテーマ
今回の無観客ライブは「あーりんの成長」がテーマに置かれ、4パート(小学生・中学生・高校生・社会人)の構成で展開。
カメラ:上飯坂一
冒頭は佐々木彩夏ソロライブではおなじみのSE「あーりんちゅあ」が流れ、ショートケーキ衣装を身に纏ったあーりんとミュージックビデオに出てきたケーキの妖精と紅茶の妖精が登場。
先日発売となった佐々木彩夏の初となるソロアルバム『A-rin Assort』のリード曲であり、ミュージックビデオも公開された「ハッピー♡スイート♡バースデー!」でライブがスタート。
ラストのサビで映像が切り替わり、ベビー服の衣装を着た赤ちゃんあーりんが登場し、生のあーりんがこの瞬間から登場するというLIVEと映像
のトリックリンクが行われた。
カメラ:上飯坂一
VTRがあけると、黄色の帽子とカバンが際立つ小学生をイメージした衣装を纏ったあーりんと後輩グループのアメフラっシ、CROWN POPのメンバー10人が登場し、「ゴリラパンチ」を無邪気さ満点でパフォーマンスした。
続けて「キューティーハニー」をAR技術を駆使し、画面いっぱいにハートが溢れる演出を、「私を選んで!花輪くん」では、CG合成で花輪くん、みぎわさんとの共演が実現し、Zoomを使用した生コラボレーションに見える演出が行われ、アニメの世界観も同時に表現された。
この環境を大いに活用した演出であーりん流エンターテインメントを提供した。
MCでは、
聞こえるよ!みんなの声がここまで聞こえてくるようです!
と見てくれているファンと繋がっていることを再確認する様子も。
本当は【AYAKA NATION】を横浜アリーナでやる予定だったんだけど中止という形を取らせていただいて、今回は「AーCHANNEL」というかたちで私のソロライブ配信をしたいと思いまーす!
と気合いが入ってることを報告した。
みんなも幼稚園生だったでしょ!だからまだまだみんなで踊りたいと思います!
との掛け声から子供たちにも大人気の「笑―笑 〜シャオイーシャオ!〜」を後輩グループアメフラっシ、CROWN POPと一緒に笑顔いっぱいで踊り、画面の向こうまでたくさんの笑顔を届けた。
カメラ:上飯坂一
そして、代表曲でもある「だって あーりんなんだもーん☆」を、当時の中学生だったあーりんを連想させるピンクのラブリーな衣装に身を包み、かわいさ溢れるパフォーマンスを魅せた後、プールサイドに移動し、「君が好きだと叫びたい」を披露。
画面の向こうにいるプニノフ(佐々木彩夏のファンの呼称)に向かって“あーりん”を届けている姿をカメラ1台で臨場感たっぷりにワンカットで捉えていく。
その後もテンポよくライブハウス内を移動し、バーラウンジカウンターにてダンサーと合流しながら「My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」、「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)」を、フェイスガードを装着しソーシャルディスタンスを意識したパフォーマンスを行った。
カメラ:上飯坂一
場面転換後、あーりんおなじみ曲の「あーりんは反抗期!」のイントロとともに高校生を意識したスケバンセーラー服の衣装を着こなすあーりんが登場。
続けてフェスでのももクロ定番ロックナンバー「あーりん飛ばしすぎ!!」を披露し、またもや会場を華麗に移動していく。
とある一室にたどり着き、2019年のソロライブのテーマソング「Bunny Gone Bad」を2019年とは違ったダンスで披露。
さらに移動を重ね、自身の楽曲の「スイート・エイティーン・ブギ」、「あーりんはあーりん♡」を披露。
「あーりんはあーりん♡」では、Zoomを使用したファンとのコミュニケーションをとり、応援してもらう場面も取り入れられた。
その流れでZoomで参加してくれているファンとの交流や、配信を見ているファンからのコメントを確認した。
親離れ大作戦に参加してくれたみんなありがとうございました!画面越しでご覧の皆さんもまだまだ盛り上がっていきましょー!
と企画参加者へお礼を述べ、引き続き一緒に盛り上がって欲しいと伝えた。
カメラ:上飯坂一
映像が切り替わると黒いドレス風ワンピース衣装に着替えたあーりんが再登場。
先ほどまでのあーりんとは異なる大人の雰囲気が溢れ出し、バラードを中心とした「Memories, Stories」、「Grenade
先日発売となっている初のソロアルバム『A-rin Assort』より、初披露となる「空でも虹でも星でもない」をしっとりと歌い、背景には過去の自身のライブ映像やメンバーライブを見ている人たちの心を奪っていった。
ここでMCを挟み、
なんと【AーCHANNEL】用に今回新しく、最初で最後の「あーりんだけ飛ばしすぎ」をオークラ先生につくってもらいました。
ありがとうございます!大人になっちゃったからこれがラストスパートになりますけど、画面の向こうの皆さんもまだまだライブ盛り上がってくれますかー?
まだまだ一緒にライブ楽しんで行きましょう!
と述べると、2018年のソロライブのテーマソングの「Early SUMMER!!!」のイントロが流れ、黒を基調としたセクシーな衣装へと華麗に早替えが行われ、夏らしさいっぱいのポップチューンを披露した。
カメラ:上飯坂一
「社会人パート」締めくくりはアルバムに収録された女の子であることを最大限に楽しもう!というメッセージが込められた新曲「Girls Meeting」をバックダンサーを務めてくれている後輩グループのアメフラっシ、CROWN POPの選抜メンバーとともに初披露し、視聴者を魅了した。
最後のMCでは、
みなさん最後まで観てくださって本当にありがとうございました!
これにて、今回のA-CHANNELはおしまいです!
今のところ2021年のソロコンは6月27日最後の日曜日ですが、これは横浜アリーナにみんなで集まれたらいいなって思っているんですけど、またこうやって配信でも私の世界を届けられたらいいなと思っています。
今日は本当にありがとうございました!
と述べられ、本ライブが締めくくられた。
あーりんソロライブではおなじみのニイルセンのイラストを使った映像コントの新作【「あーりん講座あーりん式オンラインアンコールの仕方」】の上映を経て、今回のグッズであるTシャツを着用して再登場。
今回も手話を交え「モノクロデッサン」をしとやかにそしてしっかりと歌い上げ、会場、画面、全てのプニノフを魅了した。
最後にあーりんから、
この間、ももクロとしてはライブをやらせていただいたんですけど、1人でやるのと4人でやるのは全然違うし、後輩ちゃんたちがサポートしてくれたけど、やっぱりすごく緊張した!私なりに、プロの方の力を借りて試行錯誤して、いつもとやるライブとは一味違った配信ライブを観ていただけましたでしょうか?
これからの私たちのライブが楽しみになっていただけましたでしょうか?
私たちもワクワクするようなことを届けるのが使命だと思っているので、前向きにまだまだ頑張っていかかなきゃいけないなと思いました!
これからチームももクロも進化していくと思いますので、楽しみにしていてくれたら嬉しいなと思います!
と述べ、あーりんの初のセルフプロデュースによる無観客ライブ「A-CHANNEL」は幕を閉じた。
新型コロナウイルスの拡大拡散防止のため、最大限のガイドラインを作成し厳重体制で挑む中で、佐々木彩夏だからこそ魅せられる“エンターテインメント”を、佐々木彩夏自身で考え、実現させた新しいエンターテインメントショーは無事終了を迎えた。
【歌詞コラム】ももいろクローバーZは金色に輝く「stay gold」
https://utaten.com/specialArticle/index/4639
『A-CHANNEL』詳細
2020年7月12日(日)開催
※2020年7月28日(火)12:00 〜 2020年8月28日(金)23:59の期間で見逃し配信を実施いたします。
視聴料金:4,500円(税込)
販売期間:2020年7月3日(金)19:00 〜 2020年8月27日(木)23:59
▷販売ページ・視聴URLはこちら
<セットリスト>
あーりんちゅあ
01.ハッピー♡スイート♡バースデー!
02.ゴリラパンチ
03.キューティーハニー
04.私を選んで!花輪くん
05.笑―笑 〜シャオイーシャオ!〜
06.だって あーりんなんだもーん☆
07.君が好きだと叫びたい
08.My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)
09.My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)
10.あーりんは反抗期!
11.あーりん飛ばしすぎ!
12.Bunny Gone Bad
13.スイート・エイティーン・ブギ
14.あーりんはあーりん♡
15.Memories, Stories
16.Grenade
17.空でも虹でも星でもない
18.Early SUMMER!!!
19.Girls Meeting
<ENCORE>
20.モノクロデッサン
「佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/9360
リリース情報
●2020年7月8日(水)
佐々木彩夏1stソロアルバム「A-rin Assort」
▷特設サイト
★初回限定盤
品番:KICS-93927
形態:CD+Blu-ray
価格:7,727円+税
【CD収録曲】
M1:あーりんちゅあ
(作曲:前山田健一 編曲:前山田健一)
M2:ハッピー♡スイート♡バースデー!
(作詞:前山田健一 作曲:前山田健一 編曲:前山田健一)
M3:Girls Meeting
(作詞:山本加津彦 作曲:山本加津彦 編曲:山本加津彦)
M4:Early SUMMER!!!
(作詞:eNu 作曲:設楽哲也 編曲:設楽哲也)
M5:My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)
(作詞:前山田健一 作曲:前山田健一 編曲:宮崎誠)
M6:My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)
(作詞:前山田健一 作曲:前山田健一 編曲:川田瑠夏)
M7:Bunny Gone Bad
(作詞:藤林聖子 作曲:R・O・N 編曲:R・O・N)
M8:Memories, Stories
(作詞:多田慎也 作曲:多田慎也 編曲:生田真心)
M9:Grenade
(作詞:Yuho Iwasato 作曲:TeddyLoid 編曲:TeddyLoid)
M10:だって あーりんなんだもーん☆
(作詞:前山田健一 作曲:前山田健一 編曲:前山田健一)
M11:あーりんは反抗期!
(作詞:前山田健一 作曲:前山田健一 編曲:前山田健一)
M12:スイート・エイティーン・ブギ
(作詞:橋本由香利 作曲:橋本由香利 編曲:橋本由香利)
M13:あーりんはあーりん♡
(作詞:前山田健一 作曲:前山田健一 編曲:前山田健一)
M14:仕事しろ
(作詞:前山田健一 作曲:前山田健一 編曲:徳田光希)
M15:空でも虹でも星でもない
(作詞:山本加津彦 作曲:山本加津彦 編曲:山口隆志 )
【Blu-ray収録内容】
・MUSIC VIDEO 2曲
・Making of 『A-rin Assort』
・AYAKA NATION 2016→2019 ~4年間の軌跡〜
【SPECIAL MAGAZINE(40P)】
・PHOTO
・INTERVIEW
・DISCOGRAPHY
・IN THE A-rin’s BAG
・1WEEK COLLECTION
★通常盤
品番:KICS-3927
形態:CD
定価:2,800円+税
【CD収録曲】
初回限定盤同内容
<特典>
「NO MUSIC, NO IDOL?」コラボレーション ポスター&ポストカード
(1)ポスタープレゼント(店舗対象)
※予約者優先、購入者先着にて対象商品1枚
※購入につきポスター1枚を差し上げます
対象店舗:タワーレコード12店舗
札幌ピヴォ店/仙台パルコ店/新宿店/横浜ビブレ店/新潟店/静岡店/名古屋パルコ店/梅田NU茶屋町店/広島店/高松丸亀町店/福岡パルコ店/那覇リウボウ店
(2)ポストカードプレゼント(オンライン対象)
※予約者優先、購入者先着にて対象商品1枚
※購入につきポストカード1枚を差し上げます
『A-rin Assort』ピンク盤キャンペーン応募詳細
※詳細はご当選者のみに封入されている応募要項をご確認ください
【送付期限】2020年8月31日(月)まで
【発送時期】2020年10月末〜11月頃を予定

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着