L→R アンズ卍100%、小谷茉美子、Koyoka、菊地桃子、メロネサリ

L→R アンズ卍100%、小谷茉美子、Koyoka、菊地桃子、メロネサリ

【8bitBRAIN インタビュー】
デビューシングルに懸けた想いが
各曲を通して伝わると思う

メジャー第一弾なのに
むちゃくちゃ攻めたシングルになった

そんな中、いよいよ1stシングル「Under the weather」がリリースされますが、“これから行くぞ!”感が漲ってますね。一般的なシングルの概念としてはバランスも考え、ミディアムやバラードも交えそうなものですが、激しい攻めの曲しか入っていなくて驚きました。

Koyoka
ですよね(笑)。私もメジャー第一弾なのにむちゃくちゃ攻めたシングルになったと感じています。とはいえ、バリエーションもあるし、メリハリもあるし、タイプも違うし、今ならではのメッセージも込められたかなと。とても私たちらしい一枚目になったと自負しています。
サリ
“するめ”みたいなシングルです。噛めば噛むほど味が出るっていう。聴けば聴くほどいろいろな仕掛けに気づいてもらえ、発見もあったりして、楽しんでいただけるんじゃないかと。5人それぞれの歌声の声質も違うので、その辺りも聴きどころですね。

丸性がありつつ各々の個性もしっかりと表れていますもんね。

アンズ
“これもこれもこれも私たちだから、全部しっかりと聴いて!”って曲ばかりです。内容もボリューミーだし、しかも攻めた激しめな曲ばかりなので、聴き終えたあとは、いい意味でむっちゃ疲れるかも(笑)。しかも、それがアルバムでなくシングルでですから。

全5曲ながら他アーティストのアルバム2枚分ぐらいの楽曲要素が凝縮収録されてる感がありますよ(笑)。

アンズ
どの曲も主張が強いですからね。“俺が一番だ!”と自己主張している曲ばかり。
菊地
まさに全編ハイライト!

お客さんも各曲で豹変していく展開についていくのも大変そうです。

菊地
ジェットコースターに乗っている気分でしょうね。“うわっ、次こうきたか!?”の連続で。
小谷
付け入る隙をまったく与えませんから。このデビューシングルに懸けた私たちの想いが各曲を通して伝わると思います。

中でも「Under the weather」と「KI-RI-SA-KI PRAYER」は、奇しくも今の状況が歌に反映されている感じがしました。特に「Under the weather」は結成当初から歌っている曲だと聞き、今の事態とのマッチ感に驚かされましたよ。

Koyoka
偶然なんですけど、今の情勢だからこそ響く歌になりましたよね。みなさんのザワザワした心に刺さり、響いてくれたら嬉しいです。
サリ
“この時期のデビューなんてかわいそう”というお言葉をいただいたりもしましたが、私たち的にはこのコロナ禍と被ったことで逆に頑張れるし、より意味のある歌になったと思っていて。この事態の中、デビューシングルとしてこれが出せてタイムリーだとポジティブにとらえています。
菊地
コロナ以前から“デビュー曲はこれまで欠かさず歌い続けてきて、私たちの代名詞でもある「Under the weather」で!”と決まってましたからね。逆に時代が私たちに乗ってきた(笑)。もうこうなったら攻めていくしかない!
小谷
ずっと歌ってきてはいましたが、この5人になって改めて作品にしてみて、感情がより出た印象があります。メンバー各々、聴く人に刺さる独自の歌声を持っているので、メリハリやコントラストも含め、しっかりと出せたなって。5人の個性が表れた作品になりました。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着