Creepy Nutsの新作アルバム「かつて天才だった俺たちへ」発売決定!映像商品も同時発売!

Creepy Nutsの新作アルバム「かつて天才だった俺たちへ」発売決定!映像商品も同時発売!

Creepy Nutsの新作アルバム「かつて
天才だった俺たちへ」発売決定!映像
商品も同時発売!

ミニアルバム&DVD同時発売

ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永によるHIP HOPユニットCreepy Nuts
7月1日に菅田将暉とのコラボレーション楽曲「サントラ」が配信したばかりの彼らが、6月30日夜の自身のレギュラーラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」で、約1年ぶりの新作となるミニアルバム「かつて天才だった俺たちへ」と、さらに2月に行われた番組イベント「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 『THE LIVE 2020』 ~改編突破 行くぜ HIP HOPPER~」のDVDを、8月26日に同時発売することを発表した。
【歌詞コラム】たりないオトナの音無き叫び Creepy Nuts「オトナ」
https://utaten.com/specialArticle/index/4888
「かつて天才だった俺たちへ」等7曲収録
アルバムには、「サントラ」の他、1月のドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」のオープニング曲「オトナ」、アルバムタイトル曲「かつて天才だった俺たちへ」など計7曲収録。
その7曲入りのCDに2019年新木場スタジオコーストにて行われたライブの模様を収録したDVDが付いた「ライブDVD盤」(CD+DVD)と、曲と曲の間にトークが入り、あたかもラジオ番組を聴いているような構成の「ラジオ盤」(CD)の2タイプが、前作「よふかしのうた」同様用意され、どちらも違う楽しみ方ができる内容となっている。
初イベントの模様を収めたDVD
そして2月に行われた自身のレギュラーラジオ番組の初イベントの模様を収めたDVDは、この商品でしか味わえない企画盤ともいえる内容。
2,000席のキャパに2万以上の応募があったこのプレミアムイベントの模様を、イベントとは異なる形で堪能できる番組リスナーには必見になること間違いない。
ユニットとしての音楽活動の他、メディアやジャンルの枠組みを越え、縦横無尽に活躍の場を急拡大させる彼らの動きから、ますます目が離せない。
「Creepy Nuts」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/23836

リリース情報
●発売日:8月26日(水)
ミニアルバム「かつて天才だった俺たちへ」   
★ライブDVD盤
価格:\3,600(税抜)
内容:CD + DVD
【CD】
「サントラ」、「オトナ」、「かつて天才だった俺たちへ」など全7曲収録
【DVD】
2019年12月 新木場スタジオコーストにて行われたライブ
「Creepy Nuts ワンマンツアー2019よふかしのうた」模様をダイジェスト収録(約70分)
★ラジオ盤
価格:\2,200(税抜)
内容: CDのみ
【CD】
「サントラ」、「オトナ」、全7曲 + トーク 
●発売日:2020年 8月26日
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 『THE LIVE 2020』 ~改編突破 行くぜ HIP HOPPER~
価格:¥5,400+税 
内容:DVDのみ2枚組  
   本編+ 密着ドキュメント
☆初回出荷分の特典としてカードスタイルMCバトル 新カード2種のうち1枚がランダム封入
配信情報
●配信日:2020年7月1日
アーティスト名:Creepy Nuts × 菅田将暉
タイトル:サントラ
作詞:R-指定 作曲/編曲:DJ松永
▷「サントラ」配信はこちら

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着