鈴木雅之、野宮真貴、横山剣

鈴木雅之、野宮真貴、横山剣

野宮真貴、
鈴木雅之、横山剣との
還暦スペシャルライブ振替公演が決定

野宮真貴が、3月12日(木)の誕生日当日に開催予定だった還暦ライブ『野宮真貴、還暦に歌う。~赤い口紅の女と黒いサングラスの男たち~』の振替公演を8月19日(水)、20日(木)にビルボードライブ東京にて行なうことを発表した。

同ライブは、コロナ禍の影響で延期を余儀なくされていた公演。気持ちを新たに彼女が敬愛し、数々の共演を果たしてきた鈴木雅之横山剣クレイジーケンバンド)という日本の音楽界を代表する男性ヴォーカリストのふたりをゲストに迎えて行なわれる。

鈴木雅之とは、野宮のソロアルバム『男と女〜野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。』(2016年リリース)で鈴木のヒットソング「渋谷で5時」をデュエットカバーして話題となった。以来、彼のアルバムで「ラブリー」(オリジナル:小沢健二)のカバーや「Sugar Pie Honey Bunch Marching Band」(作詞/作曲/プロデュース:小西康陽)のコーラスにも参加し、ライブ「Soul Power Summit」等で共演している。2020年にデビュー40周年を迎えた鈴木雅之は、年齢もデビューも野宮の2年先輩。人生の先輩として慕い、音楽や仕事のアドバイスを受けるなど親交が深い。

横山剣とは、2000年のピチカート・ファイヴ時代に「地球を七回半回れ」で初共演。野宮がソロになってからもm-floとのコラボレーションで話題となったヒット曲「Cosmic Night Run」や、ドラマ『続・最後から二番目の恋』劇中歌で小泉今日子と中井貴一が歌った「T字路」をクレイジーケンバンドによるセルフカバーでデュエット。野宮のソロアルバムでも「男と女」(作曲:フランシス・レイ/日本語詞:小西康陽)やスタンダードナンバー「おもて寒いよね」をデュエットしたり、それぞれのライブにゲスト出演したりするなど、20年来の付き合いがある。実はふたりは同じ歳で、今回は2020年7月6日に還暦を迎える横山剣と3月12日(木)に誕生日を迎えた野宮真貴との“ダブル還暦ライブ“が観られることとなる。

8月19日(水)に鈴木雅之、翌20日(木)は横山剣とのライブを行うが、野宮真貴は還暦の装いとして赤い口紅、そして赤いドレスで歌う予定。黒いサングラスをかけた2大男性ヴォーカリストとどんなパフォーマンスを繰り広げるか、選曲も含め共演が楽しみだ。

『野宮真貴、還暦に歌う。
~赤い口紅の女と黒いサングラスの
男たち~』

8月19日(水) 東京・ビルボードライブ東京
1stステージ 開場17:30 開演18:30/2ndステージ 開場20:30 開演21:30
Guest:鈴木雅之
8月20日(木) 東京・ビルボードライブ東京
1stステージ 開場17:30 開演18:30/2ndステージ 開場20:30 開演21:30
Guest:横山剣(クレイジーケンバンド)

■メンバー
野宮真貴(Vo)
山本真央樹(Dr)
石田純(Ba)
真藤敬利(Pf)
スパム春日井(Key)
Smooth Ace(Cho)

<チケット>
サービスエリア:¥8,500
カジュアルエリア:¥7,500(1ドリンク付き)
■発売日
Club BBL会員先行:7月9日(木)12:00正午
一般発売日:7月16日(木)12:00正午
■ご予約・お問い合せ
ビルボードライブ東京 03-3405-1133
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
Billboard Live Official Web:http://www.billboard-live.com/
鈴木雅之、野宮真貴、横山剣

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着