BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNT、
新曲「ユメミグサ」を一部聴ける
映画『青くて痛くて脆い』の
予告編動画が解禁

BLUE ENCOUNTの新曲「ユメミグサ」が起用されている、8月28日(金)に全国公開される住野よる原作の映画『青くて痛くて脆い』の予告編映像が公開された。

映画『青くて痛くて脆い』は作家、住野よるが2018年に発表した小説作品。今回、実写映画となり、次期NHKの“大河ドラマ”と“連続テレビ小説”の主演を務める、吉沢亮・杉咲花がW主演を務めることもあり、すでに話題沸騰中だ。デビュー作『君の膵臓をたべたい』が2015年に出版されるやいなや、累計200万部を突破し、一躍ベストセラー作家となった住野よるによる『青くて痛くて脆い』だが、この小説のテーマソングとしてブルエンの「もっと光を」が使用されていたことはファンの間では有名な話。今回の映画化にあたり、原作者・住野よるたっての希望で、映画でもブルエンが主題歌を担当する流れとなった。

予告編動画は一癖も二癖もあるキャストが魅せる“観たことない”表情が詰まった最新映像。吉沢は冒頭の和やかな笑顔から一変、憎しみ・怒り・軽蔑など様々な表情を見せ、復讐に身を投じダークサイトに染まっていく鬼気迫る演技は必見。さらに杉咲も「世界は変えられる」という活き活きとした姿から、最後には「気持ち悪い」と蔑む表情を見せ強烈な印象を残すなど、映画公開への期待が非常に高まる内容となっている。彼らによる主題歌「ユメミグサ」は青春の儚さや夢、後悔や葛藤、そして捨てられない希望など複雑な感情を美しく切ないメロディーと繊細な言葉で表現された楽曲が本作の世界観とマッチし、さらなる魅力を引き出している。まずはこの予告編動画をチェックして、映画の公開を待とう。

なお、彼らは7月10日(金)に初の自らが主宰する無観客ライブ『STAY HOPE』の生配信が決定している。こちらも併せてチェックしてほしい。

映画「青くて痛くて脆い」
予告編動画

『BLUE ENCOUNT「STAY HOPE」無観客LIVE生配信詳細』

配信日時:7月10日(金)20:00~
配信プラットフォーム:LINE LIVE

BLUE ENCOUNT

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着