F-BLOOD初の無観客配信ライブに盟友
・木梨憲武が登場! 藤井フミヤの誕
生日に息の合ったパフォーマンス

7月11日(土)、F-BLOODが横浜のライブハウス・ブロンテにて無観客ライブを開催。この模様は生配信された。
F-BLOODは今春、3年ぶりに活動を再開させ、4月25日からは東京・豊洲PITを皮切りに26本の全国ツアーを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止。コンサートを楽しみにしていたファンのために、無観客ライブを企画。演奏曲も4月8日にリリースした4枚めのアルバム「Positive」の収録曲を中心に本来、予定されていたツアーのセットリストを披露した。
PHOTO=岡本隆史
19時4分、フミヤの「Are You Ready? Come on!!」の第一声を皮切りに、ドライブ感溢れるギターのリフが響き渡り、ライブがスタート。オープニングは新アルバム『Positive』に収められた豪快なロックンロール・ナンバー「ポジティブR&R」だ。間髪入れず藤井尚之の「ファイト!」のシャウトを合図に2曲めに突入。リード・ボーカルは尚之で、フミヤはコーラスとタンバリンでサポート。3曲演奏したところで、フミヤはカメラひとつひとつに向かって挨拶し、「俺たち、初めてやる無観客のライブですが、満員の気持ちでやらせてもらいます。今はコンサートも出来ず、殆ど無職に近い我々ですが。今日は音楽で元気になってほしいと最後までがんばります!」とモニターの向こうにいる人に向け呼びかける。
PHOTO=岡本隆史
冒頭からここまで5曲は勢いのあるアップテンポ・ナンバー。メンバー紹介を経て、「ここからは、のんびり、ドリンクでも傾けながら聴いてください」と、猿岩石に提供した「白い雲のように」を始めミディアム・テンポの曲が並ぶ。尚之もサックスからアコースティック・ギターに持ち替える。ビートルズを彷彿させる壮大なナンバー「Make me」では、フミヤと尚之のふたりで圧倒的な迫力のツイン・ボーカルも披露。
PHOTO=岡本隆史
「ここからはマイナーな曲歌います。俺たち昭和の人間なので、マイナー調の曲が似合うんです(笑)」と歌い出したのは、最新アルバムに収められた「二十六夜の朧月」。ソプラノ・サックスをフィーチャーし、アコースティック・ギターをバックに70年代のフォーク/ニューミュージックのような切ないメロディを歌い上げる。「最後の晩餐」ではソプラノ・サックスの音色がむせび泣き、レトロな昭和歌謡ムード漂う。間奏ではフミヤはダンスを披露し、妖しげなナイトクラブにいるかのよう。続く「孤独のブラックダイヤモンド」では、往年のGSサウンドをも彷彿させ、石原裕次郎の日活アクション映画のように。ここから、間髪入れずチェッカーズの「NANA」になだれ込む流れは鳥肌が立つほどのカッコよさ。妖艶さと猥雑さが入り交じり、画面の向こうの視聴者が息を呑む声が聞こえそう。
PHOTO=岡本隆史
ここで客席から、「フミ~!フミ~!」と黄色い歓声が上がる。声の主は、フミヤの前にステージ下から「お誕生日おめでとう!」とシャンパンを差し出す。ステージに上がってきたのは、エレキギターを抱えラスタ・ヘアー姿にレゲエ・ミュージシャン風の盟友・木梨憲武だ。この日はフミヤの誕生日ということで、「これで同い年!(木梨は3月生まれ)」と駆けつけた。
まずは、元々は木梨が尚之に曲を依頼し、木梨・ヒロミの3人で歌った「友よ」を披露。もう1曲は、2019年秋にリリースされた木梨のファーストEP「木梨ファンク ~NORI NORI NO-RI~」に収められたフミヤ作詞の「チョイ前 LOVE」。今年はじめ、木梨のラジオ番組にフミヤがゲスト出演した際に触りを歌った曲で、本格的に披露するのはこれが初めて。美しいソウル/R&Bテイストのナンバーを息の合ったコーラスで見事に決め、木梨はメンバーに肘タッチをして意気揚々とステージを降りた。
PHOTO=岡本隆史
「急に淋しくなるね、のりちゃんがいなくなると」と送り出し、後半は新アルバム収録の「One by One」でスタート。この日のサポート・メンバーは4月8日には4枚目のオリジナル・アルバム『Positive』のレコーディング・メンバーたちだ。バンドマスターでドラマーの大島賢治は同アルバムのプロデューサーでもあり、前作『POP ’ N’ ROLL』やフミヤの『大人ロック』でもタッグを組んだ盟友。本来ならこのメンバーで全国ツアーを廻っていただけに、この日のライブにかける各人の意気込みは並々ならぬものを感じさせる。また、尚之は、ソプラノにテナーとサックス、エレキにアコースティック・ギター、さらにコーラス、リード・ボーカルも、と八面六臂の大活躍をみせた。
ここからは、熱量あるバンドサウンドに乗って一気に駆け抜ける。「最後の曲になります!え~っという声が聞こえませんが(笑)、だんだん心が盛り上がってきました!)とファースト・アルバム収録の「GENERATION GAP」に。いつものライブなら、フミヤが尚之に近づいたりもするが、この日各メンバーは1m以上の間隔を空けたソーシャル・ディスタンスをとっているので叶わなかったが、ステージでの熱さは画面越しにも伝わったことであろう。
PHOTO=岡本隆史
「みなさんのアンコールの声が心に響いてます!」と再びステージに帰ってきたフミヤは、「普通の日常がどれだけ幸せだったのかを実感してます。そんなさりげない日常を歌った歌です」とバラードナンバー「さりげない唄」を朗々と歌い上げる。最後は、「我々は音楽を届けることしかできないんで、明日へ明後日へ、そして未来へ向かってこの曲を歌います!」と「SHOOTING STAR」で2時間に及んだ初の無観客ライブを終え、「サンキュー!また一緒に遊ぼうぜ!」と画面越しにメッセージを伝えてステージを降りた。
この日の模様は7月12日(日)23時59分までアーカイブ視聴できる。チケットは7月12日(日)20時まで購入が可能だ。詳細はF-BLOOD公式サイトを確認しよう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着