Tsubasa Shimada
presents『Wet Crate』
- 第49回 Join The Future -

島田翼が長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

Join The Future (UK Bleep & Bass 1988-91) / Various Artists

こんにちは。島田翼です。

7月に入りましたね。暑い日が多いですがいかがお過ごしでしょうか。
僕は音楽を作ったり、ついつい食べ過ぎてはお腹を壊したり。
実は最近、念願だったものに一歩近づけた機会があって、今はいろんな準備をしています。新しいことがしたくてとてもワクワクです。

週末のダンスパーティーも恋しいです。DJもしたいしなによりみんなで遊びたいですね。なかなかレコード屋にも行けておりません。しかしさすがは21世紀です。ここ最近はDiscogs( https://www.discogs.com/ )という世界基準のレコードデータベースサイトを使って世界中のレコードを掘り漁っています。海外の個人セラーから中古レコードを買えたり、自分のコレクションをリスト化して相場の価値がわかったり、当然売ることもできるような素晴らしいサイトです。そこで僕は意味不明なレーベルや詳細不明なアーティストのレコードを見つけてはニヤニヤしている日々です。
最近は70’s、80’sのアジアン・ディスコにハマってしまいました。韓国の1979年のアルバムは2万円です。流石に買えません。

しかしDiscogsは便利すぎます。底なし沼です。今までは沼にハマるのが怖くて全部レコード屋に足を運ぶ「スポ根系ディガー」な島田ですが、世の中こんなタイミングだし、と軽い気持ちで一枚海外から買ってみた僕が悪かった。次々に良いレコードが見つかってしまうんですね。一生かけても掘り終えることのないレコードの底なし沼に全身が浸かり、次第に引きずり込まれているのです。

現場用としては、最近僕は90年代のUKのハウスミュージックが好きで、なかなか日本のレコード屋には出回らないような音源が多いのです。今回紹介したレコードは最近リリースされた再発コンピレーション盤です。UKブリープハウスはレア盤が多いので、こういう再発があるととてもありがたいです。一枚一枚Discogsでオリジナル盤集め始めたら一体いくらになるのやら…。考えたくもありません。

Tsubasa
Tsubasa Shimada プロフィール

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」