陳内将×毛利亘宏 百目鬼は「もし散
るなら、育てた上で盛大に」 舞台『
死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-』インタ
ビュー 

2020年7月23日(木)より東京・サンシャイン劇場を皮切りに上演される、舞台『死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-』。映画と舞台を完全連動させるプロジェクト「東映ムビ✕ステ」の第2弾作品として、映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』より引き継いだ新たな物語が展開される。今回は物語のキーマンとなる死神・百目鬼を演じる陳内将と、脚本・演出の毛利亘宏(少年社中)のインタビューをお届け。縁深い間柄から生まれる信頼感、作品への意欲あふれる対談となった。
ーーまずは、台本を読まれた感想からお聞かせください。
陳内:百目鬼というキャラクターだけ取っても、あっと驚く展開が盛り込まれていました。もう、毛利さんが“(スーパー戦隊シリーズ『特命戦隊ゴーバスターズ』に登場するキャラクターの)エンター・陳内”の使い方を熟知してらっしゃるなと。
毛利:あっはっは! 映画を見た時に「こりゃあおいしいぞ! 料理のしがいがある!」って思っちゃった。僕の思う陳内の良さをふんだんの盛り込めそうだなと。
陳内:映画と舞台、一幕と二幕でもだいぶ印象が変わると思います。僕も「これ、百目鬼だよな!?」って思ってしまうようなセリフがありましたし(笑)。
陳内将
ーーちなみに、毛利さんが思う陳内さんの“おいしさ”は?
毛利:一見するとぶっ飛んだことでも、スッと成立させてしまう力。百目鬼やエンターのような役柄って、演技によっては寒くなってしまうから難しいはずなんです。言うなればトリックスターであり、すごく特異な役者だと思います。
陳内:ありがとうございます! 僕もまたご一緒できることが本当に楽しみなんです。
毛利:オリジナル作品を舞台でいっしょにやるのは初めてですね。
陳内:だから、なおさらうれしくて。少年社中の舞台を観ながらちょっと嫉妬してしまいましたもん。赤澤燈や矢崎広の役どころを見ながら「僕もやりたい!」ってモダモダしてました(笑)。
ーー本作の主人公である庄司新之助(崎山つばさ)と十蘭(安井謙太郎)たちに関わる登場人物として、百目鬼や新しく登場する死神が大きな鍵を握る存在です。
毛利:ずっと久坂幻士郎と一緒にいた十蘭は、死神としては一番ノンポリなタイプ。それぞれ考え方の違う死神と出会って、十蘭自身はどういう死神でありたいのかということを見つけてもらいたいなと考えながら書きました。主役の新之助や十蘭については映画からの変化を描いていますが、百目鬼だけは何も変わっていない。ずっと芯を通しているキャラクターなんです。
毛利亘宏
陳内:かなり深堀りしていただいたと感じました。死生観にはいろんな観点がありますが、人間でも死神でも自分にとって揺るがない好みを持っている。そのなかで、百目鬼の美学はどういうところなのかというところも楽しみにしてだけるポイントになっていると思います。映画の撮影中は、舞台の詳細を知らない状態で演じていました。どう展開しても良いように、余白は残しておきたいなと。もし舞台の脚本を読んだ上で映画に臨んでいたら、いろいろ考えたり逆算しまくったりしてやりにくかったかもしれません。
毛利:映画の脚本を手掛けた須藤(泰司)さんが、余白を残して書いてくださった。設定を細かく詰めすぎずに、舞台へ委ねていただいた部分も多いんです。監督を務めた柴崎(貴行)さんとも長いご縁ですし、そういった方々の後を継いで作品をくれることはすごく嬉しいです。
ーー本作で新たに盛り込まれた要素や意識された部分は?
毛利:「ただの悪役にはしないでおきたい」とは思っていました。盛り込んだというよりは、足していった感覚ですね。実は百目鬼って、構想の打合せ段階では、作中、早いタイミングで死んでしまいかねないキャラクターだったんです。
陳内:えっ(笑)。
毛利:「このキャラクターを魅力的に作ることができたら、舞台をもっと面白くできる!」と感じていたので、踏みとどまってもらいました(笑)。もし今後もこの作品で展開が続いていくとするなら、もうちょっと育てて、もっと盛大に散ってもらいたいので。
ーー陳内さんご自身も役者として映画、舞台をつなぐ存在の一人。映画撮影時の思い出を教えてください。
陳内:柴崎さんとはお久しぶりだったんですけど、僕、何かするたびにニヤニヤしてくるんです。僕が真面目にお芝居してるのに、カットかかった時の「はい、オッケー」っていう声がすでに笑ってるんですから。
陳内将
毛利:わかるなあ、その気持ち(笑)。
陳内:映画では柴崎さんで、舞台では毛利さんで。とにかく、本当に早く稽古がしたいです。
毛利:舞台から登場するキャストの皆さんも含め、全員手練れだと聞いています。この2、3カ月の充電期間となった時間を経て、どんな芝居をしてくれるのかとても楽しみです。
毛利亘宏
ーーこの取材時点では稽古開始前となりますが、持ち寄ったエネルギーがどんな爆発力になるのかも期待するところ。どんな準備を?
陳内:自粛期間中は、いつでも役者に復帰できるような心積もりと体力作りをして過ごしていました。芝居への欲が大きくなった期間でもあります。自分だけじゃなく、全員そうだったはず。世界中が同じ状況でしたし、焦るのはやめて「みんな一緒なんだ」という気持ちでいました。
毛利:期待しているところも大きいですが、一方であんまり力みすぎないでほしいなとも思っています(笑)。
陳内:たしかに、空回りしちゃいそうですね(笑)。
毛利:頑張ってものを作っていた時と変わらないことが大事だと思っています。けど、久しぶりにエンタメに触れるお客様や周りからの期待値が上がっていることだろうから、そこは楽しみつつ、毎日喜びを感じて稽古場に通いたいな。あれだけやっていたお芝居というものが当たり前のものじゃなかったんだということを感じたし、いつ無くなるかもしれない薄氷の上で活動していたことを再認識しました。
陳内:先日、友達とリモート飲みをしたときに「劇場で生のお芝居を観れる機会が貴重になる分、お客様にとって舞台=価値の高いものという認識が広まっていくのかもしれないね」と語り合いました。演劇が変化していく部分もたくさんあると思います。
陳内将
毛利:誰もが体験したことのない道を切り開いているところ。何が正解かわからないなかで、今も初日に向けてたくさんの準備を進めてもらっている最中です。
ーー最後に、作品の見どころや上演を待ち望んでいるお客様に向けてメッセージをお願いします。
毛利:百目鬼というキャラクターは映画と舞台をつなぐ重要人物、今後を背負っていく大事なキャラクターだという気がしてます。いろんな鍵を握る男として、百目鬼を楽しみにしていただきたいですね。エンターテインメントから離れていた時期があった分、改めて劇場で観劇する意義を伝えていけたらと思います。
陳内:映画から舞台へとつないできた物語。プロットの段階から“しにつか”ファンであり、演じる僕自身がいち百目鬼ファンにもなりました。台本を初めて読んだときは驚きが大きかったので、今楽しみにしてくださっている方にも感動していただけるはず。期待以上のものをお届けしたいので、自信を持って「楽しみに待っていてください!」とお伝えしたいです。
取材・文=潮田茗 撮影=福岡諒祠

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着